■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

大学通信教育レポートその2  「自閉症への対応」について
ご訪問ありがとうございます。

前回の科目が「自閉症児・者の特性」でしたが、今回は「自閉症児・者への対応」です。
レポートのテーマは、科目名そのままで、
ライフステージに合わせて、幼児期、児童期、成人期、と、分けて述べるようにとの指示。
昨日、うーん、うーんと苦しみながら1600字以上を書き上げたナカリ。
やっぱりこの勉強はしんどい。と、本音をポロリ・・・
難しいですよね。
でも、自分がこういう支援をしてほしい、という観点から書いてみたら?
ということで、何とか文章にしていきました。

以前のレポートでも、「優しく接してほしい」ということを何度も述べていましたが、
今回、特に成人期には、親亡き後にも自立できるような支援が必要、と、
現状認識から出た切羽詰まった文章。
私のレポートはこれからですが、ナカリの頑張りに負けないように書かなくては。
ナカリ自身も、読み返して、まだ手を入れ直す気でいるみたいです。


それにしても、「自立」のために必要な支援ってどんなんでしょうね
まずは本人が一歩外に出ることが必要なんだろうけど、その道は遠く、
作業所での日常と言っても、まだまだイメージできません。
無事に過ごせるかな、人間関係上手くいくかな、ストレス溜まらないかな。
「行くならここ」と、親の方で目星をつけている自立支援の施設があるのですが、
通えるかどうかは全然自信ありません、本人への提案すら、なかなかできてない状態で・・・
まずは先に、ショートステイの見学からかな、とも。

成人期の支援から逆算して、自立につなげるための支援を幼い頃から意識していくこと・・・
それも自分の子育ての反省からしみじみ感じるのですが、
学校の「勉強」とは別に、人とのやり取りの勉強が不可欠で、
「不登校」になった後の対応を振り返っても、
もう<あと何押し>か、働きかけが必要だったような気がして、反省です。


でも、過去を振り返るだけでなく、前向きに前向きに。
今、出来ていること、やろうとしていること、を大事にして、とりあえず、
不安にならないように、くじけないように、支えていくことかな。

うわー、自分のレポートの前にプレッシャー・・・
そして10月が今日で最後、2か月表示のカレンダーは残り1枚に・・・
時間よ増えろ!ゆっくり進め!太陽、待って!(メロスの心境)

ふぁいとだ、おー!




子どもの日常 | 16:42:34 | コメント(2)
安心グッズづくり キツネのぬいぐるみ
ご訪問ありがとうございます。

一時期、獣人ブームだったナカリが大好きなキツネのキャラクターに、
子どもを追加しました。
で、何とか子ぎつねを立体化させようと、チクチク針仕事。
何もないところからは難しいので、
林明子さんの絵本「こんとあき」に載っている型紙をコピーして
口を閉じた状態に変えて、なんとか、かんとか、縫い合わせました。
出来上がりは・・・

きつね BcUumhMCYAAzh0n

お気づきのように、耳が反対についてる~~~!
でも、もう、これは直す気力がなくて、このままで我慢してもらいました。
一応、両手両足、動くので、ポーズが取れます。
→なんとかこうやって座ってもくれます。
残り布とフエルトで作ったので、頼りない出来ですが、
ジッポ(パラレルのキャラ)の子ども、ジッポジュニアだー、と喜んでくれました。

今でも時々遊んでもらっています。
久しぶりに懐かしくなったので、写真をアップしてみました。
やっぱり、2次元のものを3次元にするのって難しい~^^;






思い出 | 17:57:48 | コメント(0)
体重増加は薬の副作用か?
ご訪問ありがとうございます。

若い乙女のナカリにとっては大問題が起こっています。
先月、久しぶりに体重計に乗って「ぎゃー!」・・・
そういえば、ふっくらしてきたよね、と思っていたら、なんと5キロも増えていたとのこと。
兄が痩せ(過ぎ)ているので、慎重で上回る兄よりも自分の方が重い、ということもショック。
一生懸命、ジョギングやウォーキングを頑張って、毎朝体重を測って記録して、
と、様子を見ていましたが、なかなか減る気配はなくて、逆に「また太った~」と涙目です。

