FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

阪神大震災22年
ご訪問ありがとうございます。

ナカリとの関係は微妙なまま時間が過ぎています。
「仲良くしてよ」と迫ってくる彼女に、「別に普通だよ」と普通に答えて、
深入りしないようにしています。
なるべく距離を置いて…この機会に子離れ親離れが少しでも進むように。


今朝の新聞1面の見出しは、タイトルの通りでした。
ナカリが生まれる1年前。
彼女は震災を知りません。
神戸の療育施設に通っていた頃に、震災の後として残されている壁の亀裂を見たくらい。
それでも、今朝の訓練でサイレンが鳴るのが怖くて、その時間、布団にもぐっていました。

東日本大震災の時には愛媛県に帰省中で(中学の卒業式をパスして)、
こちらもまた、あまり情報に触れることなく、やり過ごせたのですが、
時間をおいて、テレビの報道番組などで状況を知ると「こわいよ」という気持ちになるようです。
以前記事にした、ナカリ作成パンフ「Watashi」より 「私ってこんな人①」 ↓
こんな人 1 CCI20150316_0000
確かに地震は怖い。
私も一時期、地下鉄やエレベーターに乗ると心臓がバクバクして冷や汗が出るということがありました。
でも今は、いつどこで何が起こってもいいや、という半分投げやりな気持ちになってしまっていて、
ひどい時には、いっそ地震ですべて壊れてしまったら・・・などと考えてしまうくらいで、
被災経験のある方、とりわけ近しい人を亡くされた方には申し訳が立たないような自分です。
なかなか自己嫌悪から立ち直れません。

せめて今日は「祈りの日」にしないと・・・
命あること、家族がみんな無事であること、そのことへの感謝を忘れないように。
(まだまだ内心複雑なので、素直に感謝の気持ちを綴れない自分が嫌です)

今日も、ナカリと離れるために、仕事に出かけます。
会話は最低限。
いつか時間薬が効いてくるかな・・・




思い出 | 11:26:21 | コメント(6)