■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

学生さんの感想 つづき
ご訪問ありがとうございます。

昨夜、長くなったのでいったん終了した感想文の続きです。

・ 私の友達に障害のある子がいます。
  高校で離れてしまったので家は近いのですが、連絡がそれっきりになってしまっています。
  (中略)親は自分が亡くなった後、子どもはどうなるのか、ということが心配で、
  私の友人の母親も同じだと思います。だから、同じ地域に住んでいるのだから、
  何か私がその子の力になって、少しでもお母さんの心配を取り除けたら、と、今日の話で、より思いました。

・ 僕には障がいのあるいとこがいます。その母親を見ると、いつも大変そうで(中略) 
  普通の親より大変なんだと思っていました。
  でも、今日の話をきいて、それは違うんだ、
  確かに大変かもしれないけど、自分が思っているような大変さとは違う、
  一人の親として、子育てが大変であるような大変さ、ということが分かりました。
  いとこの両親と、そのような話をしたことはありませんが、これを機に色々聞いてみたいと思います。

・ 「おもしろい子だと思って関わりをもってくれるとうれしい」という言葉がとても印象に残っています。
  僕が小学校の頃、同級生に知的障害者がいて、
  その人がなぜ急に叫んだり暴れたりするのかが、よくわかっていませんでした。
  でも、何だかほっておけなくて関わっていたことを覚えています。(中略)
  障害者に対して自然に接すること、もしかしたらそれは、
  この小学校の時の経験によるものかもしれない、と思ったりしました。

・ 中でも印象的だったのは
  「お母さんに私の気持ちなんか分からない」と泣きながらぶつかる、という話です。
  私にも少し精神障がいをもった弟がいて、よく同じようなことを母や私に言います。
  だからこの話が身近に感じ、「一度、その子の”わからない”という視点まで降りていき
  一緒に上がっていく」という言葉が心に響きました。

・ 「人生は運と縁」という言葉が一番印象に残りました。
  僕も「なんでこの家に生まれたんやろ」と言ってしまったことがあります。
  その時に母が「子どもはその子を育てることのできる親のところでしか生まれない」
  と言われたことがあります。その時ハッとしたの覚えています。

・ 「私なんか生まれなかったらいいのに」と思うこともあります。
  実は私の母も障害者です。小脳の萎縮です。(中略)
  非常に悲しいこと、何でこんなことはうちだけなのと思いました。
  しかし、話を聞いて、全世界で障害者は15%あり、身近で障害者がいるというのは6割もあります。
  「うちだけじゃないなぁ」と分かりました。すごく元気を出しました。

・ 私は中学2年の時に少しグレてしまいました。
  両親の不仲や、父親への怒りをどこにぶつけていいか分からなかった結果です。
  母と口論になった末に「じゃあ何でうちのこと生んでん!?いらんやろ こんな娘!」と言うと、
  母親は私を殴り「二度とそんなこと言うな!」と言われました。(中略)
  話を聞いて、あの言葉には母の愛情が詰まっていたんだなあと少し涙が出ました。

・ 自分自身は障がいがあるわけでもないのに、
  恥ずかしいことながら大学に入ってから人間関係や将来のことで悩み、
  学校になかなか行けず、今年の夏には家から外へ出れなくなってしまっていました。
  そうなってしまった自分にもショックで、どうすればいいか分かりませんでした。(中略)
  僕は周囲の友人の助けやカウンセラーの先生の助けもあって、大学に再び通えるようになったので、
  周りの人の大切さや、自分のことを考えてくれる人のありがたさを身にしみて感じました。(中略)
  話を聞いて、今後の勇気をいただきました。

・ 私も、母親と同じようなケンカというか言い合いを何回もしたことがあるので、
  自分の伝えたいことがなかなか伝わらない悔しさ、悲しさがとても共感できました。
  ものすごく親のことが嫌いになる時があります。
  でも「生まれてこなければよかった」というのは言わないようにしようと思っています。
  話を聞いて、そのことを言うと親は本当に悲しんでしまうと知って、言わないでよかったと心から思いました。

・ 想像するだけで私も何だか哀しくなって、初めて障がいをもつ親の辛さが少しわかったというか、
  親身になって感じることができた気がしました。
  一方で、 「めんどくさい」「しんどい」など言葉のあやから言い合いになるのは、
  私と私の親の間でもよく起きるので、
  案外思っていた以上に、私たちとそんなに変わらないのだなあと思いました。