今日、久しぶりに本人と一緒に受診だったので、ドクターにも相談。
「うーん。ジプレキサを止めてみようか
リスパダールも副作用で太る傾向になるそうですが、
こちらは長く飲んできたお薬だし、少し前に増量してから、わりと落ち着いているので、
とりあえず、ジプレキサを止めて様子を見て、それでも体重増加が止まらなければ、
リスパの代わりにエビリファイなど、別の薬を試してみようか、ということになりました。
先生の説明に、そうなんですか、と、ふむふむ頷くしかなかったので、
帰宅してからネット検索してみたら、おっしゃる通りの内容が・・・
ジプレキサも、結構長く飲んでるんだけど、この数か月で急に、ってのは、
どっちかというとリスパ増量の影響なのかも?
でも、これで、少しでも体重に変化があれば、
断薬が関係する、ということになるので、とりあえず様子を見てみよう~


それにしても。
やはり、お薬というのは、諸刃の刃ですね。
効能と副作用との兼ね合いで、いかにちょうどの種類と量を処方するか、
さじ加減が難しいんだなー、と改めて思いました
勝手な自己判断は禁物で、きちんとドクターに相談しなくちゃいけません。
そういう私自身も、抗うつ剤や抗不安剤や、いろいろ飲んでるのに、
少し前から勝手にアルコール解禁にしてしまい、すっかりビール腹です・・・反省。
(久しぶりに体重計に乗って「ぎゃー!」は、私もまさにナカリと同じでした)


先の記事で、精神的な幼さはどうにもならないけど、疾患の方はお薬で何とかなる、
とか、書いたけれど、「何とかなる」というのも曖昧なもので、
ほんとに厄介な症状と対峙しながら「微調整」を繰り返していくものなんだな、と、
思春期病棟から成人期病棟に移って以降、
いろんな症状の患者さんたちと病院で出会う度に、より、考えさせられるようになりました。


にしても、
ナカリは、通信制大学のテスト結果をドクターにも見て誉めていただき、笑顔が出ました。
良かった良かった。
残りの科目がなかなか進まないけど…頑張らなくちゃね。
10月もあとわずか、こっから先が早いだろうなと気ぜわしく思いながらも、
今日のナカリの頑張り(行きはバスと電車と徒歩で通院)に拍手!でした。


さて、体重・・・上手く管理できますように!






子どもの日常 | 16:42:07 | コメント(4)
精神的な幼さと精神的な疾患と・・・
ご訪問ありがとうございます。

このところ落ち着いているナカリですが、
鳥取地震のエリアメールの音が怖かったということがきっかけで
本人曰く「赤ちゃん返り(あの精神的な何とか、と言いかけて、きちんと言い当てました)」
しています。
非常に幼くなっている・・・まさに赤ちゃんのように母親にベタベタです。

いま彼女がもらっている障害年金は、
知的障がいではなく精神障がいの分野に当たるのですが、
境界IQということもあり、かつ、ドクターの話では相互関係があるとのことで、
自閉症としての対応だけでなく、知的な幼さを頭に入れた対応が必要です

話をしていて、上手く伝わらないもどかしさを感じるのは、
彼女が自閉症という特性を持っているからだけではなく、
「理解力」「応用力」といったところでハンディキャップを持っているからでもある・・・
そこを、大きく受け止めて、優しく対応する心の広さとゆとりとが不可欠ですが、
あまりにも「赤ちゃん返り」してしまっていると、歯がゆさが、つい表に出てしまいます。
まだまだだなあ・・・

彼女の永遠の?テーマは「私が二人居るのじゃないか」ということで、
頭の中の私が現実の私と同一なのかどうか、
リアルの自分とパラレルのナカリとの整合性にこだわる気持ち、です。
その、「非・論理的」な理屈と感覚に、こちらの理屈をぶつけてはいけないというのは
前にも書いた通りですが、そういう不思議な感覚になってしまうのは、
彼女の「幼さ」にも一因があるので、どうしようもありません。
本人も「私の脳みそおかしい」と歯がゆがっています・・・

