FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

3ヶ月お風呂を拒否した幼い頃のナカリと、家風呂に入れなかった亡き両親と
こんばんは、または、こんにちは。
見つけて、心にとめて来てくださってありがとうございます。

長かった帰省から戻ってきました。
無事にペットホテルで過ごしたアキちゃんを、夕方お迎えに行ってきて、
帰宅後もいつもの元気な様子で、よく食べよくウンチしてくれて一安心です。


ところで・・・
少し前の記事で、にほんブログ村のバナーの話を書きましたが、
今日「自閉症スペクトラム」ジャンルを見たら、別の方の、
「お風呂に入れなくなりました・・・」という記事が一番注目、になっていて、
思わず、ナカリの子どもの頃を思い出しました。

ナカリの場合、結局、確たる理由は不明のままでしたが、
保育所時代の冬場、どうしてもこうしても入浴を拒否し続けて3ヶ月
寝ている間に体を拭き、髪の毛を「水の要らないシャンプー」でとかし、
その間にも、色んな人に相談し、
最後は、当時気に入っていた「ぽぽちゃん人形」に水着を着せて浮き輪を持たせ、
それと同じスタイルで、自分もプール用の浮き輪を持って水着を着て、
「ぽぽちゃんと一緒に」なんとかお風呂に入れた時の感動!

その後は夢のように無事に入浴オッケーになったわけでしたが、
今振り返って本人に聞いても、なにが嫌だったのか分かりません。

相談員さん達とも、
浴室の温度の問題なのか、服を脱ぐという仕草なのか、あれこれの可能性を考え、
いずれにしても、なんらかの「ハードル」が、
通常私たちが考えられないような形でナカリの前に立ちはだかっていて、
それを超えることが、どうしてもできなかったのだろう
、と。
(当時はまだ、感覚過敏、という発想が出始めた頃で、何もかも手探り状態でした)

そんな中、
「ぽぽちゃん人形といっしょにお風呂に入ってみたら?」という提案は、
ナカリの幼なじみでダウン症を持つ友達のお姉ちゃんが、してくれたのでした。
・・・なつかしいなあ。
4977489016050.jpg
(当時のぽぽちゃんは、オレンジ色のセパレート水着に真っ赤の浮き輪でした。
時代が変わって、随分カラフルになったな~~)


あの当時の悪戦苦闘の毎日を思うと、
今回、アキちゃんをペットホテルに預けて、家族4人で長期帰省が出来たこと自体、
本当に感謝です。
今、日々が苦難の中にある後輩ママたちにも、いつか穏やかな日が訪れますように。

ナカリ自身も、いまだ、外食や外出、公共交通機関の利用、にはハードルがありますが、
それも、ひとつひとつ、1回1回、乗り越えながら今に至っていることの重みをかみしめます。

ついでにいうと、
帰省中、過ごした、実家のお風呂は水(それも、若干濁り水)しか出ません。
子どもたちには、湯船に少しの水をためて、
鍋で沸かしたお湯を何度か継ぎ足して行水してもらいました。
この「お湯が出ない」、という状態は両親が存命だった頃からのことです。
「お風呂」という言葉で、改めて、「好きな時に家のお風呂に入れる幸せ」
について、ナカリに話をしたのでした(両親はそれが出来なかったので)。
ナカリと話す中で、「おじいちゃん~、おばあちゃん~」と涙目になりながら、、
世の中にはいろんな不自由があって、感謝すべきことに気づかないこともあるよね、と。


人に対する不信感や、「悪意の人」の存在を感じてしまう腹立たしさや苦しさを、
過去を振り返る度に、私自身も感じてしまうので、
母が好きだったマイケル・ジャクソンのあったかい歌を貼っておくことにします。



帰省中のあれこれはまた改めて。
今日はお風呂の思い出だけですみません。

最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


思い出 | 02:13:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
振り返れば、明けない夜はない
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。

