■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

名古屋大学学生寮での事件を思いやる息子
ご訪問ありがとうございます。

庭ではユキヤナギがすっかり散って、今はコデマリが満開です。
コデマリ CIMG0778


息子が語学学校の授業のため、今日、下宿に戻って行ってしまいました。
夫もまた風邪をぶり返して布団で休んでいます。
連休中、ナカリと、ぬいぐるみの追加を何人か作成し、人形遊び?を楽しんできましたが、
家の中で一緒にいる人数が減ると寂しいなあ、と、胸がキュン、です。

きょうは「子どもの日」
いくつになっても、親から見たら、子どもは可愛いものです。
(亡くなった父も、逝く少し前に私の名前を呼んで、可愛い、と言ってくれました)


そんな中、名古屋大学の学生寮で留年が決まった学生さんが自死の疑い、というニュースに触れて、
息子がしきりに気の毒がっていました。
理科系の学生さん・・・1回生で留年ということは、残る3年間で単位がそろわない見込み、ということで、
先の1年間に単位がほとんど取れなかったか、学校自体に行けてなかったのか、
詳しい事情は分かりませんが、まだ20歳という若い命が絶たれたこと、
親御さんのお気持ちを考えると、私も一緒に辛くなりました。

息子の後輩も、ひとり、この春から休学しているそうで、
他にも、「あの人は大丈夫だろうか」と思われるくらい、学校に来ていない学生さんが居るようです。

「大学生にもなって」と言われるかもしれないけれど、
悩み多き時代だからこそ、心に傷を負うことも、学業そのもので行き詰ることも、あるでしょう。
若い時は若い時で、それはそれは、ほんとにいくつものハードルを越えないといけない日々だろうと思います。
息子が、中高時代に「生きているのが辛い」と自死をほのめかし、毎晩遅くまで親子で話し合った頃の事を思い出すと、
それが「独り暮らし」の時に当たっていたら、と、身がすくむ気持ちです。

幸いにして、がけっぷちを何とか歩き終えて、希望、を少しでも見出すことが出来た彼は、
今、日本学術振興会から研究費の支給を受けることもできるようになり、
「学生」であると同時に「一人の研究者」として認められ、社会人への第一歩を踏み出すことが出来ました。
でも、文系の大学院(しかも文学部)で博士号をとるのは至難の業。
先のことはまだ全く分かりません。
大学院に進学する前、大学からの説明会で卒業後の進路が示された際に、
「不明」の割合が多いことに衝撃を受けたのが、ついこの間のことのように思われます。

この間、
ネットで「博士が100人いる村」という創作童話を見つけて、息子と一緒に見ました。
それによると(博士号をとれた後でさえ、という話ですが)、

>日本の自殺率は10万人当たり24人程度です。
  でも博士たちは、100人のうち8人が行方不明または死亡です。
  10万人当たり8000人です。
  東京都だったら人口1200万人ですから、96万人です。
  中央区、台東区、港区、文京区、荒川区、渋谷区の人口を合わせた人数と同じくらいになります。
  これが毎年毎年のことです。大事件です。

  実際に、毎年1000人の博士が死んだり行方不明になったりしています。


・・・

息子が高卒認定試験で資格を取り、通信制高校を退学して自宅に居た頃の話。
朝日新聞の「声」欄に、大学院生の息子さんを自死で失ったお母さんの投稿が載っていて、
それが、極力感情を押さえた表現で淡々と書かれていて、とても胸に響いた、と、
彼の方から話題に出して、言っていたのも忘れられません。

若い人たちが、希望を見つけられる社会でありますように。
日常生活に困難を持つ若い人が、少しでも生きやすくなる世の中でありますように。
「子どもの日」に願うのは、こども、の先に居る若者の未来です。


息子が帰宅していた間に良く弾いていたバッハ「平均律クラヴィーア」の2巻3番


音楽は癒し、です。
辛いことや不安なことがあっても、生きぬいてほしい!
ふんばれ、若者。




子どもの日常 | 15:11:21 | コメント(12)

FC2Ad