先日の相談支援で、「家の中で一人でできることが増えた」
「支援があれば外でもできることが増えた」という感じの話になりましたが、
いやいやまだまだ、世の中に出ていくのには高い高い壁を越えなくちゃなりません。

「疾患」部分は薬で抑え込むことが出来るけれど、
「幼さ(遅れ)」のキャッチアップには限界があると分かっています。
いくつになっても、100%から数えたら「遅れ」は「遅れ」として一生付きまといます。
加えて、典型的な自閉症ではなく、どちらかというと、アスペに近い「わかりにくい」自閉っ子に育ちました。
このややこしい彼女の状態を、上手く理解してサポートしてくれるパートナーは見つかるのだろうか・・・
私たち親族が先だった場合、残された彼女はどうやって生き抜いていけるだろう?

雨で冷え込みが厳しい一日、二人だけで家で過ごして、やっぱり悩み尽きず、と、
ちょっと落ち込んだ母です。
(上の息子と比較しているわけではない、と心では思っていても、いつの間にか手を離れた彼と、
何もしなければきっとずっと手を離れられない彼女との違い、を、嫌でも認識させられています)

今日は愚痴になってしまいました。

元気を出そう!
帰省した際に息子が弾いていた、ピアソラの「アルフレッド・ゴビの肖像」です。
笑い話みたいですが、「専門は?」と聞かれた彼が「ラテン文学です」と答えたら
「そんな風に(おそらくラテン音楽をイメージして)見えませんね」と返ってきたと(^^;)
アコーディオンやバンドネオンもいいなあ~ 音楽に癒されよう。






子どもの日常 | 20:14:46 | コメント(6)
好きなことを仕事にして食べていける展望
ご訪問ありがとうございます。

長い期間がかかりましたが、上の息子がやっと「自立」の見通しをつけてくれました。
先日嬉しい報告として書いた、日本学術振興会特別研究員内定の知らせです。
ほぼ大丈夫、ということで、来春からは生活費も研究費も目途がつきそうです。

小5から完全不登校?だった彼が、自分の好きなことを探すという方向を貫き通して、
紆余曲折を経ながら辿り着いたのが、西洋古典研究という道でした。
「実学」という意味で、「それが何の役に立つの?」と突っ込まないで、
大きな目で見て、人類の歴史の進歩に寄与できる研究を頑張って、という気持ちです。

その彼が、先日行ってきたイタリア。
次に行くときには公費で行けそうかな。
いくつか写真が追加で手に入ったので、こんなことをしている若者もいるんだなー、と、
見てやってください。

イタリア① 遺跡 IMG_0105

京都のように、イタリアも、そこここに遺跡が残っていて、街の風景の中に溶け込んでいます。
ボローニヤ到着後、まず驚いた遺跡の写真。

イタリア② 料理 MG_0134

なかなか外食が出来なくて、カルフールで買い物してきたものを自分の部屋で食べていた彼が、
やっと外食できた時の写真。さすがイタリア料理の本場、おいしそう~。

イタリア③ 市場 IMG_0152

市場?の様子。にぎやかな感じです。
買い物はもっぱらカルフールだったみたいだけど、妹へのお土産はお店屋さんを探した、
というのが彼らしいなあ。

イタリア④ 階段 IMG_0159

ボローニャにはいくつか斜塔があって、そのうちの一つに登ったときの階段。
すごく急な傾斜で、私の実家の松山城の木の階段を思いだすような感じです。

イタリア⑤ 階段の窓 IMG_0160

階段を昇っていく途中にも窓があったようで、外が見えます。

イタリア⑥ 塔からの眺め IMG_0167

そして、登り切ると、眼下にこの風景。
この時の、市街全体を見渡した感覚が一番記憶に残っていると言ってました。

イタリア⑦ 下宿 IMG_0283

基本的には日が暮れる前に下宿に戻って、夜は部屋で勉強だったみたいです。
机の上の本は、多分、マントヴァの古本市で入手した本。

イタリア⑧ 中庭 IMG_0289

部屋のベランダから中庭を見るとこんな感じ。
反対側にはベランダに自転車とかも置いてありました。
電車の中にも自転車持ち込み可能で、日本とはずいぶん雰囲気が違います~

