FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

保護入院時の検査報告を振り返って
こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

今日、市立病院に電話して、胃カメラをキャンセルしました。
精神科の主治医の先生からの意見も含めて、
緊急性がなければ、待ってもらった方が本人のストレス軽減になる、
とお願いしたところ、内科の先生も了解してくださいました。

家での様子としては、めまいはおさまってきましたが、微熱が続き、
時々脈が130以上に跳ね上がり、なかなか食欲が出ません。
それでも、おかゆを「美味しい」と、少しずつ食べられるようにはなってきました。

昨日は、椅子に座って、鉛筆でイラストを描き足すこともできました。
2018年8月26日落書き IMG_2013
こうやって、絵を描ける、ということは、とても大きな安心材料です。
4年前の保護入院の際は、絵が描けなくなった時期がありました。
その時の検査結果報告書を探し出して、
今の状況に参考になることはないかなと見直してみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「まとめ」(一部)
全体的な能力は平均水準を下回ります。
勉強内容だけでなく、対人コミュニケーションにおいて、
同年齢集団では周囲の人とペースが合わないことが多いと考えられます。

本人の中での能力のバラツキが認められます。
そのため周囲の人からは「これが出来るならこれもできるだろう」と、
能力以上の期待をされたり、
本人の個性を理解してもらいにくかったりするかもしれません。
また本人自身、頭では状況を理解していても行動に移せなかったり、
思っていることを上手く表現できなかったりして、
不全感を抱くことがあるかもしれません。

「今後に向けて」(一部)
些細な刺激にも影響されて不安になりやすいところがあります。
本人に関わる人は「大丈夫だよ」とどっしりとした態度で接するとよいでしょう。
繰り返し確認があっても、同じ態度で応じます。
可能であれば、いつになったら(どうなったら)安心かの見通しを具体的に伝えるとよいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の体の不調に対して、安心させていくのはなかなか難しい作業です。
とりあえず、胃カメラが怖い、という気持ちに対しては対応できましたが、
「わたし、どうしちゃったんやろう」という気持ちについては、
めまいの原因が分かったものの、続く微熱がまだ未解決のままです。
不調の原因が分かって、うまく対処できますように。
(自律神経系の問題なら、9月の精神科受診の際に相談できそう、と期待しているのですが・・・)

気が滅入っている時に、心に沁みる音楽が流れてきました。
Just the two of us
ロマンチックなラブソングですが、なんだか癒されました。


気持ちを落ち着けて、検査までのあと2日を無事に過ごして、病院に行ってきます。
今日は久しぶりに、駆け足でブログを巡って、
そこでも、写真や音楽や文章に癒されました。
「げんきになりたいよ」というナカリと一緒に、引き続きお祈りします。
変化の報告が出来なくて、ご心配おかけしたままで、すみません。
ナカリの不安に寄り添いながら私自身も不安を消せないので、
コメントするまでの元気がまだ戻りませんが、
伺って、助けられたので、少しだけ更新させていただきました。

皆さんもご無事でありますように。
今日もありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image




思い出 | 19:48:36 | トラックバック(0) | コメント(12)