・ 誰かのちょっとした視線が気になったり、話し声が全部悪口に聞こえたり、といったことは私にもありました。
  (中略)中学に入ってすぐは、ずっと周りの話し声や視線が気になって、急に泣きたくなったり、
  毎日のようにほとんど全員から「死ね」とコールされたことと、
  それを見ても形だけの対応で何も助けてくれなかった教師の顔が浮かんで
  人が怖くなったりすることがありました。
  でも家族が自分の存在を認めてくれ、この世に必要としてくれていたから
  クラスの誰に存在を否定されても、私は私を否定しませんでした。
  不安をいつも抱えていることがどんなに辛いことか、私は人よりは分かるつもりです。

・ 障がいに関係なく誰にだって出来ないことの一つや二つはあると思います。
  世間は「やればできる!」「がんばれ!」という言葉であふれかえっています。
  でも「できなくてもいいんだよ」その言葉一つでこんなにも心が楽になることはないと思いました。
  自分は一生懸命なのに、なんで?なんでできないの?そう思っている人に
  「がんばればできるよ」と言葉で励ますのは間違いだと気づきました。
  気持ちを楽にしてあげるということを忘れてはいけないと思います。

・ 高校に入ったあたりから数学が本当にできなくなって、
  進学校であったため、周りと比べてのコンプレックスで落ち込んだところに
  親から「どうしてできないの!」と言われたりして、思わずカッとなって
  「やってもやってもわからないんだ!」と口論になったことが何回もありました。
  そのことと同じ、とは言えませんし、気持ちが完全に理解できるとは思えませんが、
  「できない」ということや「しんどい」という気持ちの存在を認めてもらえるだけで
  楽になるんじゃないか、と思います。(中略)
  誰かが自分の気持ちのほんの一部でも認めて受け入れてくれれば、
  みんなが生きやすい世の中になるんじゃないかな、と思いました。
 
・ まず自分自身が幸せでないといけないよ、という話は一番心に留まりました。
  確かに、誰かに寄りそうためには、
  一緒に引きずられていてはもっとつらくさせてしまうだけだなと思いました。
  私の母は支援する立場なので、
  逆に私が母を幸せだ、と思えるような生活を送ってもらえるようにしたいな、と思います。
  
・ 障害の線引きがとても難しいというのはとても分かります。
  私の祖父も腰が悪くて歩けないので障害者手帳をもらう時に何級とか決められました。
  悪用されないためにはある程度線引きするのは仕方のないことかなと思いました。

・ 私は今、児童デイでアルバイトをしていますが、何が出来ているのか、
  私は何のために児童デイでアルバイトをしているのか悩むことがあります。
  「この子おもしろいな」「ここがいい所だな」と思っても、今していることがどう役立っているか、
  怒った方がいいのか、安心させる方がいいのか、よく分かっていません。
  しかし、話を聞いて「いつか役に立ったと思えればいい」と思えました。
  また、今からある不安というストレスから少しでも楽にさせてあげられたらいい、と思えました。

・ 僕は今年の6月からある人の介護ボランティアをしています。
  そのことがきっかけで、他の障害者の方とも会ってきました。
  この半年ほどで考え方も変わり、今までの自分が恥ずかしくも思います。
  一度、障害者の人と関わってみるだけでも価値のある機会だと思いました。

・ 今日初めて授業で、恥ずかしいことですが初めて一番前の席に座りました。
  今日がゲストスピーカーさんの日ということも覚えていなかったのですが、
  なんとなく「今日はまじめに受けよう」というように思っていました。
  先生、すみません。これも、お話にあった「縁」のひとつかなと思います。
  話がそれるかもしれませんが、小学生の時に二人の友達がいました。
  はじめ不登校で、私たちが仲良くなって学校に来てくれた子は、中学で不登校、
  いじめられていた学校から転校してきて徐々に回復した子は、高校中退、
  という状態でした。
  私は何かできたかもしれない、できたことがあったのではないかというように思い、大学に入りました。
  (中略)彼らも「生きていくのが辛い」というような心情に何度か陥ったと思います。
  そんな時、自分はどうすべきなのか、そのヒントが得られたような気がします。

・ 最後のコメントで、私たちのことを、
  「なんで?」ということを考えられる力があるのが素晴らしい、と言っていた。
  人生の上で、常に疑問を持つのは確かに大切なのだとは思う。
  「なんで?」を「なんでだろう」と吟味していくことで新たな発見や知識を得る機会になるだろうし、
  そこが印象に残った。これから「なんで?」を大切にしていきたい。


