■プロフィール

ナカリ母

Author:ナカリ母
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ショートステイがレスパイトに… 映画「ムーンライト」を観てきました
ご訪問ありがとうございます。

昨日から今日まで1泊2日のショートステイ。
カゲウラさんのマスコットが大活躍。
若いスタッフの方々にも支えられて、穏やかに過ごすことが出来たようです。
「晩御飯ですよ、電話してもいいよ」と、ご飯の写メールを送ってくれたナカリ。

私は残業して仕事をたくさんしないと、と思っていたら、
夫は「映画に行こう」と、この機会を久しぶりの夫婦の時間にしてくれました。
「夫婦50割」…水曜のレディース割引だと私だけしか適用されないけど、
二人で割引というので、こちらを使いました。いろんな割引があるんですね。

観に行ったのは、今年のアカデミー賞作品賞他を受賞した「ムーンライト」
黒人スタッフと黒人俳優ばかりで作ったそうで、新聞や雑誌で映画評を読んで気になっていた作品です。
LGBTを描いた映画として初めてのアカデミー受賞、というのも劇場に足を運んでみたい理由でした。

パンフレットの表紙
ムーンライト パンフ

3人の俳優の顔写真を合成していますが、
それぞれが3つの章(リトル、シャロン、ブラック)の主人公です。
→ 同一人物を、成長の過程で3人の俳優が演じています。

2時間があっという間でした。

翌日の朝、パンフレットを読んで、再度じっくり噛み締めることが出来た映画でもあります。

詳しくは公式HP
ここで、日本版予告編はじめ、ストーリーなど、パンフレット記載の内容と重なる記事が読めます。
アメリカ版予告編はユーチューブにもアップされています。



愛と和解、赦し、貧困、差別(いじめ)がいろんな形で表現されていて、
すべてに<救い>を見出すことが出来る、あたたかい映画でした。
音楽も、とても良かった…スタッフロールで流れるクラシック?に、
「終わっちゃった」という余韻が満ちて悲しくなったりしました。

大型スクリーンで観た印象は、なかなか消えなくて、「日常」に戻ってきにくい…
一日経っても、まだそんな感じがしています。
観る人を映像で描かれた世界に引っ張り込んで、登場人物に我が身を重ねさせる、
そういう力があったからだと思います。

こんな映画を見に行く機会を与えてくれた、という意味で、
今回のナカリのショートステイは、自立に向けた練習+レスパイト(支援者の側の休息)
…にもなったのでした。
ナカリ、ありがとう。

精神的に思春期真っ只中の彼女は、
愛って何?結婚しない人もいるの?性行為できない人がいるってどういうこと?
などなど、ストレートに、いろんな質問を投げかけてくるので、
親子で一緒に考えながら、「愛」を探し求める道の途中です。

映画の中で主人公に対して発せられた言葉
「自分の人生は自分で決めろ、周りに決めさせるな」

これが、ナカリにも重なる気がして、
彼女自身が彼女の人生を生き切ることが出来ますように、と。
また、
私自身もあれこれあったけど、自分自身が決めた人生なんだと確認出来て、救われた気がしました。

世界、って、思ったより小さい。共感することで、どこへでも飛んでいくことが出来る。
そういう気持ちを持たせてくれたのも映画の力。
うーん、この余韻はまだしばらく続きそうだ…



追記:日本版の予告もユーチューブに出ていました。

こちらは少しネタバレですが。
「泣きすぎて自分が水滴になりそうだ」というセリフを拾い上げたところに拍手。








読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:18:24 | コメント(6)
映画「ずっとあなたを愛してる」を思い出して
ご訪問ありがとうございます。

最初にご報告です。
相続で揉め事が起こった件、一緒に心配していただいてありがとうございました。
気合を入れて返信したら、相手方も反論できなかったみたいで、返済継続の形になりました。
当面あと2年間は大丈夫と思います、そのあとまたトラブるかもしれないけれど。
その時はまたその時。今は、ちょっと肩の荷がおりました。

ナカリとは、明日、一緒に相談事業所に行って、作業所の見学や体験について相談してくる予定です。
新しい一歩を踏み出せるかな・・・。
ドキドキですが、焦らず、無理せず、可能な範囲で話を進めたいと思います。
リアルの世界で、良い出会いがあればいいなあ~と願っています。

