FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

車いす体験で、涙ぐんでしまったナカリ
こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

備忘録のような先の記事も、丁寧に読んでいただいて感謝でした。
今日は朝から診察券を入れて、ゆっくりゆっくり準備して、
車いすを借りて、近所の内科までナカリ本人が行くことが出来ました。
内科でも再度心電図をとっていただき、
お腹の調子も見てもらって、お腹用の薬をいただきました。
念のために一度甲状腺の血液検査もしてみましょう、となり、
大丈夫大丈夫と声をかけてもらって安心度アップ・・・だったのですが、
往復の車いす体験が、ナカリにとってはかなりビックリ体験だったようです。

私は車いすには慣れていて、そんな怖い思いをさせたつもりはなかったのですが、
建物の中でしか車いすに乗ったことがなかったナカリにとって、
外の道を、車とすれ違ったり自転車に追い抜かれたりしながら移動するのは
たとえ短時間でも、相当ドキドキだったようです。

押している私も、道の小さな傾斜や曲がり角に、少し難儀したのは確かです。

帰宅してから、涙目のナカリ。
「車いす、思ってたのと違ってた。こわかった」
そう、ほんと、自分自身で体験するのって、とても大事よね・・・
ナカリには車いすのお友達も何人かいるので、
その子たちとの距離が、今日また少し縮まったかもしれないね。
車いすさん、ありがとう(貸してくださった内科の看護師さんにもありがとう)
車いす IMG_2005

当たり前のように日々自分の体が動いていることを、
決して当たり前じゃなくて有難いことだと実感できて、
車いすを利用する人の気持ちを考えることが出来たナカリの涙に、
お母さんは心がジーンと痛くなったよ。


今日の感動をもう一つ。
明日帰る予定の息子が、私と二人だけの夕食のために
(ナカリは、おかゆとゼリー。夫は平日は留守です)
「暮らしの手帳」に載っていた料理を覚えていて買い物して作ってくれました。

暮らしの手帳サラダ IMG_2007
食べかけの写真でごめんなさい(汗)
美味しくて食べてしまってから、あ、写真、となりました。
上が、アボガドとシソとシラスの白和え。味付けは塩と醤油とごま油を少し。
下が、オレンジときゅうりのサラダ。味付けはお酢とオリーブオイルと香草(ディル)。

しみじみと嬉しくて美味しくて、味わって食べました。

生きてると、いろんな体験をするね。
ドキドキしてこわくなったり、不安になったり、嬉しくなったり・・・
「なおる?げんきになる?」と先のことを心配してしまうナカリと、
一日一日の回復を願いながら、感謝を忘れずにいようと思いました。

ありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



子どもの日常 | 22:10:39 | トラックバック(0) | コメント(14)