長々と、抜粋の抜粋ですが、転載させていただきました。
当時話を聴いてくれた学生さんの多くが、今は社会人になっていると思います。

一期一会

ご縁をいただいて、出会った人たちの今を想いながら、今回の記事はここまでで…。
たくさん読んでいただいて、重ねてありがとうございました。



最後に、当日の資料として配った、内閣府の「身につけよう心の身だしなみ」のPDFページ と、
ナカリの作文「心の傷」 イラスト冊子「Watashi」 の記事を貼りつけておきます。
(冊子は全体へは部分紹介して、欲しい人にだけ、授業の後で全部を渡しました)

共に生きる社会をつくるために~身につけよう心の身だしなみ~

本人が他の人に伝えたいと思ったこと(中3時代) 「心の傷」

「Watashi」 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8)


一気に、一方的発信になってしまいましたが、
これからも、ともに考えて行けたらと思っていますので、よろしくお願いします。




思い出 | 14:02:59 | トラックバック(0) | コメント(4)
人には誰しもそれぞれの人生の物語がある
ご訪問ありがとうございます。

ブログを始めて2年と5カ月ほどですが、
たくさんの方に訪問していただけるようになり、
当初考えていた、「似た立場の人との交流」という想定と違って、
私という一人の人間の趣味から繋がるブログが多い、ことに、改めて不思議な「縁」を感じます。

ブログのもう一つの目的だった、自分の遺言にしたい、ということがメインになってきた感じです。

少し前の記事で「誰も他の人の人生は生きられない」という内容を書きましたが、
今また、しみじみと、そのことを実感しています。

昔、NHKの海外ドキュメンタリーで、ある学校の様子が映されていて、
とても厳しい家庭環境に置かれている子どもに対して、先生が
「君の背負っている荷を肩代わりしてあげることは出来ない」と、きっぱり言った上で、
「君がそれに向き合い、乗り越えるための手伝いをしよう」というような内容の話をしている
のを、
厳しくて優しい姿勢だなあと感心したのを覚えています。

似た感じの、学校を描いた映画「パリ20区、僕たちのクラス」の予告編



生徒が一クラス24人、というのもすごいけれど、
先生と生徒の対等な関係にもビックリ。
学校の方針を決める会議に生徒の代表が参加している!
生徒一人一人に、家族がいて、家庭があって、物語がある。
本当に、一人一人、違う。
そういう、違う人生を生きてきた子どもたちが、一つの教室の中で共に学ぶ。
ぶつかるし、もめるし、意見が食い違う。

すごいなあ。

子どもですら、これだけ、いろいろな人生を背負っているのだから、
年齢を重ねた人たち、みんな、それぞれ、その人なりの人生の物語を持っている、
ということだよね。

ひとの物語に、耳を傾けることで、考えるのは、自分の物語。
重なることもあるだろうし、全く異なることから学ぶものもある。


実は、数年前に、ある大学の授業に「ゲストスピーカー」として呼んでいただき、
「障がいのある子どもの親の立場から」話をさせていただいたことがあります。
学生さんは200人くらい。
1、2回生さんが多かったけれど、上級生もいました。
教育関係の仕事を目指す人も多かったけれど、「教師にはなりたくない」という人もいました。
そんな若い人たちに、自分が何を伝えられるか、考えて考えて…
自分の経験を聴いてもらう気持ち半分、彼ら彼女らの物語を聴きたい気持ち半分、で、臨みました。

1時間半ほどいただいて話し終えて、感想を書いてもらったものを、
担当の先生がまとめて、あとからメールで送ってくださいました。
それを読んで、
ああ、やっぱり、みんな一人一人に、人生の物語があるんだなあと、
胸がいっぱいになったのが忘れられません。


話のテーマは「同じだけど違う」です。 いただいた感想を、少しだけ、紹介します。

・ 私は今アルバイトで塾講をしていますが、知的障がいがあるっぽい子を教えています。
  その子は(中略)なんでできへんの、さっき教えたばっかやん、とイライラすることも多いです。
  でも、その子はその子なりに苦労しているのだろうし、分からないのなら、もっと分かりやすい授業をしよう、
  とプラスに考えて行こうと思います。

・ 中学の時のいじめのせいで自分に自信が持てず、いつもごめんなさいと言っていた時期が私にもありました。
  そんなとき「できなくてもいいよ。そのままでいいよ。がんばってること知ってるよ。」と言ってもらえるのは
  とても嬉しいので、人にも言ってあげたいと思います。

