■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

息子が帰って来て
大学院の話を聞くのは楽しいです。

研究室に机が無いので、授業が午後だと、朝、生協で食事した後の居場所に困る、
図書館は人が多くて居づらい、下宿で一人で勉強するのが一番落ち着く、と聞いて、
改めて、リアルの対人関係に課題はあると感じつつも、
いろいろな申請書類を自分で書いて、身の回りの事も自分でやりくりしているのに、
「自立してくれることのありがたみ」を感じました。

自称アスぺの先生は、相変わらずマイペースなご様子で、
本人も先生に親近感を感じているようです。
(大学院では、彼の特性について、誰にも伝えていませんが)
似た感じの人が居る、という意味では、大学院の居心地はそんなに悪くはなさそう・・・かな。

ちょうどイタリア語でペトラルカを読んでいる最中だから、と、
リストの「ペトラルカのソネット」の楽譜を引っ張り出してきて、弾いていました。




深夜のNHK・BS「ミセス・バッハ」で、バッハの作品のうちのいくつかは妻の手によるのでは?
という放送を見たので、と、翌朝、彼に伝えると、
「アンナ・マグダレーナだね。」と即答~さすが、バッハ大好き青年。
バッハの時代を含めて女性の作曲家がほとんど居なかったのは、当時、女性には楽譜の出版権が無かったから、
という話を、昔聞いたことがあったので、そんな話も混ぜながら、
音楽の話をいろいろしました。ホッとできる時間でした。

彼もここに至るまで紆余曲折、いろいろあったけれど落ち着けたので、
ナカリもきっと、彼女なりの未来を切り開いていける、と信じよう。





子どもの日常 | 18:57:10 | コメント(0)
地域の福祉郵便の記事から 「ゲシュタルトの祈り」
ナカリの後輩もつとめている作業所の通信が届きました。
その中の記事で、心に残ったもの・・・

「ゲシュタルトの祈り」
福祉の仕事の資料として配布されたものだそうですが、
初めて読みました。

「私は私のために生きる。
あなたはあなたのために生きる。
私は何もあなたの期待に応えるために、
この世に生きているわけじゃない。
そして、あなたも私の期待に応えるために、
この世にいるわけじゃない。
私は私。
あなたはあなた。
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、
それは素敵なことだ。
たとえ出会えなくても、
それもまた同じように素晴らしいことだ。」


(ドイツの精神医学者、フレデリック・S・バールズ)

記事の中にもあったのですが、一番意味深いのは最後の一行。
「出会わない、という不思議なご縁」というような形で、
出会うこと出会わないこと、どちらにも価値を置かず、
ありのままを受け入れる、という感じの意味だそうです。
記事を書かれた方は、この理解で、少し、ポジティブに考えられるようになったと。


考えてみれば、出会い、って不思議ですよね。

リアルにしか意味を置かない考え方もあるかもしれませんが、
こうやって、ネット上で、全く知らない人どうしが出会って?知り合いになる、
・・・そういうつながりが、リアルの生活にも影響を与えるんだ、ということを、
ブログを始めて1年以上たって、今しみじみと感じています。
一方、それらに、あまりに大きな意味を持たせすぎない、
流れる水のように、出会いもあれば別れもある、と、サラリと受け止めていく、
そんな受け止め方も必要な気がします。


何だか不思議な気持ちにさせられた文章でした。
心動かされたので、ご紹介まで・・・


ゲシュタルトの祈り index




読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 16:36:57 | コメント(2)
EMDRの余波
娘の事が「可愛い」という感覚を思い出せている今、
彼女を傷つけた過去に対して、私自身が許せない気持ちで爆発しそうです。
「許せない!」
この気持ちは、当時の同級生だけでなく、関わってくれた大人(先生)に対しても。

何でそんなことしたの?そんなこと言ったの?
娘に代わって私が問い詰めたい。
何でそんな見方したの?娘のこと、そんなに憎らしかったの?
娘の代わりに私が問いかけたい。

思い返すと湧き出てくる気持ちは「悔しい」に尽きる。
持っていき場のない憤り。
でも、これはこれで、自分で納めるしかないんでしょうね。

相手は忘れてるかもしれない。
相手にしたら思いがけない受けとめ方なのかもしれない。
だから、直接ぶつけることはできない。

でも、心の中に刺さった棘はぬけない。
痛い、苦しい、悔しい。

そのとき、傷ついた娘の心に本当に寄り添うことができていたら・・・。
今更に振り返る、あれやこれやで悲しくなって自分を責めてしまう。
でも、当時は当時、あれで精一杯だった。
それ以上は無理だった。
そして「今」がある。

大切なのは、これから、だから。
乗り越えていこう。


親子喧嘩の最中に「お母さんは自閉症じゃないから私の気持ちわからない!」
と言われて興奮して言い返した。
「じゃあ、取り変えてよ、私の子ども時代と!自閉症だってかまわない、ナカリの方がいい」

