FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

4月のアートセラピー
こんにちは、または、こんばんは。
来てくださって、ありがとうございます。

気温の変化に戸惑うばかりのこの頃ですが、
今日はぽかぽか春の日差しが戻ってきました。

昨日は、今年度初めてのアートセラピー。
ナカリは、カゲウラさんのマスコットに、
最近お気に入りの鬼滅の刃キャラ(不死川実美さん)のぬいぐるみ、
を合わせて、二人組をモデルに選択。
久しぶりにパステルを使いました。
2021年4月アートセラピー 

そのあと、先生から、パステルの技法をいろいろ教えていただき、
出来上がったのがこちら。
2021年4月アートセラピー2 

光の加減でうまく写真が取れなかったのですが、実物はもっと春らしい華やかな色合いです。
最初は白抜きのハートだけでしたが、
赤いハートをずらして重ねて描き入れたので、寄り添う恋人っぽい雰囲気の絵になりました。

休憩をはさんで、ハガキ大の紙に、同じ方法で描いたものがこちら。
2021年4月アートセラピー3 

右側の、シャープな白い線は、押え紙がずれて偶然できた隙間だそうですが、
先生曰く「ハートに刺さる矢、みたいになったね」
言われてみるとそんな感じ?
パステルの粉を指で広げた雰囲気も、勢いがあって、元気な感じです。
左側は色が混ざり合って、なんだか不思議な雰囲気。
それぞれアップで見ると、紙の質感がパステルにぴったりで、
なかなかの力作だと感心しました。
2021年4月アートセラピー5 
2021年4月アートセラピー4 

表現する、ということは、気持ちの開放につながるので、
ナカリにとっても大事な時間だなと改めて思いました。


アキちゃんも元気です。
タブレットをナカリの手のひらから食べる時に、
自分の手もナカリの手の上に乗せて、一口食べるごとにナカリを見るので。
握手してるみたい、可愛い、と、ナカリが喜んでいました。
アキちゃん307 

アキちゃん、ありがとう。
花粉がもう少し落ち着いたら、また散歩に出かけたいなと思っています。
今日もありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


ナカリの作品 | 12:59:58 | コメント(4)
生身の人間は苦手でも。「創作活動」で繋がれる (追記あり)
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

この間の記事でご心配おかけして申し訳ありません。
身近なママ友たちが、ブログを見て心配して連絡をくれました。
拍手コメントで何人もの方がお声をかけてくださいました。
全てに応えられなくて、まだ気力が今一つ湧いてこない自分を歯がゆく感じながらですが、
どうかお許しください。


ナカリは着々と自分のブログを更新しています。
そこで紹介された作品を、こちらでも。

当事者会で描いたイラスト2枚
2021年1月パオさん JPG

2021年1月パオさん2 JPG

2月のアートセラピーで描いた作品2枚
2021年1月アートセラピー 

2021年1月アートセラピー2 

コロナ禍の中、太陽のもとに引き戻してくれるような作品に、我が子ながら感謝。

リンク先の「Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet」さんで知った動画がきっかけで、
横山玲奈さんのコンサートチケットを入手し、一人で聴きに行ってきます。
リフレッシュ、とともに、エネルギー注入されたらいいな。
1月19日の朝日新聞夕刊に紹介記事が載っていました。
<イタリアの病院に音が降る>
ナカリは、人間そのものは苦手ですが、自分も創作活動をしているし、
人の芸術表現には癒されると思います。

横山さんの動画を貼っておきます。


引き続き、コメントを閉じていてすみません。
もう少し回復のための時間をください。

今日も最後までありがとうございました。
(ブログ開設7年目突入で、訪問してくださった方が、のべ10万人を超えていました。
ただただ感謝です。履歴からまた、ゆっくりと、伺わせていただきます)