波乱の生活介護所見学から、今週は、体験の段取りまで整いました。
ナカリが自分から興味を示してくれたので、ドキドキを乗り越えて、
良い経験になりますように・・・

この間、私が書いたブログに対して、
たくさんの方があたたかいメッセージを伝えてくださり、
身近な友人たちが気にかけて連絡してくれて、
申し訳ないとともに、ありがたさで胸いっぱいの数日間でした。

また、先週末には、
今まさに子育て真っ最中の後輩ママさんたちとお話しする機会もあり、
一緒に連れてこられていた3才の娘さんの様子が、昔のナカリに重なって、
どんなにか毎日大変だろうと思いながら、
自分自身に対しても、
よくまあここまで辿り着いてきたものだと、
長かった過去を改めて振り返らされる思いでした。

ちょうど、夫が買ってきて渡してくれていたマンガ
(↓ 下記をクリックすれば、試し読みページが開きます)
「ムーちゃんと手をつないで~自閉症の娘が教えてくれたこと~1巻」(秋田書店)
も、手元にあったので、
読み返してみて、重なる想いに涙涙・・・
2巻が7月に出る予定と知らなかったので、次もぜひ読んでみたいと思います。

ナカリの自閉症との付き合いは、この先もずっと続くのだけれど、
年月を重ねる中で、確実に成長しているのだから、
ゆっくり、しっかり、一歩一歩踏みしめながら、前に向かって進んでいこう。

まだ、少し、疲れ気味ではありますが、
前に光は差していると、思えていることに、感謝を込めて。



がんばりすぎないように、でも、がんばります。
見てくださった皆さんに、心から、ありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


思い出 | 23:19:01 | トラックバック(0) | コメント(13)
母の居ない母の日、3回目、を前に
こんばんは、または、こんにちは。
見つけて、心にとめて来てくださってありがとうございます。

昨年の今頃の記事を振り返って、
ああ、もうすぐ父の命日(4年目)なんだ、と、しみじみしています。

他の方のブログを訪れて、いのちについていろいろと考えながら、
自分が書ける記事って何だろう・・・と。

今日も、アキちゃんとの外遊びを楽しんで、
ナカリが何度も「触れる~あったかい~」と、アキちゃんをナデナデしている姿に、
なぜだか胸いっぱいになった夜でした。

今日の昼間に、近所の園芸店でいろんなお花を買ってきて寄せ植えにしましたが、
母が花好きだったことや、母の日が近づいてきていることもあってか、
少し心が揺れています。

クリスチャンだった母が、生前身につけていたネックレスを私に譲ってくれたものの、
なんだかそれが重たくて、意図的に外してしまったことが、
なんとなくずっと気になり続けていたところ、
先日、訪れたゴスペルショップで、
自分の誕生石に似た色の十字架型のネックレスを見つけて、
思わず衝動買いしてしまい、
以来、ずっと身につけています。
2019母の日2 

そして、母が大好きだった聖書の「愛」に関する文章を記したフレームも一緒に購入。
以前買っていた十字架とともに、台所に置きました。
2019母の日 jpg

連休最終日に、夫がナカリに「トトロを見ようよ」と誘って、
父娘二人で一緒に見ている間、私はパソコンに向かっていたんですが、
映画の後半、
サツキちゃんが「お母さん、死んじゃったらどうしよう~~」と泣き出すシーンに、
恥ずかしながら、
母の死(母との永遠の別れ)を覚悟した時に台所で一人涙が止まらなかった記憶が
鮮やかに蘇り、
それが現実のものになった今でも、改めて胸を締めつけられる気持ちになりました。
さらに、ナカリがまさに同じセリフを繰り返しながら、
私に抱きついてきてくれたことを、感謝以外ないという気持ちで受け止めています。


ゴスペルショップで買ってきた本2冊。
2019母の日3 
私はまだ「クリスチャン」ではないけれど、
中身を見て、自分なりに書けそうだと思って購入したエンディングノート。
遺される側の気持ちを嫌というほどかみしめた経験から、
我が子たちにはちゃんと書き残さないと、と思っています。

