FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

親の家を片付けながら昔を振り返り、これからを考える
こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

お盆の送り火も終わりましたね。
今朝はずいぶん過ごしやすくて驚きました。
この後まだ残暑は続くようですが、季節は確実に進んでいるなと実感しています。
「秋」は待ち遠しいですが、今年ももう残り3分の1かと思うと落ち着かない気持ちもあり・・・
とにかくまずはやっぱり、一日一日、と、心がけるようにします。


ひとりでの1泊帰省から戻ると、
ナカリが引き続き奥歯の不調を訴えていて、
慌てて電話で飛び込み予約を取りました。
「急にドキドキしてきた」と、頻脈発作もちらほら起こっていて、
なかなか、元気回復!には至らないのが一番の気がかりです。
なんとか心身ともに落ち着きますように。


さて
今回の帰省中、叔父とあれこれ思い出話をして、
ひとりになってから、場所限定で片づけをしました。
切手やコインが収納された引き出し、と、
雛人形が入っていた押し入れの中。

押し入れからは新たに未開封の段ボール箱をいくつか見つけ、
父や母が遺していた手紙のあれこれ(主に下書き)も見つけ、
ちょっとだけ字を読んでは手が止まり、
無人になってから1年半ほどの実家の片付けも、まだまだ・・・と、
焦る気持ちとゆっくり行こうという気持ちが交錯する時間になりました。

そこで思い出した本。
「親の家を片づけながら」リディア・フレム著ヴィレッジブックス
うちのどこかにあるはず、と探してみたけれど見つけられず、ネットから画像をお借りしました。
親の家を片づけながら 419302836
両親とも健在のうちに読んだ本ですが、
その後、文庫にもなって、広く読まれているようです。

「父なきあと、ひとり暮らしをしていた母が逝った。
ひとり娘の私に残されたのは、両親の思い出に満ちた
この一軒の家だ」


この設定が、実際に私自身の体験として現実のものになるとは、
最初に本を手に取って読んだ時には、思ってもいなかったので、
今更ながら不思議な気持ちになります。

片付けの途中で見つけ出した多くのモノについて、
尋ねてみたい両親はもう居ない、という、なんだか宙ぶらりんな感情を、
独りで処理するには重たくて、もう一度この本を読んでみたくなっています。


この本について取り上げたブログのうちのひとつ。

翡翠輝子の招福日記 2015年5月3日

このブログが書かれた5月の連休中に、
父が緊急手術で小腸全摘出となり、
母と叔父と私の3人でドクターから説明を受けて、覚悟を固めたのでした。
ブログを書きながらも、しばしタイムスリップ・・・

ひとりで親の死を受け止める、
という経験は、私一人のものなんかではなく、
世界中に分かち合える人がいるんだなあ。


雛人形収納の隙間詰めに使われていた昔の広告チラシ。
しわを伸ばして雑紙のゴミとして仕分けしていたら、
「内職募集」の文字に、思わず写真を撮ってしまいました。
刺繍の内職チラシ IMG_1995
手刺繍!が内職の時代だったんだ。

母が通っていた教会の週報を入れた箱。
これも、つぶして雑紙のゴミに仕分ける前に、母の文字を写真に撮りました。
週報入れ IMG_1997

使用済み切手を、濡らしてはがして乾かして、
金額ごとに紙袋にしまってあったのにも驚き。
10円や7円や5円切手。
ご丁寧に、年賀状の印刷切手部分もハサミで切ってとってありました。
これ・・・どうするつもりだったの?お母さん。
そして、
1円玉や10円玉も、発行年ごとに仕分けして袋に入れてありました。
(これは、昔、発行数が少ない年の硬貨に額面以上の値がついたようなので)

あと、旅行先のパンフレットや券の類。
驚いたのは出雲大社周辺の一畑電気鉄道開通65周年記念乗車券。
出雲切符 IMG_1993
3枚で1000円。
昭和55年に開通65周年・・・大正3年に開通時のドイツ製機関車の写真も載っていました。
私が地元を離れて一人暮らしをはじめた頃の切符です。
夫婦で旅行に行ったの?それとも切符だけ買ったの?
出雲に行った話なんて聞いた記憶がないよ?
学生時代、就職してから子どもが生まれて両親に育児のヘルプを頼むまで、
私の記憶の中では、「実家」は遠い存在だったから、
その当時の話を聞きたいと思っても、今さら無理な話だし、
思い出を手放す必要も感じながら、やっぱり写真を撮ってしまいました。

この世とさよならする時に、持って行けるモノは何一つないのだから、
モノとの別れ方、遺し方、はしっかり考えておかないと。

帰省の度に、いろいろ課題も突き付けられるなあ。

では、ナカリの歯医者さんに行ってきます。
ちょっと中途半端な記事になってすみません。
今日もありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


続きを読む >>
思い出 | 14:54:14 | トラックバック(0) | コメント(14)