追記
横山さんのコンサートに行ってきました。
母が旅立つときに枕元で流していたアヴェマリアの旋律に涙が出ました。
イタリアの病院の屋上で流れたモリコーネの「ガブリエルのオーボエ」も、
バイオリンのソロだけでなく伴奏にピアノが入ることで、さらに深く心にしみました。
オーケストラバージョンを追加で貼っておきます。
映画「ミッション」のために作られた曲だそうで、キリスト教布教伝道と、植民支配、
という歴史も含めていろいろ考えさせられます。
良ければ、オーボエの音色もお届けしたくて。


この間の取り組みの経緯について、横山さんご本人のお話もYouTubeで聞くことが出来ました。
生演奏と生のお話も聞けて良かったです。
感謝を込めて




ナカリの作品 | 20:53:40
11月のアートセラピー
こんにちは、または、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

先月のアートセラピーが終わる時に、次に何を描こうかと話した際、
「アキちゃん」と決めていたので、
どのポーズを描くか、何度も写真を眺めていたナカリです。

選んだのはこちら
アキちゃん287 
きりりとした立ち姿です。

気合が入っていたので、水彩色鉛筆を使ってぐいぐい描き上げました。
2020年11月アートセラピー 
ウサギの爪、って、意外と鋭いんですよね。
土でも藁でもホリホリ掘りまくるみたいで、
下手をすると人間の手も引っかかれることがあったりします。
なので、ナカリの絵のアキちゃんは尖った指をしています。
ナカリにとって、爪の印象が強かったんですねー。

休憩を挟む前にもう一枚。
2020年11月アートセラピー2 
かまくらに両手を置いてちょこんと立っていた時のアキちゃん。

先生がおっしゃるには、1枚目で随分気合を使ったので、
2枚目は少し疲れた様子もあり、絵に対する思い入れの強さが違う感じでした、とのこと。
かまくらとアキちゃんの色合いが同じだったので、
私が最初見たときには、「かまくら」だと認識できませんでした。
なので、先生が帰られた後から、もう一度手を入れて、かまくらに線を描き足した次第です。
(先生も気になってはいたけれど、本人が疲れ気味だったので指摘せずにおられたそうです)

でも、どちらのアキちゃんも、とてもリアルで愛情がこもっていて、
絵から飛び出してきそうな感じ!
自分で選んだモデルを絵に描くのって、嬉しい、楽しい、というエネルギーが伝わってきます。


休憩後に描いたのは、自由な線をぐるぐる。そこに、音符や記号、生き物たちを描きこんで、
最後に背景だけ、筆を使って水彩の形に仕上げました。
なもちゃんの左下に居るのは、初登場リアルナマケモノさんだそうです^^
(先生からのアドバイスで、生き物たちは色鉛筆のタッチのまま残しました)
2020年11月アートセラピー3 
いつも料理を教えてくれる友人に写真を送ったら、
音楽が聞こえてきそう!とほめてもらって嬉しいナカリでした♪


アキちゃんは、ぐんぐん育って体重が2キロを超え、小型犬や猫より大きい~
ちょっとダイエットが必要と言われているので、なるべく外遊びで運動させるようにしています。
でも、ナカリが横になっていると、お腹に乗ってきて、自分もくつろいでしまう(笑)
アキちゃん288 
アキちゃん289 
ウサギは高いところに上るのが好きだそうで、
ハウスやかまくらやトンネルの上にも、よく乗っかっています。

おやつはもっぱら、乾燥させたブロッコリー、イチゴやニンジンの葉っぱ、または、おから・・・
大好きなドライフルーツはしばらくお預け状態です。
さあ、次の体重測定で、前より減量できているかなあ、ドキドキ。
家族も一緒にダイエットがんばるから、がんばれ、アキちゃん!