イタリア⑨ ステンドグラス IMG_0365

ボローニャでは、美術館も無料で入れてよかったけど、教会もいくつかあってもちろん無料で見学可能。
ステンドガラスが綺麗です。さすが、カトリックの本場。

イタリア⑩ 教会 IMG_0370

教会全体の雰囲気です。天井が高いですね。
彼は中学生当時ドイツ語を学んで、ドイツのパイプオルガン奏者に心惹かれていた時があった?
ので、教会に行って、きっといろいろなことを思いだしたのじゃないかなあ~


以上、親ばか写真報告でした。
「好きなことを仕事にして食べていける」のに向けて、まだ道は険しいだろうけど、
光が見えたのが何よりです。
ナカリの光・・・は、まだまだこれからだけど。
良いところを伸ばしていけるよう、応援できる親であり続けたいです。






子どもの日常 | 19:59:40 | コメント(8)
秋のアート作品
ご訪問ありがとうございます。


鳥取地震の被災地に、友人の実家があって、心配しました。
皆さんにお見舞い申し上げます・・・


朝晩の冷え込みに、いよいよ深まる秋を感じるこの頃です。
今回のアートセラピーは、先生からの提案に沿って、
サンドペーパーにクレパスでカボチャを描きました。
ごつごつした雰囲気が出てて、ハロウィンというより、もう冬至・・・と思ってしまいました。

カボチャ


あとは、パステル画で、可愛いキノコを二つ描きました。

キノコ1

キノコ2

葉っぱの書き方が少し違っていて、それぞれに味があります。
こちらは、ほのぼの、陽だまりが感じられる秋の森・・・って雰囲気かな。

ナカリが、アートの先生とも少しずつお話しできるようになってきた様子が嬉しいです^^




ナカリの作品 | 19:10:02 | コメント(10)
恋する気持ちの素晴らしさ
ご訪問ありがとうございます。

本日2回目の投稿です。
嬉しかったことがあったので^^
リンク先のSuite Sweet Suiteさんにコメントしたらお返事がとてもうれしくて。
コメント


ナカリは恋多き人ですが、見ていると、男性女性限った話ではないと思うのです。
人が人を愛しいと思う純粋な気持ち。
それが、どんな人であれ、心から愛する気持ちを持ってくれるなら、
こんな≪恋愛≫をしてくれるなら、と、親として願う思いからコメントした次第です。

最新版のお二人の動画から音楽だけ拝借しました。
平井堅です。




元版はこちら Suite Sweet Suite
素敵な言葉とイラストが添えられています♡








未分類 | 21:43:42 | コメント(6)
相談支援の役割
ご訪問ありがとうございます。

3か月に1回の、相談機関のモニタリングがありました。
ショートステイもガイドヘルプも、手続きだけは更新しているけれど、
実際に利用するには至っていません。
一番使っているのが、この「相談支援」で、
要するに、
子どもの様子や親子の関係や、日々の出来事や今後のことあれこれを、
相談の名のもとに聞いてもらう、、という感じです。
半分自己カウンセリングのような感じ。
話しながら、説明しながら、そうだったのか、と自分で気づくことも。


今日は、親子のコミュニケーションの根っこで、なぜすれ違うのかについて、
「生物」「無生物」の区別を私がきっちりしたいために、その理屈を持ち出すと地雷を踏む
ということを再認識しました。

ナカリは幼い頃から、モノ(絵に描かれた人でも)には名前があるということにこだわりがあり、
療育に使うイラストの絵の人物一人一人に、まず名前を描き込んでいました。
(男の子、女の子、お母さん、といった抽象的な言い方が嫌だったみたいで、
○○くん、××さん、と、名前を付けて作文練習をしていました)
ぬいぐるみにも、名前を付けます。
いまだに、ぬいぐるみごっこも好きです(ごっこ遊び、見立て遊び)
絵に描かれたもの、人達に、命があるように表現します。
「~してる」「~がいる」「一緒にいる」


