■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

通信制大学の試験問題 当事者の回答
ご訪問ありがとうございます。


まだ肌寒いですが、陽射しは春が近づいていることを感じさせてくれますね。
日曜の朝のコーヒー1杯の時間が戻ってきました(でも、おそっ)^^;

科目履修生として学生証が使えるのもあとわずか。
1月末に受けた試験結果が郵便で返ってきました。
ナカリの回答を読むのは私も初めて。
レポートを見ながら書いたので重なっている部分もありますが、本人一人の力で、
試験当日、1時間少しかけて書き上げたものです(制限時間より早く提出していました)。

当事者の思い、としてご紹介させてください。


問題  「成人後、社会に出るために必要な支援について述べなさい」
(回答内の下線部分は、添削された先生が引かれたもの)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私自身、自閉症です。私には、こだわりがあったり、パニックになりやすかったり、
耳で聞いて理解するのが苦手で、目で見て理解した方が分かりやすいと思います。
いつもとちがうことが苦手で、急な予定変更は心がゆらぎます。
その時は前もって予定を教えてあげたり安心させてあげればいいと思います。
私もそうですが、自閉症の人は、人とのやりとりが苦手な人が多いです。
私の場合は、人の顔を見て話すのが苦手です。
でも優しく見守ってあげたら安心するんだと思います。

自閉症の人が社会に出るためにどのような支援が必要なのかは、
やはり辛抱強く接してくれたらいいなと思います。
怒ったり、どなったり、暴力などはしないようにして下さい。
優しく対応すれば、きっとわかると思います。
自閉症の人は感受性が豊かな人が多いです。
いじめや仲間はずしされていないか注意を持って見守ることが大事だと思います。
私はまだまだ自立していません。
周りの人が支えてくれるので何とかやっていけるのかもしれません。
出来ない所を注目するのではなく、出来るところに注目して、
ほめてあげたりそこを伸ばすことで本人に自信や安心感を持たせると思います。

高校を卒業すると進路が別れてきます。
社会人になって仕事をする人もいるし、学生をつづける人もいるし、在宅で家事手伝いの人もいると思います。
私はこの3月で学生が終わり、また在宅になると思います。
何か作業所で働ける所があればいいなと思っていますが現在むずかしい所です。
美術系の作業所があればいいなと思っていますが、なかなかないそうです。
でも、絵の先生と、これからどうするかの相談も考えております。
それぞれの人がいろんな道へ歩いてます。
その人に合った対応がいいなと私は思います。

社会人になって外で仕事をするための準備をする人もいます。
自分のことは自分で出来るように、ある程度訓練する人もいます。
お金の管理も出来るようになれたらいいなと思います。
そのための訓練施設も何種類もあります。
そうした施設に通うことが難しい時には、障がい年金を受けるという方法もあります。
家族だけで抱えないで、
社会の力を借りて自立出来るように支援することがこの時期大切なことだと思います。

この先の将来を思うと不安でいっぱいです。
助けてくれる人がいるはずなのに、人が信用出来ない所があります。
「大丈夫だよ」「そばにいるからね」「見守ってるからね」などの
あたたかい見守りと言葉が、私を安心させてくれることがあります。

もう成人期になってしまったけれど、私の精神は幼くて自立出来ていません。
これから少しずつ自立に向けて頑張らなくてはと思いますが、まだまだその道はむずかしいようです。

自閉症の人といっても、いろいろな人がいます。
私の場合は、繊細で人づきあいが苦手なタイプですが、
たくさんおしゃべりをする、外へ出ていくタイプの人もいるようです。
でも、どの人にも生きづらさや悲しみ、つらさを抱えていると思います。
私はおしゃべりが苦手です。
人としゃべれるようになりましょう、と、出来ない所をめざすのではなく、
何が出来るかなと考えてあげることが大事かなと思ったりもします。

必要に応じておくすりも使ってもいいと思います。
パニックになった時は、おくすりなどを使って心を安定させましょう。

自閉症の人はファンタジーが好きな人が多いです。
その夢をこわすようなことは言わないであげてください。

周りの人もつらいと思いますが、本人が一番つらいと思います。
本人がいることで悲しんだり苦しんだりしている姿は見たくありません。

社会に出て、いじわるされてないか注意もって見守って、暴力やしたうちはしないで、
分かりやすく優しく接してくれたらいいなと思います。
でも支えている周りの人も人間なので失敗はあると思います。
優しくしようとしても、きつくあたってしまうこともあるかもしれません。
お互い助けあって生きれば、と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ナカリの文章は以上です。
ここまでよく頑張ってきたなと、改めて胸いっぱいになりました。
在宅だっていいよ。
絵の先生との相談、来週、行ってくるね。
先生のアトリエにも誘っていただいているから、バスに乗って行ってみようね。
ショートステイもまたチャレンジしてみようね。
ゆっくり、優しく、夢をこわさないで、辛抱強く、だね。
いろいろ教えてくれてありがとう。
お母さんも一緒にがんばるから安心してね^^






ナカリの作品 | 10:27:43 | コメント(4)

FC2Ad