■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

発達障がいの人を、どう『悪意』から守るか
ご訪問ありがとうございます。


残念なことですが、相続をめぐってトラブルが発生しました。
それも、母方ではなく、先に亡くなっている父方の親族との間で、です。
私が大嫌い!だった父方の親族。
思いだしても父方の親族に対しては腹立たしい事しか出てきません。
父が母よりも先に亡くなったので、これで縁が切れた、と思ってせいせいしていましたが、
母が父から相続した債権をめぐって、それを更に相続した私との間でバトルになりそうです。

今後の詳しい展開はまだわかりませんが。

世の中には、はっきりした『悪意』を持つ人がいる、ということを、私は父方の親族から学びました。
こまごました出来事を挙げればキリがなく、
昔ベストセラーになった「平気で嘘をつく人たち」という本を思い出すくらい、
平気で嘘をついて、平気で人を傷つけて、平気で知らん顔する人たちです。
自分さえよければいい、ということを絵にかいたような人たちです。

まあ、その人がそうなった背景もあるのでしょうが、とてもそこまで思いやることはできません。
私の立場からは、憎しみと憤りと嫌悪しか出てきません。
両親とも亡くなって、闘う主体は自分しかいないので、負けるものか!と思っています。

長男の嫁、として苦労した母。
お姑さんとの同居を余儀なくされ、介護を重ねてやっと自由になったと思ったら、
今度は小姑さんが戻ってきて半同居の生活。
夫婦二人だけの生活は数か月にしか満たないものでした。

振り返れば、私が子どもの頃から、
私の家は、親族が四六時中集まる場で、「家族が憩う場」では全くありませんでした。
両親が大阪に来ている間は、親族が留守宅に勝手に入って、勝手に何でも持ち出したりもしていました。
家族3人の暮らしを夢見続けた母が、
私の大阪の自宅に強くこだわった(もう1度だけでいいから行きたいと言い続けた)のも、
自分自身の世代で実現できなかった夢を私の世代に重ねていたからなんだろうなと思います。


母が亡くなる時、枕もとで流れていた息子のピアノは、私が両親に買ってもらったものですが、
昔自宅に置いてあった頃、父の親族たちは「うちの(ピアノ)は財産だから、ここで弾け」と、
飴でべちゃべちゃの手の我が子たちに、私のピアノを弾かせていました。
父方の祖母は、鉢植えをピアノの鍵盤の蓋の上に土が付いたままドンと置いてヘイチャラでした。
悔しくて泣いた母。
認知症が進んだ際に、繰り返し、悔しかったこととして口にし続けていました。
今、その親族のピアノがどのくらい愛されているのか(弾ける人がいるのか、も)知りませんが、
「苦難」を経てきた私のピアノは、息子の指を通じて美しい調べを奏でてくれています。


こんな風な、明確な『悪意』を持った人が世の中にいる以上、その人たちから子どもを守らねばなりません。
今は、リアルの誰もが信頼できなくて引きこもりがちなナカリですが、
一方で、騙されやすい、のめり込みやすい、という危険性もあります。

良い生涯の伴侶と出会えればいいけれど、逆に騙されて傷つく可能性だってあります。
そのあたり、親としてどこまで手を出したらいいのか。


・・・いや、まずは自分のトラブルの解決が先決。
日本の裁判制度に正義はあるのか?
亡くなった両親のためにも、私は自分が信じる方法で、父方の親族と正面対決するつもりです。
死んだもん損、にさせないためにも。
(悔しいけど、その親族は、両親の死を待っていたとしか思えません)


愚痴と文句の記事になってしまいました。

この親族から、ナカリを遠く離しておくこと。
身近な『悪意』から遠ざけること。少なくともそれはできる。
そして、本人に教える。
世の中には「悪い人」がいる、ということを。
よく「騙される方も悪い」と言われるけれど、
それは、「いじめられる方にも原因がある」のと一緒。
騙す奴、いじめる奴が悪いに決まってる!

くそー、怒ってるぞ、私!!
ナカリは「まあまあ・・・」と言いそうだけど、お母さんは許さないからなっ!
徹底抗戦だ。

荒れた記事ですみません。
平常心、平常心。




未分類 | 22:00:29 | コメント(14)

FC2Ad