辛いことばっかりだった自分の子ども時代。
比較して、娘の子ども時代を倖せと感じてしまう自分がいるから、
娘に対して、妙な対抗心がある・・・この状況で何の文句があるのよ!と。

自閉症という脳の機能障害について、学んでも学んでも、まだまだ。
それをこれからまた学び直し。

EMDRをやったあとは、本人に思いがけない余波が出ると聞いていたけど、
今回、私自身に出てる気がします。


上の息子からは久しぶりの電話。
彼なりの大学院生活を過ごしているようで安心。
GWには帰省するとのこと。
家族のバランス、というのは微妙なので、
ナカリにとっての「兄の帰省」がいい形で乗り越えられますように・・・





思い出 | 23:19:32 | コメント(4)
「ご入学おめでとうございます」
通信制大学に願書を出して待つこと1週間。
親子二人宛に分厚い封筒が届きました。
その中のプリントの1枚に、「ご入学おめでとうございます」と大きく書いてあって、
それを見たナカリの顔は緩みっぱなし。
「これ、かわいい(??)」と、何度もそのプリントを見ては、
小学1年生になった時のように、無邪気に、「入学」の喜びをかみしめている感じです。
その様子をみて、「かわいいなあ~」と思う私。

たくさんの情報、山ほどの講座、そこから選んで受講登録、という作業が待っているので、
思わず目も頭もクラクラしそうですが、
とにかく最初は無理せず「自閉症の勉強」に絞って一緒にやってみよう、
と、話しています。

「無職」じゃなくて「学生」だね、と。
無邪気ににこにこしている娘を見て、いろんなこと忘れて、一緒ににこにこしています。


うちのハナミズキたちにもお祝いしてもらおう~

ハナミズキ ピンク CIMG0244


ハナミズキ 白 CIMG0234




子どもの日常 | 15:43:28 | コメント(10)
くまもん頑張れ絵、すみさんがんばれ~!
リンク先の「すみっこにあるブログ」で、
漫画家さんたちの応援活動が紹介されています。

すみっこにあるブログ

1週間たってもおさまらない余震・・・
すみさんのブログからはいろんな思いがあふれ出ています。
離れていて何にも出来ないけれど、
落ち着いた日常生活をとり戻せるように、
心からお祈りしています。



熊本出身のシンガーソングライター MICAさんが、
2013年に益城町文化会館で歌った「ありがとう」






未分類 | 19:34:46 | コメント(4)
3回目のEMDR
今週はナカリの気持ちの上がり下がりが大きかったので、
その度に、EMDRで(怒りの対象を)やっつけよう、消化して噛み砕こう、
と、声をかけ続け、満を持して臨んだカウンセリング。

今日、1時間かけて、中学の時のトラウマに向き合いました。

EMDRはすっきりするけど、思い出すのはしんどいし気が重いな~と言いながらも、
勇気を出して、よく頑張ったナカリ!
途中、カウンセラーさんも、「上手くいってるよ~」と、何度も励ましてくださり、
最初ターゲットに設定していた具体的な事例を噛み砕いた後、
引き続いて、大人(先生)不信、という部分にも、踏み込んで、
中学時代全般の問題に、一気に対峙しました。

「嫌だった!」「嫌い!」ということをはっきりと声に出して意思表示し、
その時の具体的場面を思い出しながら、
一生懸命、それに対する「受け止め方」を刷り込み(上書き?)直すのです。

~誰を信用するかは自分が決めることができる~

キーになる文章はこれです。
「自分が決めることができる」=「自分には力がある」=「他者に振り回されない」
その、確固とした自信を取り戻して、感情のコントロールを可能にする(主導権を握る)。

膝に抱いたクッションを思い切り叩きながら、「キライキライキライ!」と、怒りをぶつけて、
一息ついたら、両ひざへの刺激を交互に繰り返しながら、静かに感情の整理整頓?を図る・・・

気持ちレベルのスケール(数字で表した表)を使って、
今の気持ちはどのあたり?
と、確認していくと、最初から、少しずつ落ち着いて行ったのがよく分かりました。

前、2回かけて、小学校高学年の時の嫌な経験を消化し、
今回、中学校での嫌な経験を消化したので、
しばらくの間は、トラウマに振り回されることがないことを祈ります。




子どもの日常 | 18:43:37 | コメント(2)
私立大学の通信制に出願しました
「自閉症の勉強がしたい」と言っていたナカリの希望に合う通信制大学が見つかり、
資料を取り寄せ、夫婦で個別相談会にも行ってきた結果、
親子一緒に学ぶ、という形がいいのではないかとなり、
(実際に学んでいる親子のお話をお聞きして)
今日、親子二人分の願書を郵便局から簡易書留で出してきました。