そして、もうすぐ目の前に迫ってくる60歳という年齢を前に、
年をとることはそんなに悪いことではない、と、改めて感じることが出来た本・・・
「わたしはよろこんで歳をとりたい」イェルク・ツィンク(こぐま社)

この本の中の一部分
>・・・祖先たちが語り伝えた よい言葉がある
 彼らは別れを告げるときに こういったものだ
 「お幸せにね」という 祝福の言葉だ

>・・・こうして人生は 愛のうちに終わるが
 もっとも素晴らしいことが この去ってゆくものには与えられる
 それは 残されたものたちに
 祝福を与えるひととなれることだ



この文章を読んで、思い出したのは、母ではなく、父でした。
母の最期は、私にとっても(おそらく母にとっても)不本意な形だったので、
今でも胸が苦しくなります。
それは、心臓病に加えて「認知症」という母の心身の問題と、
帰省のタイミング、という不可避な問題によることでした。
逆に、父の最期は、思いもかけないほどに、穏やかで愛に満ちたものでした。
若い頃、決して好きではなかった、許せないと思った父が、
亡くなる直前に見せた姿は、
どんな風に世を去ることが後に遺される人にとって救いになるか、
を、体感させてくれたように思います。

このブログを始めてから半年足らずで、突然この世を去った父です。
病床洗礼を受けて、母の教会で私が喪主として挨拶し、
無事に看取れたという満足感は十分にあるのだけれど、
思い返せば、もっとあれこれ聴きたかった、もっと話したかった。

昭和ヒトケタ生まれの寡黙な父のことを思い出すと、
母の居ない母の日、の感慨も含めて、
5月は特別な月だなあ、と思わされています。

心臓病の母が命懸けで産んでくれた自分のいのちを、
きちんと生き切ることが大事だな。
できるだけ、元気で、ナカリの側に居て、
安心して、感謝の言葉を伝えてこの世を去ることが出来ますように。


日々の生活に潤いを与えてくれるアキちゃん。
人参型のおもちゃをかじって遊んでいます。
アキちゃん100 jpg
アキちゃん101 

今ある状況への「感謝」の気持ちを忘れることが、ありませんように・・・。

今日もありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image



思い出 | 01:04:51 | トラックバック(0) | コメント(11)
人権の町で、再びの50円自販機
こんにちは、または、こんばんは。
見に来てくださってありがとうございます。

10連休も明日まで。
駆け足で帰省していた息子も、昨日京都に戻っていきました。
今日はまだお日様が出ているので、
午後にでも親二人でガードを固めて、
ナカリと散歩に行ってみようかと思っています。
(花粉もおさまってきたようなので、人を避けて山方向にでも・・・)


これと言った予定もなく過ぎようとしている連休ですが、
途中、一度、私一人だけで遠出してきました。
昔の職場の同僚から「会いたい」と連絡があったので、
家族に留守を任せて、久しぶりになんば(三月場所!)よりも南方面へ。
初めて社会人になってから結婚するまで住んでいた下宿の近くを訪れました。

駅を降りると、<5月1日~7日憲法週間>という、
市、と、その他の団体、の名前で立てられた旗が数本はためいていて、
不覚にも、それを見てから、あ!GWは憲法週間だった、と思い出した私。
人権の町、さすがだな~。

すぐ側の自販機をよく見ると、100円と大きく書いてあるのに、
商品の前に80円70円60円50円・・・という、不揃いな値札カードが差し込んであり、
100円のものは一つもありませんでした。
50円には、やっぱり、UC●とか午●ティーとかメジャーな商品も。
一番上の「すばらしい お茶」は、初めて見ました。
「面白い恋人」並み、大阪ならではのセンス?!(笑)
50円自販機2 
ワンコイン(50円玉100円玉)だけちゃうやん、と思わずクスツとしながら住宅街へ。

