FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

再びの「親知らず」問題
こんにちは。
今日も来てくださってありがとうございます。

今朝、ナカリを歯の定期検診に連れて行きました。
少し前に「痛み」が出た際、親知らずを抜いたほうが良いという話になって、
歯医者さんから、精神科の主治医に確認しておいてくださいと言われ、
主治医からは
「本人が怖がらないようにちゃんと説明しておけば地域の歯科で抜いてもらってOK」
とのお返事だったと、歯医者さんにはお伝え済みでした。
レントゲンを見ると、下の親知らずはどちらもほぼ真横に埋まっている状態で、
今日の検診でも、
奥歯と親知らずの接触面がポケットのようになって、
そこから虫歯になる可能性があるので、
やはり早めに抜いたほうが良いですねー、
というお話に。
問題はそのあとです。

私は、てっきり今の歯医者さんが抜いてくれると思っていたのですが、
(息子もそこで続けて2本抜いてもらっているし、
ナカリも何年も通って馴染んできた歯医者さんだったので)

・・・すみません、うちでは抜くだけならできますが、
神経に関わってくる部分なので、神経の処置になるとうちでは対応できないので
口腔外科で抜いてもらった方がいいです
それも、2本いっぺんには無理だから、余裕がある時、
出来ればトラブルが起こってくる前に
「今年のうちには抜こうか」「来年中には抜こうか」など
心の準備をしてから抜歯に臨めたらいいですね、
市立病院の口腔外科に紹介状を書きますよ、
決心が固まったら電話してください

と、お話が続いて、思いがけない展開に。

くそ~~、親知らずめ!
どうしてまっすぐ生えてきてくれなかったのよ~~

心臓病のお友達が
大学病院の口腔外科で親知らずを抜いてもらったと聞いていたので、
うちも口腔外科?と、聞いて一瞬ビビってしまいました。

帰り道、ナカリを不安がらせないように気をつけながら、
先ほどの歯医者さんの説明をかみくだいて伝え直し、
今すぐじゃないけど、調子がいい頃(秋ごろ?)
抜きにいこうか?と、
軽く心の準備話を始めました。

まずは、私が不安にならないこと、ですね。
「初めての病院」に行くというハードルの高さも考えて、
事前の準備を周到にしておく必要がありそうです。
情報を集めながら、様子を見て小出しに説明していこう。


ついでにいうと、
今日は私の歯の噛み合わせも一緒に診てもらいました。
相変わらず食いしばりがキツクて、マウスピースを作り直したのですが、
2個目もまた穴が開いてしまって、今は3個目を作成中・・・。
で、今日完成品を合わせてみたのですが、
なんと今回のは歯に合っていない!と判明し、作り直しになりました
月末に再度予約を取り直して、今日は私の費用ゼロのまま帰宅の途に。
ナカリに「リラックス、リラックス」と声をかけているのと同じで、
自分自身にも力を抜くように言い聞かせています。

「歯は健康のバロメーター」
と言われるくらいなので、元気でいるためにはメンテナンスが不可欠ですね。



自宅に帰り着いたら、長崎平和祈念式典中継の時間帯だったので、
ナカリと一緒に見ました。
ちょうど、沖縄県翁長知事の訃報も耳にしたばかりで、
今年の沖縄慰霊の日は、大阪北部地震のすぐ後でバタバタしてゆっくりニュースを聞けなかった・・・
と思ってネット検索し、
中学生の朗読場面が話題になっていたことを初めて知りました。
戦没者追悼式の様子が何本も映像で上がっていたので、
実際の朗読の様子も見ることが出来ました。
7分以上、顔を上げたままスピーチしきった14歳の女の子の姿に、
心動かされたので、記事(映像もあります)を貼っておきます。

<平和の詩全文>生きる 琉球新報

詩の中から一部抜粋します。

(前略)

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

(中略)

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

(後略)


・・・そうだなあ。
今を大事に生きることが、未来を創っていくことなんだ。
前の記事にコメントをいただけて、がんばって前向きにいかなくちゃ、
という気持ちになれたタイミングで、この詩を読めてよかったです。

一緒に見てくださってありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image




子どもの日常 | 14:46:38 | トラックバック(0) | コメント(14)