ナカリにとって、リアル世界につながる大きな「窓」になっているアキちゃん。
来月は誕生月で、もうすぐ2歳になります。
どうか長く元気でいられますように、ナカリの側に居てくれますように。

今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



ナカリの作品 | 11:52:45 | トラックバック(0) | コメント(16)
「外の世界」との共存&10月のアートセラピー
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

あっという間に10月も半ば近く。
ひとつひとつ段階を踏んで、いよいよ実家の最終処分まで半月あまりになりました。
この数日の帰省中のことはナカリがさっそく自分のブログに書いています。
そこにもイラストが載っていますが、
土曜に地上波で放送されたアニメ「鬼滅の刃」を、悩んだ末に見たナカリ。
結果、見て良かった、鬼滅の刃、好きになったかも、と、
帰省中の私のところにLINEが来ました。、
それまでにも電子図書を親子で一緒に読んで感動したのと、
ガイドヘルパーさんが自分で描いたイラストを見せてくださったのとが、
アニメを見る下地になっていたのですが、
外の世界からの刺激で心が不安定になりがちなナカリとしては、
母抜きにアニメを見て大丈夫かなと不安も大きかったようです。
でも、そこを一歩乗り越えさせてくれるだけの力がある作品だったので、
結果、
「同じものを好きな友達と、お話してみたい」という気持ちも出てきたのが、大きな変化!
支援学級時代の友達のお母さんたちを通じて、友達たちが作品を知ってるかどうか、
二人ほど尋ねてみたら、二人とも知っていて、映画を見に行くつもりだとわかりました。
「映画、私も気になるなあ」と言いつつ、
人混みが苦手なナカリには、映画館のハードルは高すぎるので、
一気に目標ラインをあげ過ぎず、
まず、少しずつでも友達と「外の世界の作品」について「お話」できることから・・・
と、慎重に、外の世界との共存を進めています。

ナカリのブログに載っているイラストは「模写」に近いですが、
パラレルバージョンの名前を付けたぬいぐるみを描いたイラストは、こんな感じ。
鬼滅の刃 パラレルキャラ 
左から、バタフリーちゃん、カレッジ君、まつりちゃん、です。
自分だけの世界に取り込んだキャラと、
外の世界のキャラとを、うまく共存させながら、
リアルの友達との会話にも生かすことが出来たら、大きな一歩です!
これからが楽しみになりました。


そして、今日のアートセラピー。
当事者会で作った「マーブル画」をもとに水彩色鉛筆を追加した作品二つ。
2020年10月アートセラピー 
最初は、大きな紙の真ん中に、マーブル画を張り付けて外側に描き足しました。

2020年10月 アートセラピー2 
そのあと、はがきサイズのマーブル画そのものに上から描き足した作品。
こちらは、元の絵柄が見えなくなってしまって?、サイズ的にちょっと読みを誤ったかなと。

でも、そのあと、勢いが出てきて、水彩色鉛筆オンリーで大きな紙に自由に描きました。
2020年アートセラピー3 
思い切り好きなように絵を描くと、気分も晴れやかになるようで、
出来上がった作品を見て満足そうな様子でした。
水彩なので紙が反り返りそうになるのを、先生が裏側から水だけ塗ってくださり、
うまい具合に仕上がりました。

その後、
休憩をはさんで、今度は久しぶりにパステル画にチャレンジ。
ぐいぐいと描き進んで、白い部分にも色を塗りこんで、出来上がった作品がこちら。
2020年アートセラピー4 
オレンジを基調にしているので、なんだかミカンがいっぱい見えるような気も(笑)
力強いタッチの笑顔に、何だかエネルギーが感じられて嬉しくなりました。

4日間の留守番を乗り越えたナカリのたくましさが伝わってくるみたいです。
次回は、ウサギのアキちゃんをモデルにしようか、とお話して、先生とお別れしました。
アキちゃんの耳掃除の様子を描けたらなあ、と話しているので、
タイミングを見て、上手く写真を撮らなくっちゃ!