記憶を頼りに下宿(2階建ての、昔ながらの文化住宅)を訪ねたら、
オシャレな外観のアパートに建て替えられていました。
路地の一本一本が懐かしく、
もう成人した後から住んでいた場所なのに、
建物の大きさや空き地の広さ、距離感が今と昔で違っていて、
不思議な感覚に陥りました。

そんな中、住宅街の中、民家の軒先に置いてある自販機のひとつに、
「オール100円」のシールに加えて
「CAN 50円~、500ml PET80円~」のシール。
50円自販機3 
こちらは50円から100円まで入り乱れていました。

今の職場がある大阪市内には100円自販機が溢れ、その中に50円のもありますが、
自宅周辺では、どちらもなかなか見かけることがないのに、
少し歩いただけで50円を二つも発見するとは(100円はもっといっぱい)、
同じ大阪でもずいぶん雰囲気が違う、と、改めて実感しました。


思い返すと、学生生活の延長のような形で仕事を始めて、
無我夢中の毎日・・・
最初はとにかく毎晩泣いていたなあ~。
連日残業、どころか、休日もほぼ無い中で、必死に働いていた頃を思い出し、
風景のひとつひとつが当時の記憶に結びついて、
なんだかタイムスリップしたような気持ちでした。

ひとしきりあちこち歩きまわった後、
声をかけてくれた昔の同僚のお宅で、お昼ご飯をご馳走になり、
昔話や近況報告でひとしきり盛り上がってから、
夕方にはもう帰途についたので、
ほんとに駆け足の数時間でしたが、
思い切って出かけてきて良かったです。


考えてみたら、
愛媛で生まれ育った期間の倍以上を大阪で暮らし、
ナカリが生まれた後は、ずっと今の家に住んでいるので、
自分にとって一番馴染みのある場所は「今居るこの場所」なのに、
今の自分を形作った、過去の場所、
というのは、これほどまでに記憶に刷り込まれているんだなあ。

昨夜見たブロ友さんの記事に、人生「あいうえお」を大事に、とあって、
愛・因・運・縁・恩
という漢字が書かれていたのを思い出します。

運と縁、は先輩ママから聞いたけれど、愛も因も恩も、なるほど~と感心。

義理人情を大事にする世界のぬくもりを身に沁みて感じながらも、
共働きの限界を感じて退職、転居。
上の息子にはかろうじて転居前の記憶が残っているものの、
ナカリは0歳だったので、写真を見せても全然「見知らぬ土地」・・・。
でも、「人権を大事にする場所」だった、という話だけはストンと入って、
パラレルワールドの中の学校名に採用してくれています。


事情を知らない人から見たらちょっと「過ぎる」くらい熱い思いの人たちが、
一生懸命、何年も何年も人権の町をつくろうと努力してきた歴史。
場所は離れても、その「恩」を忘れちゃいけないな。


対人不安に苦しみながらも「人恋しい」ナカリが、少しでも生きやすくなれるには、
人として当たり前の気持ちを大事に、助け合い、かつ、個を尊重し合える環境が必要。
今、身の周りで感じられないなら、なんとかしてそこに近づける努力をしないと、
・・・という気持ちをバネに、
くじけそうになりつつも、社協のボランティアや親の集まりを引き続きがんばろう。


アキちゃんも、引き続き爪切りの練習中です。
アキちゃん95 
膝の上でひっくり返して、爪をあちこち触っても暴れないところまで来ています。
数年前からウサギを飼っている先輩ママの話でも、爪切りは毎回大変よ~、
とのことなので、焦らず気長に。


