FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

被害妄想が嫌い!
ご訪問ありがとうございます。

今日は(今日も)愚痴記事です・・・すみません。


哀しいかな、母の認知が進んでいて、
かかってくる電話は、支離滅裂、
施設の職員さんに対して、感謝の気持ちではなく、愚痴と文句と悪口ばかりで、
聞いていて、もういい加減にして!と電話を切りたくなる。
こちらがイライラしていたら、後から「ごめんね」という電話がかかってくる。

ナカリが荒れていた頃に、私に対して、思い切り殴って後からごめんねを繰り返す、
といったDVまがいの状態に陥っていたのと似ている。

親と孫が似てる。間に挟まれた私は、返す言葉もない・・・。



昔から母はプライドが高かった、その分、努力していたということなのだろう。
幼い頃に心臓病を患ってしまって、努力しても報われない、とか、努力とは関係なく判断されるとかで、
就職も結婚も妊娠もその後の結婚生活も、自己決定できたものはほとんどない。
今も、自分が置かれている状況を受け入れたくないのだろう、と想像がつく。

度重なるホームの悪口を聞いていると、
ナカリが入院した時の病院の悪口に重なってしまう。

どうしてそう、周囲の出来事を自分に結び付けて悪く(被害的に)受け止めるのか?
私は被害妄想が大嫌い!

思い切り言い返したくなるけど、今の母にそれをすると、
(ちょっと口調がきつくなっただけで)、「娘に言うと怒られる」と叔父に愚痴るぐらいなので、
信頼関係が崩れてしまいそう。
今のお母さんは嫌い。でも、仕方ないとも思う、嫌いと言うと可哀想だとも思う。
ああ複雑!!

ダブルケアの状況にある人達、苦しいよね! くっそ~。なんでやねん。
でも、人生、交代も肩代わりも出来ないから、自分のことは自分で背負わなくちゃ。

ナカリが大変だった幼い頃が、今となっては懐かしい・・・


ブログにいただくコメントを読んでいると、
本当に、どの方もどの方も、それぞれの人生に背負うものがあるんだな、と。
最初は似た障がいを持つ家族しか頭にないまま始めたブログでしたが、
音楽、映画、写真、書物、ほか様々なジャンルのブログに出会って、リンクにその歴史が現れてます。
訪問してくださる皆さんに、あらためて感謝です。
(私は「感謝」を伝えるのが好き。下手すると加害妄想になるくらい。逆パターンだなあ)



あまり良い思い出のなかった子ども時代ですが、家族で見に行った映画「人間の証明」のことは、
母も今でも覚えているようです。
何だか哀しい気分なので、今日はこの曲で締めます。






思い出 | 21:31:51 | コメント(10)