■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

子どもに対する苛立ちや破壊衝動が消えてきたことに気づく
ご訪問ありがとうございます。

この間、とてもよく頑張ったナカリの様子を主治医に報告して、
ストレスのためか早朝覚醒してしまう、本人も「ぐっすり眠れた感じがしない」と言っていることを相談したところ、
新たな薬を足すよりも、脳の興奮状態を鎮める意味で、今使っている頓服薬を、寝る前に毎晩飲んでみることを提案されました。
本人がいなかったけれど、とりあえず2か月やってみて次回また相談、ということで、頓服を追加で出していただき、帰宅しました。

昨夜はお試し一日目。
やっぱり今朝早く目が覚めてしまいましたが、夜は割とすんなり眠れていたようなので、
しばらく様子を見ることにします。
「睡眠の質」は大事ですね。
自分自身も似た状況なので、親子で生活の立て直しを頑張ります。


で・・・
薬局で「認知症 症状別対応ガイドブック」という冊子が無料で配布されていたので、
(もう必要はないのだけれど)つい手に取って読み、そのままもらって帰りました。
後ろ向きになってはいけないけれど、読みながら、やっぱり、母に申し訳なかったと、胸が痛みました。

母が亡くなるわずか2週間ほど前に、
「再び・・・認知症と自閉症は似てる」 という記事で、
母とナカリに通じるものを感じて苛立った時の気持ちを書いています。
この翌日にかかってきた電話が、最後になってしまうなんて、その時には思いもしていませんでした。

実は、
今朝、ナカリが「悲しい夢を見た」と繰り返し言うので、どんな夢?と、こちらからも何回か聞くうちに
「お母さん、私の悪口、ブログに書いてない?」と言うのでびっくり。
「えー、そんな、悪口なんか書かないよ。頑張ってること書いて、みんなも誉めてくれてるよ。
悪口、って、どんな悪口だと思ったの?」

「自己中心的とか」・・・!
(@_@)
その時には、この記事のことなど全く思い出さず、
「ナカリは自己中心的なんかじゃないよ、優しいいい子だよ」
と、答えたのですが、
記事を遡ってみて、「自己中」について、ナカリと会話したことがあったんだと、ドキリ!
ナカリにとっては、忘れられない会話だったのかな・・・

ナカリは一人でパソコンを起動することは出来るけど、私の留守中にブログを読むなんて考えられないから、
これは、彼女の「勘」!?
ごめん、ごめん、お母さんが悪かったよ。悪口じゃないけど、愚痴だったね。
「愚痴る」気配が伝わってたのか、と思うと、
自分自身、記事を読み返して、申し訳ない気持ちになっています。



振り返れば、過去、何度となくナカリとバトルを繰り広げてきた・・・
いろんなものを壊した。
破壊された椅子たちは、まだ処分されないまま、玄関に置いてある。
リビングの壁の大穴は、板を打ち付けて、上から壁紙を貼って、テープと押しピンで留めた状態のまま。
ナカリの部屋の壁の穴は、小さいので、何の処置もしないまま。
洗濯かごは、一部が割れたまま。
パソコンを壊した時は、慌ててノートパソコンを購入したけど、ハードディスクが無事だったので、ノートの方は、もったいないけど、モニター交換後、放置されたまま。
パニックになって自傷しようとする娘を羽交い絞めにし、親子で泣き叫んで、誰か助けて!状態だった・・・

カーッとなって、お互い傷つけあうような言葉の応酬になり、暴言が止まらず、
何かを壊さないと自分が壊れそうで、モノに当たり散らした嵐のような日々。
ほんとに激しい「破壊衝動」に突き動かされていた。

途中電話で介入してきた母にたしなめられたことが、今になって思い出され、
あの時何であんなに興奮していたんだろう、自分自身でも情けないくらい自己抑制が効かない状態だったな、と。


その時のことを思い出すと、
今、というか、これから先、あんな風に「荒れた感情に支配される」ことはないんじゃないか
と、なんとなく確信的に思えるのは、
ナカリが落ち着いただけでなく、母がその命の終わり方をもって「平穏」の大切さを教えてくれたから、という気がします。
普段意識してなかっただけに、このことへの「気づき」は大きいです。

ちょっとした場面で、イラッとしかけることはあっても、「破壊衝動」は抑えられている。
(後で後悔したくない、という気持ちが、どこかで働いて、自分を抑えることが出来ている。)
ナカリの方も、頓服で早めに立ち直ることが出来ている。

これって、すごい変化、成長、進歩だ!
実際に、「平穏な毎日」が実現できていることに、今さらながら、しみじみと感謝・・・

過去に戻って昔の自分に教えてあげたい気持ちだけど、それはできないものね。
これから先が大事。
一日一日、今が大切。

「すべてのことを愛をもって行いなさい」という言葉をよく口にしていた母。
忘れないからね。そして、前向いて行くから大丈夫。
改めて、心からありがとう、お母さん。




子どもの日常 | 20:18:53 | コメント(10)

FC2Ad