・ 話を聞いていると泣きそうになる時があった。
  私の家にも障害を持つ妹がいて、それでも私のお母さんは割と平然としている。
  私のお母さんも精神的ダメージを受けているに違いないと考えたからだ。

・ 私の弟も「障害」を持っています。
  それで前に母が「はじめは私の子育てが悪いと思った」とか「父方の祖母にもきつくあたられた」
  とか言っていたのを思い出して、やはりそういう思いを抱く人は多い、というか、
  そこは母親の立場として共感できるところなのかなあと思った。

・ 私は、障害をもった同級生の弟のことを思い出しました。(中略)
  私は1年間、その子の母親の姿を見て、本当に尊敬していました。今でもそうです。

・ 私は、障害のある子どもの放課後デイサービスのアルバイトをしていて、
  その子が今どんな気持ちなのかを考えることがあるのですが、
  保護者の方の生の声が聞けて良かったです。

・ 自分は今まで、障害者の方がどんな風に考えたり、思ったりしているのかを
  全然考えたこともなかったということ、障害者の方々にもそれぞれ個性があることを
  深く考えていなかったことに気づきました。
  私と同じように、自分を見つめ、自分を知ろうとし、他者と関わり、他者を理解しようとしている…
  同じだ、と改めて感じることが出来ました。

・ 私は、生まれたときからアトピー性皮膚炎を患っていて、ひどい時は顔・体中血まみれで、
  鏡を見ること、他人と会うことが本当に嫌でした。
  母は必死に治そうと努力してくれていたのに、私は私だけ何でこんなんやの?!と考えていたし、
  母は母で、かきむしってしまう私を見て怒鳴ってしまうこともありました。
  言い合いになるという話を聞いて、一緒だと思いました。

・ 私は小さい頃から人の視線に敏感で、誰かの視線を感じる度に
  「この人は僕のことをどう思っているんだろう」と疑念が湧いてしまい、
  不安からくるネガティブな思考へと移り変わっていきました。
  (中略)小さなことを精一杯やり切ることが私にできる最大限のことです。
  それは暖かく見守ること、話す機会があったら理解しようとすることです。

・ 私の叔父は重度の知的障害者である。
  叔父は母の弟で、祖父母が叔父のことで昔から苦労していた話は聞いた。
  当時は今ほど障害者制度が充実しておらず、小学校に入学する時は違う校区の学校に通うことになったらしい。
  (中略)親同士3人で障害者施設を建てたらしい。祖父母のような人は心から尊敬している。

・ 人にはそれぞれ人生がある、というのは本当にそうだと思います。
  人を見かけで判断してしまう時もありますが、その人も私と同じようにいろいろ考え、
  経験を積みながら生きているのだと思いました。
  私は、軽度の多動性障害のある姉がいます。(中略)幼い頃はすごく荒れていて、
  母や姉もいろいろたくさん辛いことがあったと思います。

・ 私には知的障害の兄がいます。話を聞いていて、私の母の話を思い出しました。
  (中略)「何度も何度も、この子を殺したら楽になるんだろうなと思った」と母は私に話してくれたことがありました。
  「じゃあなぜ兄を育て上げることができたのか」と質問すると
  (中略)「神さまが私にならこの子を育てられるって思ってくれたからやと思うねん。やから、私は
  この子が生まれてきてくれて幸せやと思えてん」と笑顔で話していました。
  私の母の姿と重なって、母との思い出、兄との思い出、家族の思い出が沢山よみがえってきました。

・ 私の従妹も障害者なのですが、その子の母親(私の母の妹)の姿が思い浮かびました。
  おばさんはいつも笑顔の人で弱音を吐いたりする人ではないと思っていました。
  しかしお話を聞いていると、あの笑顔の裏には辛さや大変さがきっと隠されているんだろうなと思いました。
  大変だということを口に出せない時、私はどういうことをすれば少しでも楽になってくれるんだろうと
  今まで生きてきて初めて思いました。
  普段はそれが当たり前だったので意識していなかったことに気づきました。
  「同じだけど違う」という言葉の意味がよくわかりました。



少し、と言ったのに、たくさんになりました。
(いつの間にか日付まで変わってる!)
まだまだほかにもたくさんの物語を書いてくれました。
せっかくなので、また、続きを書きたいと思います。

語られない言葉、見えない人生、を、隣の人も背負っているかもしれない、と
皆がお互いを思いやれるような社会になれば、もう少し生きづらさが減るのではないかなと思いつつ・・・



  

思い出 | 00:24:54 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad