FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「この先、ず~っと、いっしょかな・・・。やっぱり自分、好きになれないよ」
ご訪問ありがとうございます。

永遠の子ども・・・ということについて、親が心配するだけじゃなくて、
本人自身も気にしている、と分かりました。

今、落ち着いている、という安心感が、
一方で、
この先もずっと今のまま変わらない生活が続くんだろうか
という、「先取り不安」にもつながるみたい、だと。

昨夜ナカリが、ふと、つぶやいた一言で、ハッとさせられた私です。

自分自身でも、「変化(生活の広がり)」を求める気持ちはあるんだ・・・
不安と闘いながら、変わりたい自分、でも変わるのが怖い自分、
そんな自分を自分自身好きになれない、という葛藤
・・・
ツライよね。

今のままでいいんだけど、今のままだと不安、という気持ちもあるんだね。
複雑だなあ。

「障がいがある、って、恥ずかしい?不便?かわいそう?」
畳みかけるように質問してくるナカリです。
一つひとつ否定しながら、
自分を好きになろうよー、と、
抱きしめながら「大好きよ~~」を繰り返しています。

絵を描いていると気がまぎれて、いつの間にか楽しくなってくる。
そういう体験を、とにかく、一日一日積み重ねて、今を楽しく。


ちょうど、いろんなモノの断捨離をしていたら、
1980年に私が描いた落書きが出てきました。
そのうちの1枚。
1980年 らくがき

まだハタチに届かない年頃の自分が描いた落書き・・・
私も、マンガを描くのが大好きだったんです。
描いていたら時間を忘れて、空想の世界を漂っていたなあ。
ナカリにも何枚か見せて、
絵を描いてる時っていろんな想像ができて楽しいよねー、
と話したら、共感してくれました。
当時の自分に、大人になってからの人生なんて、全然見えてなかったんだから。
ナカリも、まだまだ、これからだよ!

それが刺激になったのか?
今日は、留守番の間に、何枚もマンガを描いていました!
ストーリー性があって、見ていて楽しい絵ばかり。
2017・10・20イラスト

2017・10・20マンガ


ナカリのオリジナリティあふれるキャラクターたちに、
私も笑顔になれました。

自分を好きになろうよ!ナカリには笑顔が似合うよ(^-^)
この数日、モヤモヤとまとまらなかった気持ちが、
「リボンになったジェームス(王子)を見て、いや~~っ!と叫ぶリボン」
を見て、スカッとしました(笑)

まだ「この先も、今のままかなあ~」と言っているナカリだけど、
とりあえず笑顔は戻っています。スマイルスマイル!


今日も猫バンバン貼っておきます(=^・^=)
猫バンバン
よろしくお願いします。











子どもの日常 | 22:17:41 | トラックバック(0) | コメント(12)
ARKカレンダーのねこ
なかなか更新できなくてすみません。
コメントをいただいて、お返事できるのが嬉しいのですが、
記事を書こうとして、いろいろ思い悩んでしまい、書いては消し・・・の数日です。


ナカリが描いたネコさんの絵をほめてもらったあとで、
ふと、うちの壁にかけてあるカレンダーの猫の写真を見たら、
親子でもないだろうけれど、ネコ同士かばい合っているような感じで、
見慣れた写真のはずなのに、キュンとしたので、アップしてみます。

ARK カレンダー

ARK(アニマルレフュージ関西)という動物愛護団体のカレンダーです。
会員の方が毎年郵送でプレゼントしてくださるので、使わせてもらっていたのですが、
改めてじっくり眺めてみると、
どの写真の動物も、何か言いたげな表情でこちらを見ていて、
ひととして、ほかの生き物ときちんと共生できるような世の中にしないと・・・
と、しみじみしてしまいました。
ちょうど、リンク先のponchさんが紹介しておられる
「のるまえに#猫バンバン」プロジェクトに共感したので、
私もロゴを貼ってみます。
猫バンバン

我が家に車はありませんが、散歩で猫に出会えると嬉しいので、
実際に、この取り組みのおかげでネコが命拾いしたというニュースを読んで、
ホッとしています。
ponchさん、教えてくださってありがとうございました。







未分類 | 00:51:58 | トラックバック(0) | コメント(12)