FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

外国語としての日本語学習 とくに助詞!
ご訪問ありがとうございます。

過去の書類の片づけをしていたら、
小中学校時代のナカリの文章がいろいろ出てきました。
やっぱり、かなり、幼い文章です。
今でも、時々、あれ?というような言い間違いがあるナカリですが、
昔と比べると、ほんとに上手に表現できるようになったなあ、と感心しきり。
数学分野(数の操作、認識)は今も一番苦手な一方、
国語は好き、と言えるのも、
気持ちを上手く伝える力を身につけたおかげと言えます。
これって、自動的にそうなったわけじゃないんだよなあぁ・・・


言語聴覚士の先生の所へは、保育所時代から小学校高学年まで通いました。
その間、ほんとによく見てもらった、本人も頑張った、と、なつかしく思い出し、
改めて感謝の気持ちが湧いたので、記事にしてみます。

あしかけ10年くらい、同じ先生に見ていただきましたが、
その間一度も声や態度を荒げることのなかった優しい先生でした。
(小さい頃はとにかく集中できなくて、
離席はもちろん、窓に張り付いて外を眺めたり、床に寝転んだり、
机の下にもぐって別の遊びに興じたり、突然話を変えたり…
横で見ている私がイライラして思わず注意しようとしたら、
それを止めてでも、本人につきあってくださいました。
こんな風に書くと、
窓際のトットちゃん、の、トモエ学園の園長先生みたいですね。)

思い出すのは、
先生と一緒に、絵カードで助詞の使い方の練習をしているのを見て、
家でも同じようなカードを作り、
○○が××を追いかける、○○が××に追いかけられる、
などの文章を、繰り返し練習したことです。
多分、当時の私は、必死の雰囲気まるだしで迫ってただろうな、と思います。

「LD児サポートプログラム」という本のコピーも出てきました。

>助詞は人や物事との関係を表すことばです。
 この”関係”がしっかり分からないと助詞を正しく使うことができません。
 また、Aという状況を表すときにはBという助詞を使う、
 Bという助詞を使っているときにはAという意味だ、
 という約束も覚えていかなくてはなりません。
 しかも助詞の多くは音としては短く、
 文中にあって聞き落としやすい部分でもあります。

>他の子どもと同じように、先生の説明を聞いただけでは理解しにくい子どもたちには、
 家庭でも学校でもていねいに、意識的にかかわっていく必要があります。
 こんなことまで教えないといけないの?と思うことも、
 一つひとつ、理解しているかどうか確かめていくことが大切です。
 助詞を間違える子どもには、
 説明自体にも気配りが必要で、
 具体的に、実際の動作を見せてさせる等、
 見て、使って分かるような工夫をしながら教えなければ伝わりません。

>私たち大人が日常的に、無意識に使っていることばを思い出してみましょう。
 「おしょうゆ取って」「お弁当忘れないで」など、
 意外と助詞を抜かしてい言ってしまうことが多くありませんか?
 私たちは必ずしもいつも正確に助詞を使っているわけではありません。
 日常の話しことばには、誤りや省略がたくさん含まれています。
 それでも無意識のうちに、また、先生の話されるフォーマルなことばを聞きながら、
 子どもたちは日本語の正しい使い方を自然と学んでいきます。
 LD児の中には、話しことばを聞き取って学ぶことが上手にできないために、
 自然に学ぶことが困難な子どもがいます。
 ことばを聞き取る力が弱いので、
 母国語を自動的にパターンとして覚えるところにたどりつけないのです。
 

この認識のもとに、
ゆっくり、穏やかに、はっきり、ひとつづつ、根気よく、具体的に、繰り返して、
「外国語学習のように日本語を学習する機会を持ち続けることができた」ことによって、
ナカリの国語力は大きく伸びた、と実感します。
(言語の先生との療育+公文式の教材&指導、も貢献してくれました)


<助詞教材の例>

 犬( )遊ぶ
 犬( )ほえる
 犬( )かまれた
 犬( )散歩につれていく

 鉛筆( )折れた
 鉛筆( )書く
 鉛筆( )買う
 それはぼく( )鉛筆だ

 雨がふった(  )、遠足は中止になった。
 雨がふった(  )、遠足に行った。



こういう内容は、
「早期教育」の教材にもあったし、
外国人向けの日本語教材にもあったので、
いろいろさがしながら、年齢に合わせて取り入れてみました。
でも、
教材の中身だけではだめで、学ぶ場の雰囲気が重要…。
言語の先生のように、辛抱強く、笑顔を維持して、子どもペースを大事に…、
というと、家庭での学習には限界があります(^-^;)
なので、「定期的な療育」が本当に大事でした。

とくに意識しなくても家庭や学校で、最低限の母国語を自然と身につける、
ということができず、
外国語学習のように、系統だてて文法を学び、使う練習をすることが必要な子どもたちがいる、
ということを、「ちょっと」書いておきたくなって、
結局、長々書いてしまいました。
とにかく、
後輩たち(家族)にエールを送りたい気持ちでいっぱいです。
「日本語学習」がんばって!!



読んでくださってありがとうございました。



思い出 | 23:20:22 | トラックバック(0) | コメント(6)