■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

一人遺される不安、をどう軽減するか
ご訪問ありがとうございます。

お相撲の記事を書いて気持ちが軽くなった後ですが、
心配事について、書いて整理してみようと思います。


今日、4月のナカリのショートステイを電話で予約しました。
「一人で寝て、一人でご飯を食べて、親と離れて過ごす」練習、のため、です。
今後も2カ月に一回のペースで利用を続けていくことにしています。
前回初めて利用した際は、初日、施設まで送って帰宅後、少ししたら、
「もう寂しくなったよ」のメールが来て、こちらも早速寂しくなったのでしたが。
母の病院で、病室と家族控室の間で「近距離ショートステイ」を何日も体験したし、今回は楽勝かな?
・・・いや、やっぱり、こっちが寂しくなりそう^^;
ここは慣れていかなければ。


私も夫も55歳を超え、健康診断でも、ところどころひっかり、
普通に逆算しても、あと何十年か後には先立たねばならないな、と思ったとき、
子どもたちが未婚であれば、先に兄が逝って、最後にナカリが一人遺されることになります。
まー、そんな先のこと、今考えたってどうにもならない、といえばそうなんですが、
今回、一人っ子の私が両親を失って、血のつながりというものを強く意識したので、
ナカリが先の先を考えて不安になるのも仕方なかろうか、と・・・。

可能ならば、いつか運命の出会いで生涯の伴侶と巡り会って欲しい、と願う、親心。

私は一生独身や-、と嘆くナカリに対して、
今は「おひとりさま」って多いよー、と安心させていますが、
現実問題として、
「親亡き後」をどうイメージしておいたらいいのか、
要は「自立」というのもそれが目標、で、
私が手出ししないで、この子がどうやって一人で生き抜いていくことが出来るようになるか、
を考えることが、ますます必要な気がしてきています。

自立は依存先を増やすこと、という言葉を思い出しつつ、
本人が心から信頼して頼れる「人」「場所」を、少しでも増やしていくこと、だな、と。
お金の管理も、買い物や家事能力も、目標を立てて、とにかく一歩ずつ。
精神的な依存関係も、こちらが意識的に距離を取りながら考えないと、
私がそうだったみたいな「母子密着型」になってしまうから注意注意。


少し感傷的になりつつ、「オールバイマイセルフ」の歌詞を味わっています・・・



※ When I was young
  I never needed anyone
  And makin' love was just for fun
  Those days are gone

Livin' alone
I think of all the friends I've known
But when I dial the telephone
Nobody's home

☆ All by myself
  Don't wanna be, all by myself anymore
  All by myself
  Don't wanna live, all by myself anymore

Hard to be sure
Sometimes I feel so insecure
And love so distant and obscure
Remains the cure

☆ 繰り返し


※ 繰り返し
☆ 2回繰り返し







子どもの日常 | 21:05:18 | コメント(6)

FC2Ad