この感覚が、私にとっては「不自然」なので、つい口をはさんでしまうのですが、
ドクターは「聞き流して」「話を合わせて」とアドバイスしてくださいます。
それができない私の方の問題。
・・・ということに、あらためて気づかされたのでした。
生真面目というか、どうでもいいところで引っかかる私が、「話を合わす」ことに、
妙な抵抗感を持ってしまっていて、コミュニケーションがうまくいかないんだなあ。

ちょっと、そのあたりを意識して、自分で改めるようにしてみよう。
できるかな・・・うん、がんばろう。
この≪気づき≫が、今日の相談支援の一番の収穫だから。





未分類 | 13:57:08 | コメント(0)
娘と話が噛みあわない時~こちらの忍耐が切れる時
定例の書き始めになってしまっていますが、
ご訪問、心よりありがとうございます。

日常の些細なことから、なかなかそうは経験できないかもしれないという激しい騒動まで、
日々のことを書き連ねているだけなのに、全く知らない人、もちろん知人友人、が、
つたない文章を読んでくれて、繰り返し訪問してくださることに、感謝です。
書きたい、というモチベーションにつながっています。


今日は、頓服を頼るまではいかなかったけれど、ギクシャクした会話になってしまいました。

私は、物事を現実的にとらえすぎるし、説明したがる傾向が強い。
いわゆる「理屈」「理性」重視の人間です。
一方、ナカリは、感情そのもの、好きなもの嫌いなものはっきりしていて、
理屈は関係なし、自分が世界の中心にいて、世界を支配したい本能の塊です。


なので
ナカリにとってのパラレルワールドが、この生きにくい現実からのある種の避難地域だと、
頭でわかっていても、容赦なく、リアルの価値観で一刀両断してしまうことが、あるのです

地雷を踏む一言です。
彼女は、「コラボで一緒にいる」「イラスト同士が一緒にいる」この両立が認められません。

「他の人のイラストなんか見たくない!」
ひとしきり怒鳴ったり叫んだりしてから、ナカリは「悲しい」と言います。
私も悲しいです。
でも、一方で、「自分も言うたった」という爽快感もあって、自分が汚く思えてしまいます。
ナカリに話を合わせるだけで、本人の気持ちいい話題だけ提供するのはズルいと思ってしまう。
でも、過酷な現実を突きつけたところで、ナカリの苦しさは倍加するだけ。
それが、母親のやることなのか

可愛い娘なのに、こちらの話を一切理解しないで同じ話題を繰り返し、
「なんでよ!」と譲らない時、娘が平行線の向こうにいるようで、悲しくて情けない気持ちになる・・・

ああ、愚痴ってしまった・・・

自分の価値観が通じない相手との歩み寄り。
異文化ととらえて、相手を認めるだけの度量。
言葉では分かっていても、まだまだまだまだ・・・

なんだか意味もなく、急に映画「レオン」が見たくなってユーチューブで見てしまいました。

音楽だけアップします。「愛」って難しい・・・







子どもの日常 | 00:05:57 | コメント(2)
「保育所での日課表」を実家で発見!
ご訪問ありがとうございます。


帰省中に、父がアルバムに整理していた孫たちの写真を見ていたら、
保育所時代に先生とナカリが合作した日課表が出てきました。
ちょっとウルウルです。
見てやってください・・・

保育所①
保育所②


文字は先生、絵はナカリだと思います。
これを、台紙に貼りつけて持ち歩けるようにしてくださっていました。
一日の流れを、何とか定着させようという涙ぐましい努力の結晶です。
「保育所でこんな風にしてもらった」ということを、
卒園後に実家の両親に話した時に渡したのだと思います。
アルバムに挟んで大事に保存してくれていたことにも感謝。

ほんと、保育所って、遊んで食べて寝ておやつ食べて遊んで・・・だけですね(笑)
なつかしいな。
ず~っと保育所、というわけにはいかないから、そこは厳しいところだけど、
懐かしい思い出は、心をホッとさせてくれます。
亡き父へ、ありがとう。




思い出 | 19:40:16 | コメント(6)
次のページ

FC2Ad