FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ヒマでいるのは悪いことじゃないけれど・・・
ご訪問ありがとうございます。
少し、間が空いてしまいました。


昨日、雨のため親子3人で部屋に閉じこもっている間、
ナカリは手持無沙汰な様子で、ウロウロと歩き回り、
あんまり、ヒマそうにしているので、
思わず夫に
「(ナカリは)ひとりで楽しむ術がないのかなぁ」と話しかけてしまった私です。

それを聞きつけたナカリが
「お母さん何でそんなこと言うの?」
「私の悪口言った?」と、詰め寄ってきました。
慌てて
「お母さんが悪口言うわけないじゃん!」
と、少し心が痛みながらもキッパリ否定。

でも、ナカリの過敏な反応に、私の方も一言いいたくなって
「することないの? 何か、したいことないの?」
と、返してしまった・・・ら、
「ヒマって良くないことなの? 私がいけないの?」

ちょっと空気がピリピリ!

いやいや、良い悪いじゃなくてね・・・。
なんでヒマなのかなー、って思ってね、つい、・・・う~ん。

不安そうに、不満そうに、こちらを見つめるナカリ。
やっぱり、相手をしてほしいんだ、遊んでほしいんだ。
で、
ぬいぐるみを手にもって、ごっこ遊びをすると、笑顔が戻り、
写真をコラボして作った作品を見ながら、
私がぬいぐるみになり切って、いろいろコメントしたら、
「お母さんと遊ぶの面白かった」と、素直に喜んでくれました。

まだまだ、親と遊びたいんだなあ。
ありがたいことなんだけど。

一緒に散歩出来る楽しみも幸せも感じるんだけど。
留守番だってちゃんとできるんだから、これ以上望むことなんてないはずなんだけど。
こちらは遊んでばかりもいられない、家事や片付けにはキリがない、
・・・でもそれも声をかけたら、一緒にしてくれるんだけど。


なんだろうか。
昨日今日の空模様のように、何となくすっきりしない、

子どもから手が離れるときが、ずっと訪れることがない、という予感を、
どこかで悲しんでいる自分に気づいて、落ち込んでいる。

いつまでもいつまでも親子の遊びが続くことを、幸せと思う反面、タメ息が出そうになってしまう。
以前記事にしたパール・バックの、決して成長しない子ども(=永遠の子ども)、を思い出して苦しくなる。


とくに、やりたいことや、やらないといけないことがあるわけでなく、
なんにもなく、ほわんとして、空想の世界にただよいながら一日を過ごすの、って、
別に、いいんだけど。
やりたいことや、やらないといけないことに追っかけられながら忙しくしていることが
良いわけではないんだけど。


だけどだけど、で、ぐるぐるまわり。


あんなに、優しい気持ちになれたのが、夢のよう。

・・・まあ、時にはこういう気分になることもあるかな。
わざわざ記事にしてアップするには躊躇される内容で、申し訳ないです。
明日は、アートの先生のアトリエに行くので、
一緒に外出したら、気分も持ち上がるんじゃないかな、と期待しながら、
とりあえずの更新となり、すみません。


申し訳ないので、1曲・・・クリスタルケイさんの「エターナルメモリーズ」
朝焼けの映像とともに


>きっと 誰でも こころのどこか
 過ごしたすべて 憶えてる

>思い出すは ママとちいさなケンカした
 顔も見たくなくて 抱きしめてほしくて

>生きてく哀しみは 優しさを奪って
 言葉さえ とがって ほんと言えなくて





子どもの日常 | 10:56:08 | トラックバック(0) | コメント(8)