願書を書くにあたって、現在の立場を選ぶところで
ナカリは「無職(主婦)」に該当すると言うと、興奮して「嫌だっ!」となり、
結局、「自営業(の手伝い)」という形で納めました・・・
相変わらずですが、「無職」という言葉に過敏に反応します

無事に願書が受け付けられたら「学生」という立場になれるので、
(正科生ではなく、科目履修生ですが・・・)落ち着くかな。
まずは、スクーリングのない科目から少しずつ、
親子で頑張ってみようと思います。
( 何と、この年で、我が家に女子大生?が2人誕生予定 )
「自閉症協会」には正会員として所属していますが、
「自閉症スペクトラム学会」というのもあるそうで、そこの先生が講師とのこと、
どんな勉強になるのかなあ・・・


一方で、「イラストレーター」への夢も口にし続けているので、
以前コメントでアドバイスをいただいた「名刺づくり」を提案して、
発表できる様な作品を書き溜めること、HPを新たに考えること、
等、相談しています。
こちらも、無理のない範囲で、夢に向けて応援してやりたいです。



今回、最後は、ロマンチックな世界に憧れいっぱいのナカリのため。
と、熊本地震被災地の皆さんの平安を祈って・・・
映画「ニューシネマパラダイス」(ラストシーン) ↓
地上に愛が満ちますように。










子どもの日常 | 19:10:47 | コメント(2)
怖いことが起こったとき
熊本や大分で大変な被害が出ています・・・
どうか、早く余震が落ち着きますように、と、遠くから祈るしかできなくて。
リンク先の「すみっこにあるブログ」のすみさんも被災地におられるとのことで、心配です。


ナカリは、それとは別に、胃腸炎にかかって、一昨日からお腹痛で横になっていました。
心配がりやで不安になりやすいナカリなので、
私も一緒に側について、テレビもつけず新聞も見ずにいたので、
世の中がビックリしたのと、タイムラグがありました。
すみさんのブログを見て、あわててコメントを送った次第です。

ナカリの方は、昨日一日家で体調をみていましたが、
やっぱりお腹痛い(半分、神経痛かもと思いながら)、と言うので、
今日、近所の内科に連れて行きました。
待合室ではテレビで地震の様子が報道されていて、私もナカリも見てびっくり。
帰宅してからも、思わずテレビをつけてしまいましたが、
不安を高じさせてはいけないので、今は消して、静かに過ごしています。

過去記事「 Watashi 」の最初のページ ↓

こんな人 1 CCI20150316_0000

・・・なので、「地震」という言葉に反応してしまうからです。

かくいう私も、一時、パニック障害に陥っていた時には、
通勤で地下鉄に乗るたびに心臓バクバク、一刻も早く地下から出たくて、
可能な限り地下では近道を通っていました。
人間の感情って不思議で、今は地下鉄も平気で乗り降りできていますが、
あの時期は「怖い」という気持ちが押し寄せてきて本当に辛かった・・・
そのことを思い出しました。

怖いことが起こったときに、どう冷静を保てるか、上手く感情の処理を出来るか、
いざという時のためにもう少し準備が必要だ、と、今回改めて実感させられました。
(避難訓練だけでも不安になってしまうナカリなので)

ハザードマップならぬ、緊急時対応表、を作っておいてやらないとなあ・・・
(でも、その「準備段階」で既に不安になりそうなところが難しい~)
とりあえず「災害用伝言ダイヤル(171)」の使い方は一緒に確認しておこう!







子どもの日常 | 18:02:48 | コメント(4)
パラレルキャラで遊ぶ 8
帰宅して早々、昨日は朝からナカリともめてしまいました。

彼女の脳の中で「ほんと」と「うそ」という言葉が、一般の意味以上に重くて、
パラレルワールードのキャラと自分の写真とのコラボで「している」ことは本当に「している」のに、
「してない」と評価されたと感じたり、「合成」「うそ」という言葉を聞いたりすると、
過剰に反応し、怒りが噴火します。
話しているうちに、こちらの頭もゴチャゴチャになって、
もう勘弁して状態。
ギャンギャン泣き叫ぶナカリに頓服を飲ませて、努めて冷静にと心がけるも、
売り言葉に買い言葉で、ついこちらもテンションが上がってしまい、
結局いつもの怒鳴り合い。
今回、破壊や自傷行為には至らなかったけれど、落ち込みました(涙)

イメージの世界にどこまでリアルを求めるのか、
難しいですね。
話を合わせながらも、ある程度は区別をつけて欲しいと思う気持ちから口を滑らすと、
壊れやすい、傷つきやすいパラレルワールドが危機に瀕している!と
彼女の頭で緊急サインが鳴り始めるようです・・・


その、パラレルキャラとのコラボ。
もう8回目になりますが、改めて見てみました。
全て彼女一人で作り出したモノなので、私から見ても新鮮で、
そりゃあ、この世界がリアルで、3次元になってアニメのように動いてくれたら・・・
と思うだろうなあと、彼女の無茶な願望にも少し共感できたり・・・

しばし、その世界にひたってみます。

エイトニング 戦闘態勢 CCI20160414_0000

アートセラピーの先生からのアドバイスで、
カッターを使って葉陰に写真を差し込んで立体感を出しました。
戦闘態勢のエイトニング。敵は誰かな?


