■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ショートステイがレスパイトに… 映画「ムーンライト」を観てきました
ご訪問ありがとうございます。

昨日から今日まで1泊2日のショートステイ。
カゲウラさんのマスコットが大活躍。
若いスタッフの方々にも支えられて、穏やかに過ごすことが出来たようです。
「晩御飯ですよ、電話してもいいよ」と、ご飯の写メールを送ってくれたナカリ。

私は残業して仕事をたくさんしないと、と思っていたら、
夫は「映画に行こう」と、この機会を久しぶりの夫婦の時間にしてくれました。
「夫婦50割」…水曜のレディース割引だと私だけしか適用されないけど、
二人で割引というので、こちらを使いました。いろんな割引があるんですね。

観に行ったのは、今年のアカデミー賞作品賞他を受賞した「ムーンライト」
黒人スタッフと黒人俳優ばかりで作ったそうで、新聞や雑誌で映画評を読んで気になっていた作品です。
LGBTを描いた映画として初めてのアカデミー受賞、というのも劇場に足を運んでみたい理由でした。

パンフレットの表紙
ムーンライト パンフ

3人の俳優の顔写真を合成していますが、
それぞれが3つの章(リトル、シャロン、ブラック)の主人公です。
→ 同一人物を、成長の過程で3人の俳優が演じています。

2時間があっという間でした。

翌日の朝、パンフレットを読んで、再度じっくり噛み締めることが出来た映画でもあります。

詳しくは公式HP
ここで、日本版予告編はじめ、ストーリーなど、パンフレット記載の内容と重なる記事が読めます。
アメリカ版予告編はユーチューブにもアップされています。



愛と和解、赦し、貧困、差別(いじめ)がいろんな形で表現されていて、
すべてに<救い>を見出すことが出来る、あたたかい映画でした。
音楽も、とても良かった…スタッフロールで流れるクラシック?に、
「終わっちゃった」という余韻が満ちて悲しくなったりしました。

大型スクリーンで観た印象は、なかなか消えなくて、「日常」に戻ってきにくい…
一日経っても、まだそんな感じがしています。
観る人を映像で描かれた世界に引っ張り込んで、登場人物に我が身を重ねさせる、
そういう力があったからだと思います。

こんな映画を見に行く機会を与えてくれた、という意味で、
今回のナカリのショートステイは、自立に向けた練習+レスパイト(支援者の側の休息)
…にもなったのでした。
ナカリ、ありがとう。

精神的に思春期真っ只中の彼女は、
愛って何?結婚しない人もいるの?性行為できない人がいるってどういうこと?
などなど、ストレートに、いろんな質問を投げかけてくるので、
親子で一緒に考えながら、「愛」を探し求める道の途中です。

映画の中で主人公に対して発せられた言葉
「自分の人生は自分で決めろ、周りに決めさせるな」

これが、ナカリにも重なる気がして、
彼女自身が彼女の人生を生き切ることが出来ますように、と。
また、
私自身もあれこれあったけど、自分自身が決めた人生なんだと確認出来て、救われた気がしました。

世界、って、思ったより小さい。共感することで、どこへでも飛んでいくことが出来る。
そういう気持ちを持たせてくれたのも映画の力。
うーん、この余韻はまだしばらく続きそうだ…



追記:日本版の予告もユーチューブに出ていました。

こちらは少しネタバレですが。
「泣きすぎて自分が水滴になりそうだ」というセリフを拾い上げたところに拍手。








読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:18:24 | コメント(6)

FC2Ad