私自身は、ブログ巡りをする中で、新しい方や久しぶりの方と交流ができて、
春らしいスタートになっています。
「泣く」ことは、感情の表出なので、自然と湧き出る涙は止めないようにしよう、と、
母の思い出に絡む、介護や福祉の話題も避けないようにしています。

映画を見て涙が出るというのも、大事な体験。
新しい方が、映画関連の過去記事を見て拍手くださったのが嬉しくて、自分でも読み直したりしました。


今日の記事タイトルの映画はフランス語で、マイナーな映画館でしかやってなかったのですが、
何かの紹介文を読んで知り、夫と二人で観に行った、思い出深い映画です。

ずっとあなたを愛してる

2008年の映画で、多分、観に行ったのは2009年だろうだから、8年ほど前?
ナカリが中学時代で、まだ母が大阪に来てくれていたので、留守を任せたんだったかな・・・
あるいは上の子がまだ家に居たから、二人で留守番させたんだったかな。
うーん、夫婦で映画なんて、ものすごく貴重な機会だったのに、詳しい事情は覚えてません。

で、映画の内容ですが・・・ちょっと重いです。

予告編


親子の愛、姉妹の愛、罪と償い、赦し、を描いた映画でした・・・
原題からの「私はここにいる」というセリフが、ラストで出てきて、
その人の「存在」を認める、ということの重みが、胸に沁みました。

あと、
映画の中で、主人公の妹が大学教員として若い学生と議論している姿が印象的で、憧れたのを覚えています。
主人公は医者でしたが、息子を手にかけた罪で15年服役して出所してからは、なかなか仕事が見つかりません。
(ネタバレですが、予告編でも、そこまではオープンになってるので)
私は自営業の専従者だから、仕事しているとは言えるけれど、なんとなく中途半端な立場で、
ナカリが生まれて退職するまで公務員だった頃の事を、思い出しながら、
「働き続ける女性」に対して、いいなあ~と思い、女性が仕事を見つけて、それを続ける困難さもまた思い、
話の筋の中心から離れた部分で、「女性の生き方」を考えさせられた記憶があります。

で、ストーリーの軸は、なぜ主人公が愛する息子の命を絶ったのか?という部分。

親が我が子に手をかける心境、というものがどんなのか・・・

当時はまだ、ナカリのパニックも幼い頃の延長程度でしたが、
その後、思春期の嵐の中、暴れる我が子を抱きしめながら、一緒に死にたいと思ったことが何度も。
幸いにして、ナカリは身体には大きな問題が無かったので(若干気になる不整脈を抱えていますが)、
日常的に命の危機に向き合っている友達のお母さんの心労を見て、自分が弱音を吐いちゃ申し訳ない、
と思っては、反省、の繰り返しでした。
そのお母さんの言葉
「娘より自分が先に・・・という気持ちがどこかにあるから、自分の健康を後回しにしてしまう部分もある」
というのが胸に響いて、とにかくどうか、娘さんが少しでも長く元気でいて、と祈るばかりでした。

先の記事のコメントで、
「生きるも死ぬもお母さんは一緒だから」と伝えたことがナカリにとっては救いになる、
と言っていただきましたが、
順番的には親が先だって、子どもが残る人生を幸せに生きてくれるのに越したことは無いです・・・
これが、逆だったら、親として、どんなに辛いか、それこそ、生きていけない、一緒に逝きたい。
でも、子どもが複数だったり、配偶者が健在だったりしたら、その人たちのことも考えないといけない。


愛、は深い深いテーマですね。
久しぶりに観直してみたくなった映画です。

そんなに普段重く考える機会が無い、生と死について、も、
身近なものとして感じ続けておくことが大事かな・・・と。

病と闘っている人たち、家族、その日常が、どうか、少しでも平穏でありますように。
私も、娘と一緒に、しっかり、生きていかなくちゃ。



追記) やっぱりどうしても観たくなって、DVDを引っ張り出して、見てしまいました。
     それで、やっぱり、泣いてしまいました。ナカリを抱きしめたくなりました。
     (実際、抱きしめました)
    静かな映画ですが、ラストに向かって一気に事実が解明されていく流れの中で、
    回復の見込みがない母の延命処置を断って自然に任せて看取った自分が重なり、
    胸が締め付けられる思いがしました。
    罪と罰、刑法に関わる仕事をしている人の視点、として、弁護士さんの映画評があったので、
    ご紹介しておきます。
    庶民の弁護士 伊東良徳のサイト 映画「ずっとあなたを愛してる」



