■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ボランティアが辛くなる時
本日、重ねての記事になりますが、ご訪問ありがとうございます。

午前中、社会福祉協議会の地区福祉役員会に出席していました。
去年から、副ブロック長を引き受けることになってしまい、
毎月初めの月曜午前中は役員会です。

社協の幹事を引き受けたいきさつは、同じ地区の前の幹事さんが高齢になり、
自治会の役が回ってきた時に私の仕事ぶり?が丁寧だったから、と、頭を下げられて断れず、
娘も学童保育やファミリーサポート事業で、社協にはお世話になったし、
夫も社協は大事な組織だからと言うので、ヒラの幹事を引き受けて数年・・・
交代してもらえるアテもないので、毎年、出来る範囲でやり続けていたら、
昨年「副ブロック長」という役を指名され、これも断り切れずに引き受けた結果、今に至っています。

自営業なので、仕事の都合がつけやすいという部分はありますが、
ヒラの幹事だけだった頃に比べると、この1年、あれやこれやと会議が多く、
今日も、2時間を超える会議に、正直ため息。
周囲は70歳を超えた方々がほとんど?で、50代の私などはひよっこ同然。
亡くなった両親も地域包括センターのケアマネさんにほんとにお世話になったので、
社協の役割が大きいことはよく分かるのですが、
これほどボランティアに支えられている活動、というのは、正直、無理があるのではと・・・。
10年以上地域活動をつづけた方は、市から表彰されるそうですが、
それもなんだかなあ、と、複雑な思いを抱えながら帰宅しました。


今日の大阪はとても良い天気で、庭の雪柳が満開、風に揺れて綺麗です。

ユキヤナギ


何か、綺麗なものを見たら、母に電話したくなり、もう現世には居ないんだと思うと、
話が出来ない哀しさに胸が苦しくなり涙があふれます。

母と同年代で、元気に活動している高齢者の方もおられる一方、
母よりも元気だった方が若くして亡くなられた悲報を聞くこともあったし、
本当に、人は自分の人生しか生きられない、と思うしかありません。


ボランティアと言えば、
もう何年も続いている親同士の集まりも、PTA活動の延長?みたいなものだけど、
それは、辛いというよりも、当事者活動として癒しになっている・・・
大変な時期もあったけど、やめたいとは思わない。

なのに、この社協に関して、ボランティアが辛くなる、という感情は何故かなあ。

書類の整理をしていて、「認知症」や「遠距離介護」に関して集めた資料や本が目に入ると、
もう必要ない、というか、次は自分たちの世代と我が子たちとの関係になってくると思い、
今は必要ないから処分しようか、とか、改めていろんな思いが湧いてきたら手が止まり、
高齢者福祉に関する活動に関わること自体が、自分の今の傷に触れているんだ、だから辛いんだ、
と、しみじみ実感中です。


春は明るい季節だからこそ、振り返って、2月に逝った母のことが思い出されては、まだ涙しています。

綺麗ね、と一緒に話せる人がいることって、支えだなあ。
ユキヤナギがあんまり綺麗で、ちょっと悲しくなった、と息子にメールしたら、
「こちらでは吉田山で鶯を聞いたよ」と返事がありました。
ナカリも、一生懸命慰めてくれています。
ありがとうね、お母さんは子どもたちに支えられているよ。




未分類 | 15:24:06 | コメント(8)
写真を追加
スマホで撮ったのでスマホで更新。
写真大きくてすみません。

阪神百貨店地下の柱、タイガース応援の飾り付け

タイガース応援

ガールズイラスト展






うまくアップ出来るかな。

未分類 | 00:51:15 | コメント(2)

FC2Ad