■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

もしもの時に連絡してほしい人
ご訪問ありがとうございます。

母が逝ってから、1カ月以上たって、まだそれでも夢の中にいるようで、
(夢には一度も出てきてくれませんが)
日常離れていただけに、最後の数日間の記憶だけがクッキリして、
その前の電話のやり取りに疲れていた自分を思い出すのも辛くて、
申し訳ない・・・まだそんな状態です。

ところで・・・
事務的な相続の手続きがほぼ終わりかけたところで、
父に託した「エンディングノート」が出てきました。

父は何も書き込んでない、と思っていたら、鉛筆で、端っこにメモ書きが。
「皆んな平等と云ふけれど皆んな違ふのだ?」
・・・父は何を言いたかったのかなあ。

その、余白だらけのエンディングノートを使って、
「もしもの時に連絡してほしい親戚及び友人・知人」というページに、
私が母から直接聞き取りして書いたんだったのを、今になって思い出しました。
ページをめくると、そこには、
最期を一緒に看取ってくれた叔父と叔母、それに教会関係の方、税理士さん、
そのほかに4人、名前が記載されていました。

一人は高校時代の母の友人で、お世話になったお医者さん・・・
その方とは年賀状もやり取りしていたので、、直後に病院に電話で連絡したら、
「残念やなあ。僕ら同級生やから。僕は、まだ現役で患者さん診てるよ」とのお言葉をいただき、
母に心で伝えたのでした。
一人は、母がホームに入所した時からずっと、会いたい、と言っていた方でしたが、
「病院に入院中」とだけ書いてあり、結局連絡できずじまい。
生前に、会わせてあげられなくてごめんね。

他の二人への連絡は、すっかり抜けていたので、
ずいぶん時間が経ってしまいましたが、母の遺志でもあるので、連絡してみました。

中学の同級生という方は、「この電話番号は現在使われていません」というアナウンスで、
直接つながらなくて残念でしたが、
他の同級生の方に、直後に連絡してあるので、もしかしたら伝わっているかも・・・
と、願いつつ、お母さんゴメンね、心で呼びかけました。

もう一人の方は、国立療養所時代に一緒に入院していた方で、電話に出てくださいました。
「ええ、ええ、覚えてますよ」とお優しい声。
「実は2月に亡くなりまして」とお伝えして、
「母自身が、もしものときに連絡してほしいと言い残していたので」と説明して、
「ご自愛ください」と電話を切りました。
お母さん、つながったよ、伝えたよ、これで全部、終わったかな。


年を取ると年賀状も随分少なくなり、母の場合は連絡すべき人もほんとに少数で、
葬儀も内輪で、教会員の方々と親族のみのささやかなものでしたが、
「母自身の友達」という存在は、
私にとっては名前は聞いたことがあるけれど、ほとんど未知の方々で、
子どもの立場からしたら、なんだか不思議な気持ちがしました。


私にもしものことがあった時、誰に連絡してほしいかなあ。
子どもたちを介して繋がっている親たち、は、
子どもたち自身も知っている人たちだから、すぐに連絡できるだろうけど、
私自身の学校時代の友人たちや昔の職場のつながりは、
年賀状で知りうる以上の情報はないだろうなあ。

「エンディングノート」に記すべきことはいろいろあるから、
自分用のも、きちんと書いておかなくちゃ。

今日は息子からも電話をもらい、あれやこれや話をして、気がまぎれました。
何でもない日常のあれこれを話せる、ということのありがたみを感じながら、
母は逝ってしまったけれど、私には子どもたちがいる、と、慰められました。

わたしたちは、父母から見たら「次の世代」。
バトンタッチして、さらにこれからを生きていくんだ、とも。
世代交代は寂しいけれど、時間が止まらない以上、避けられない。
これも、前へ、の一歩だな。
しみじみとして、なかなか眠れない夜でした。
長くなってすみません。

元気だしていこう。



思い出 | 03:40:59 | コメント(6)

FC2Ad