いろいろありますが、なんにしても、一つ一つ。
急がば回れ。
手首の骨折から教えられた数週間です。
最後まで気を抜かずに、あとひと踏ん張り。

バタバタの毎日で、ゆっくり訪問もコメントもできていませんが、もう少しお時間くださいね。
今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


ナカリの作品 | 17:58:11 | トラックバック(0) | コメント(6)
ギプスから母のサポーターへ
こんにちは、または、こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

朝晩、随分涼しくなってきました。
実家から持ち帰った(なんでそんなもの?という突っ込みは置いて)母の高校同窓会はがきに、
芭蕉の句が載っていました。

この秋は 何で年寄る 雲に鳥

そして、「80が近づくほどに芭蕉の心情が身にしみますね」と。
私は、同窓会にはほとんど縁のない生活をしてきましたが、
父母は、ことあるごとに「同窓会」なるものに顔を出していました。
同窓会当日の写真もそれぞれ何枚か残っていて、
「子どもの知らない親の世界」を垣間見るような不思議感があります。

父が亡くなった後は、年賀状もほんの数枚、という状態でしたが、
時々父母から名前を聞いたことのある「親の友人」の存在について、
私自身、意識的に話を聞いて、その方の事や親との関係などを把握していたら、
それぞれが亡くなった時に、もう少し丁寧に連絡ができたのになあ、と、
今になって、少し心が痛みます。

まあでも、親は親、子どもは子ども、で、別の人格として、人間関係を持つものなんでしょうが。
(我が家の子どもたちは、そこがなかなかしんどくて、社会人になった息子はともかく、
ナカリについては、私が把握していない彼女だけの人間関係、というのが皆無です。
でも、メールやLINEでつながれた、大人の友達?、は、私が関与しない彼女だけの関係。
そういう関係を作れたことに、しみじみと感謝している次第です。)


かくいう私自身、今回実家を最終処分するにあたり、
思いがけず、古い友人の家庭の事情(我が家と似た状況)を知ることになり、
実家に泊まれる間にどうしても会っておきたく、思い切って連絡を取りました。
来月、顔を合わせることができたとしたら、40年ぶり?
電話の声は変わらないけれど、お互い年取ったねえと驚くだろうと、今から心騒ぎます。


手首の方ですが、1か月ぶりにギプスが取れて、
しわだらけで、おばあさんのようになった自分の左手と対面しました。
人間の体ってすごいなあ。
使わなければ、筋肉は細って、関節も固まっていくそうです。
動かすと痛みがあるので、1週間様子を見て、必要そうならリハビリしましょうか、と先生。
ギプスをはずすと、ふにゃふにゃで力が入らないので、
母の遺したサポーターをはめて過ごしています。

ギプスを外す日、病院に向かう途中、遠回りして久しぶりの公園、を通り抜けました。
2020年9月公園 
誰もいない、寂しい広場、ベンチ、遊具。
子どもたちが幼いころからの思い出の場所ではあるけれど、
来たのはいったい、いつ以来だろう?

80はまだ遠いけれど、芭蕉の句が思い出されて身にしみました。

ナカリは波はありつつも頑張ってくれています。
昨日のアートセラピーについては本人のブログで報告しているので、
当事者会に行ったときに描いてきた「日めくリップ(久しぶり!)」を紹介しますね。

2020年9月日めくリップ2 

2020年9月日めくリップ

2020年9月日めくリップ3 

どれも、それとなく「秋」を感じさせられる作品です。
暑かった夏も、もう終わりが見えて、季節が移っていくんだな。

そうやって、時を重ねて、人も動物も生き物みんな年を取って、いつか土に返って、
受け継がれるものは受け継がれて、変わらぬ時の歩みが続いていくんだな・・・

アートセラピーで、モデルになったアキちゃん
アキちゃん279 
アキちゃんを通して「愛おしい」感情をしっかり学んだナカリ。



雑事に追われることは仕方ないけれど、
大切なもの、ひと、こと、に向き合う姿勢は崩さずにいなくっちゃ。

このところ毎週「土曜は寅さん」シリーズを夫が見ているので、
さくら役の倍賞千恵子さんと画面越しにお会いする機会が多くて、
兄妹という設定が我が家と同じで(状況は違うけれど)、二人仲良くねと祈りながら。



今日も最後までありがとうございました。
大詰めの片づけに帰省してきます。実家とさようなら迄、カウントダウンスタートです。


猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



ナカリの作品 | 10:35:04 | トラックバック(0) | コメント(14)
次のページ