読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 18:35:39 | コメント(6)
親が子どもの世界を理解しようとすること
ご訪問ありがとうございます。


今日2回目の更新です。
夜になると、(というか昼間でも)、ふとした瞬間に寂しさがこみ上げます。
二度と通じることが無い携帯電話。
日曜日には解約のためにショップに行きます。
ほんとに・・・油断してた、慢心してた、あれほどずっと気にかけ続けていたはずなのに。
ごめんなさいお母さん。
こんな私を赦してね、見守っていてね。


親というものは、幾つになっても子どもを理解しようと努めるものだということを、
私は親から学びました。
私が足を突っ込んだ世界を、親なりに、理解しようと努力してくれた、
そのことへの感謝が今さらですが、あふれてきます。


その一つは音楽。
クラシック専門だった母が、私が聴いているビリー・ジョエルを一緒に聴いてくれた。
そして、年を重ねた後も、懐かしがって、「今日はFMで特集をやっていたよ」と携帯で伝えてくれたりもしました。

ビリーも年を取ってすっかりおじさんになったけれど、
日本の片隅で私が好きだったビリーの曲をラジオで聞いているおばあさんがいたこと、伝わるかなあ…。


特に母が好きだったのは「オネスティ」
私は、おじさんになってからのビリーの方が好きなので、そちらを先にアップ。



一応、若い時のビリーも。




で、私が好きになったきっかけは、やっぱり「ストレンジャー」

高校生の頃でした。

お小遣いを手にレコード屋に走って、新譜が出る度に楽しみに買っていた・・・
古いレコードの曲で、自分でもピアノで弾けたのは「ピアノマン」



お母さん、聴こえてる?あの、ビリーだよ。
一緒に聴いてくれてありがとうね。

明日はお母さんもよく知っていた高校時代の友人と、神戸で会ってくるね。






読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:05:46 | コメント(2)
「いのちの理由」
ご訪問ありがとうございます。

母の様子はあまり芳しくないようです。
昨日今日、叔父が泊まり込みで側についてくれているので助かっていますが、
感染症による高熱のため、また意識がない状態にもどってしまい、
本人の体力がどこまで持つか、心配です。
私とナカリは、とりあえず片道分、月曜朝出発の切符を買ったので、
来週、出来る限りゆっくり側に居てあげたいです。
少しでも回復してくれることを願いつつ・・・。


落ち着かない中、
ナカリの数少ないリアルのお友達(母と同じく心臓病の娘さん)が、
昔、発表会で歌ってくれた歌を思い出し、もう一度聴いて、ジーンとしました。

誰かを傷つけたり傷つけられたり、救ったり救われたり、
歌詞の通りだなあ、人生って・・・。

「いのちの理由」さだまさし







読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 20:03:21 | コメント(6)
追悼アル・ジャロウ氏 ウイーアーザワールドの衝撃
ご訪問ありがとうございます。

今日の夕刊で、アル・ジャロウ氏逝去の記事を見て、
頭の中で「We are the world」が鳴り続けています。

マイケルジャクソンも亡くなり、何だか今さらという感じもありますが、
私にとっては、とても意味深い一曲で・・・。
まだボランティアとかチャリティーとかいう言葉になじみが薄かった時代です。
アフリカを救えという呼びかけに多くの白人シンガーが集ったのに感動しました。
シンディ・ローパーやキム・カーンズ、ダリル&オーツやビリー・ジョエルや・・・きりがありません。


私自身にとっても英語学習の原点になっているような曲です。
感動して、VTRを実家にまで送りつけて「見て!」と言ったのが先日のことのよう・・・。


ご冥福をお祈りしながら、この曲をアップして寝ますね。








読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 00:20:30 | コメント(8)
次のページ

FC2Ad