FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

カレンダー「やさしいちきゅうものがたり」
ご訪問ありがとうございます。

今年も、松井しのぶさんのカレンダーが届きました。
「やさしいちきゅうものがたり」

労働センターの職員さん手書きのメモが入っています。
サイン入りです(^-^)

カレンダー

犬の形に切り取られたメモは、鼻のところがボタンになっていて、可愛い!
猫のメモは開くとポップアップになっていて、「ゆっくりとね」のことばにホッコリ。

全国の作業所が力を合わせて販売しているカレンダー。
昔は、吉田たろうさんの「季節のモムたち」でした。
吉田さんが亡くなられた後を引き継がれたのが、松井さんです。

長い歴史のあるカレンダーなので、
もしかしたら、
どこかで見かけられたことがあるかもしれません。

来年のカレンダーの表紙の文章は、
「ほんとうに携帯が必要だったのは、目と口に障害ある仲間たちです」(牧口いちじさん)

その中に、「手話言語条例」が市町村単位で広がっている、旨のお知らせがありました。
全然知りませんでした。
ナカリと一緒に、一時期、手話も勉強してみましたが、
途中挫折して、そのままです:(´◦ω◦`):

全日本ろうあ同盟 手話言語条例マップ

少し検索してみると、
「手話を一つの言語として認め、尊重する」
ということが、手話の歴史を踏まえると、とても大きなことなんだ、と分かりました。

ずっと昔に、山本おさむさんの「どんぐりの家」を読んで、少しかじった程度ですが、
聾学校で手話が禁止され、口話が強制されたことがあるのは知っていました。
でも、日本手話、と、日本対応手話、が違っていて、論争があるとかは、知りませんでした。

話題になった少年マンガ「聲の形」も、1巻だけ電子版を無料で読みましたが、
中学校時代、ナカリの友達にも難聴の女の子がいたので、いじめのシーンが苦しくて、
続きが読めていません。

世の中で、知らないことって、まだまだいっぱい・・・と、しみじみしながら、
もう、カレンダーの季節かあ・・・と、その意味でも胸いっぱいになってしまいました。


これから、年末に向けて、一日一日、大事に過ごしていこう。

明日は雨模様で、寒くなるみたいです。
みなさん、ご無事にお過ごしくださいね。



未分類 | 19:34:00 | トラックバック(0) | コメント(16)