FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東大・異才発掘プロジェクト  アウシュビッツ訪問の話から考えたこと
ご訪問ありがとうございます。

先週金曜に会った友人が、テレビで見た、ということで、
「東大・異才発掘プロジェクト」のメンバーがアウシュビッツを訪れた話をしてくれました。
話の内容としては、
ユダヤ人だけでなく、精神障がい者も虐殺されたことに対して、
「一般の枠からはみ出している」子どもたちが、自分に重ねて恐怖を感じたことや、
何か一つの基準で人の優劣をつけること、とりわけその基準が「役に立つかどうか」であることの危うさ、
相模原事件に重ねて、我が子の未来にも重ねて、彼女自身いろいろ考えた、というようなことでした。

話してくれた友人は、私とナカリのピンチを何度も救ってくれた人なので、
聞いた話が忘れられず、頭の中でモヤモヤと形にならない考えが湧いては消えて、
検索して再度自分でも考えてみよう、と、パソコンに向かいました。

検索から出てきた中で、心に残ったのは、湯浅誠さんの記事(長いです) ↓
「異才発掘プロジェクト」が目指す「ふつう」の世の中

この中に、「評価軸が一つしかない社会」は凸凹を認めない、という文章があり、そうだなと納得。

で、「不登校はチャンスだ=なんといっても時間がある」ということで、
アウシュビッツとサイバスロンに行ってきたそうです・・・
そこで、「能力が高いことが素晴らしい、という発想」が、自分たちをも苦しめている、と知った、
というような内容に、ハッとさせられました。
また、
「世間の間尺に合わなくても、
徹底的に排除されたり、追い込まれたりして自信喪失させられることなく、
こだわりを生かし、好きを伸ばして生きていけるようにすること、
そういうスペースを提供する試行実験をやっている」

という一文に、胸が熱くなりました。


検索では、話のもとになったテレビ番組に対する賛否両論(ツイートのまとめ)も出てきて、
視聴者一人一人、いろんな意見・感想を持ったのだなと思い、少し複雑・・・。
ただ、何が正解かは決められないけれど、
取り組みが目指すところ → はみ出したものを排除しない、(かつ)良さを伸ばす、
には共感し、友人とまた話がしたくなりました。


私の文章ではうまく伝わり切らないと思うので、
参加した子どもの中の一人が作成した(と思われる)動画をアップしておきます(これも長いです)。




「考えたこと」というタイトルなのに、
記事自体に、自分で考えたことがあまり書けなくて心苦しいですが、
「目下、考え中」ということで、中途半端な記事をお許しください。




読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 19:35:15 | コメント(5)