抱っこが嫌で逃げ回る時、
お腹がすいたり構ってほしかったりでケージの中を暴れ回る時、
やんちゃ坊主になったアキちゃんですが、
すっかり脱力して、コテンと寝る姿は、何度見てもトロケます(*´ω`*)
アキちゃん96 
寝る時も、あっち向いたり、こっち向いたり。
アキちゃん97 
身体が大きくなったので、寝ると、ハウスから、すっかりはみ出ます。
ハウスの中におさまっていた頃(我が家に来て2週間、2月13日)の様子↓
アキちゃん18 
うーん、小さくても大きくなっても、可愛いです。


今日も最後までありがとうございました。
(このところパソコンのインターネット接続が不安定で、
更新や訪問が滞りがちですが、
「ぼちぼちいこか」の気持ちで続けます。
気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。)




猫バンバン img_download-logo

連休前にナカリが受診した病院入口で、
大阪府のマスコットキャラ「もずやん」が、ヘルプマークをもって迎えてくれました。
もずやんヘルプマーク 
交通機関だけでなく、病院内での啓発も大事ですね。



思い出 | 11:38:05 | トラックバック(0) | コメント(8)
ウサギに助けられながら
こんばんは、または、こんにちは。
来てくださってありがとうございます。
寒暖の差が激しいこの頃ですが、無事にお過ごしでしょうか?
穏やかな毎日をお祈りしています。


この間、ナカリと、パラレルの人とリアルの人の関係について話しているので、
ネットで、「イマジナリ―フレンド」を検索したら、
解離性障害とともに語られるものが多く、ますます頭がまとまらなくなっています。

今回初めて知った「イマジナリーコンパニオン」という言葉とともに、
大変興味深かったブログです↓

いつも空が見えるから カテゴリ*イマジナリーコンパニオン

ナカリは、好きな映画「ラースとその恋人」のシーンを思い出しつつ、
パラレルキャラのリアルドールが欲しくてたまりません。
それで、等身大カゲウラさんはその流れで私が手作りしたんですが、
いまだ満足、までには至れていません。
彼を車いすに乗せて一緒に散歩する、というのは、
ナカリからしたらNGだったので、
映画の主人公、ラースと全く同じというわけではないものの、
よりリアルに近い存在を求める気持ちは変わらず、
「恋人」という設定でのイマジナリ―フレンド=イマジナリ―ラバー、が、
ナカリの今一番の関心事であることは間違いありません。

この心理状態で、リアル生活をどう切り開いていったらいいか、
今から、私だけ相談支援機関に行って話を聞いてもらう予定です。
焦らず、急がず、無理をせず、を心がけながら、
リアルの人間関係、をどう作るか、何か光が見えますように…


ところで、ウサギのアキちゃん!
外遊びの際に、いつの間にか、巾木をガジガジかじって食べていました!
アキちゃん73 
等身大カゲウラさんの背中に隠れて、何かやっていると思っていたら、
ナカリが「アキちゃん何食べてるの!?」と気づいてくれて、
あっ!と、様子を見た時には時すでに遅し。

コラッ!だめ、と叱ったのが分かったのか、
しばし、固まっていたアキちゃん。
アキちゃん74 
こころなしか、萎れていました。
アキちゃん75 jpg
が、
やっぱり可愛い様子に、こちらの方がガード不足だったね、ごめんね、と。
ウサギはかじるのが仕事、ですものね。
外遊びの時に、コードやコンセントには気をつけていましたが、
まさか巾木をここまでかじるとは・・・
元気いっぱい、やんちゃ坊主です。
アキちゃん76 jpg


なかなか耳掃除の動画が撮れなくて残念がっていたら、
友人が、ウサギの耳掃除の様子を、昔のシャンプーの商品名になぞらえて
「ティモテ」と言うんだと教えてくれたので、検索してみました。
そうしたら、アキちゃんにそっくりのウサギさんの耳掃除姿が!
これこれ、まさにこの感じなんです。
こんなの見たら、やっぱり、メロメロですよね
(*´ω`*)


ウサギに助けられながら、何とか日々を乗り越えていきたいです。
最後まで、ありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image




思い出 | 01:39:11 | トラックバック(0) | コメント(22)
次のページ