エムス、エンリー CCI20160414_0001

こちらでは、エムスとエンリーがゲームキャラのリンクと戦闘中。
写真やイラスト以外に、ゲームの画像も取り込んで、世界が広がります。
ここは「ハイ〇ル平原」?


エリスタル、ウルフ CCI20160414_0002

月が背景、となると、狼ですね。
エリスタル(狐)の後ろに立つのは、パラレル界の獣人ヒーロー、ウルフ。
エリスタルの全身スーツにちょっとドッキリ。


エリスタル、トゥトゥ CCI20160414_0004

同じエリスタルでも、相手がトゥトゥだと、こんな感じ。
髪型がモデルのゲームキャラ「クリスタル」に近づくように、少し写真に手を加えています。
トゥトゥはムーンポリスのマスコットで、いち早くナカリの感情の変化を察知する、可愛い犬です。
この背景は実写。実家の屋上で撮りました。古びたところは、まんま・・・です。


エムス、えりずきん、しずえ CCI20160414_0003

不思議な背景に、エムスとえりずきんちゃんとしずえさんの3人。
ハロウィーンかな?と思ったけれど、それとはまた違う感じ。
3人の取り合わせも不思議だったので、ナカリに聞いてみると、
パラレルのフォックス、ファルコ、ウルフの3人に対応しているそうです。
パラレルでの男子会()で、それぞれが思い描いていたキャラだとのこと。
(男子会というのは、任天堂のゲーム「トモダチコレクション」からのネタです。)


エリーゼ、ジャスティス CCI20160414_0005

後半はカップル(ふるっ!)シーン連続です。
クリスマスムードのハートの下にはエリーゼとジャスティス。
生真面目なジャスティスらしい寄り添い方(エスコート?)です。


エリーゼ、カルロス CCI20160414_0006

一転、海と空の青が似合う褐色の肌のカルロスは開放的。
エリーゼにぴったりくっついて、幸せそう。
高台からの眺めは気持ちいいだろうなあ~
風、を感じる一枚です。


エコタン、レオン CCI20160414_0007

ちょっとオシャレなエコタンの横にはレオン。
土手の上に向かう階段かな?周りはどんな景色なんでしょうか。
二人でこれからあたりを散策?
レオンが「ねえねえ、これからどこ行こう?」とでも話しかけてるみたい。



以上、パラレルワールドで遊ぶナカリの姿でした。
リアルでもずっと、こんな感じで幸せオーラが出てくれたらいいんですが・・・




ナカリの作品 | 14:25:24 | コメント(8)
「瀬戸の夕暮れ」
帰省しても、あれやこれや事務的なことに追われて、
入院中の母とは、なかなかゆっくり話せませんでした・・・が、
もしもの時にだれに連絡してほしいか、は、住所録を見ながら確認できました。

そして、「自傷行為」について思い出話として、それとなく尋ねたところ、
母は、
それを見ていた子どもの私がどんなに怖かったか、嫌だったか、ということは
想像したこともないかの様子で、
昔自分がどんなにひどい自傷行為をしたかを懐かしそうに?話しながら、
=当時自分がどんなにしんどかったか辛かったか、を再度語る・・・という形になってしまい、
多少、認知症の兆しもあるので、今更話を蒸し返す気も失せて、その話題は終わりました。

以前カウンセラーさんが整理してくれたみたいに、
これは「母の問題であって、私の問題じゃない」ということを、自分自身に言い聞かせて、
過去を乗り越えていくしかないかな。

どんどん記憶力が衰えていく母と話しながら、
この先どんな風に母を愛せるか問われるような気がして、
帰りの飛行機では少し気が重くなりながら、
眼下いっぱいに広がる大阪平野の夜景を見て、
さあまた、日常に戻らないと、と気を引き締めたのでした。


で、無事に頑張って留守番していたナカリに出迎えてもらって、
(確かに、離れて過ごすとリフレッシュになる!)
自分の居場所はここ、と、実家よりも自宅が「いえ」だ、と感じられたのが幸せ。


飛行機の中からとった、瀬戸内海に沈む夕日です。

夕暮れ① CIMG0232

夕暮れ② CIMG0233

地球は丸い~と改めて思いました!

そして飛行機を発明した人、スゴイ!





未分類 | 00:02:16 | コメント(4)
次のページ

FC2Ad