■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

久しぶりの贅沢な読書タイム 「にもかかわらず笑う」
こんばんは。
来てくださってありがとうございます。
時間によっては、おはようございます、や、こんにちは、かもしれません。

昨日、ネット上で見つけた、7月15日の愛媛新聞の記事(地軸)、
「おはようございます。新聞です。もしかしたら、こんばんはでしょうか」
から始まる心温まる文章に、じーんときました。
「早朝から家の片付けで、読む時間がとれないのかもしれません。
/ 夜は眠れていますか?」と続きます。
その記事は、
今回の豪雨で被災した方たちの生活や思いに寄り添いながら、
東日本大震災で被災した方の句も紹介してくれていました。

「胸に住む PTSDを退治する 笑い・音楽・ひとり泣くこと」

大事にしたい、かみしめたい、想いです。


今日はナカリと福祉車両で、アートの先生のアトリエに行ってきました。
車の予約時間の関係で、いつもより30分ほど長く、先生と二人きりで絵を描いたナカリ。
その間、私はアトリエ近くのお店で、ゆっくりじっくり読書することが出来ました。
ナカリの作品の紹介は次回にして、
今日読んだ本から、書き留めておきたい言葉を。
(1冊目の内容は、ナカリと共有することもできました)

デーケン先生ほか書籍 IMG_1899

「友だち幻想 人と人の<つながり>を考える」 菅野仁・著 ちくまプリマ―新書

「気に入らない人とも併存する作法」が大切
「親しさか、敵対か」の二者択一ではなく、態度保留という真ん中の道を選ぶということ
「人には誰にでも限界がある」「いくら頑張ってもダメなことだってある」
「苦み」というものをどうしても噛みしめざるを得ないのが大人の世界
でもその苦みを味わうという余裕ができてこそ、人生の「うま味」というものを自分なりに咀嚼できるようになる
「自分というものをすべて受け入れてくれる友だち」というのは幻想
人はどんなに親しくなっても他者なんだということを意識した上での信頼感のようなものを作っていかなくてはならない
「ちょっと苦しい思いをしてみる」ことを通して、本当の楽しさ、生のあじわいを得るという経験はとても大切


少し前に読んだ、朝永振一郎先生の「滞独日記」も、思い出しました。
「ちょっと」どころではなく、こころを病む一歩手前まで追いつめられるような苦しみを経て、
研究成果を認められた朝永先生。

苦しみや挫折のない人なんていないんだよー、とナカリに声をかけたら、
人間関係についてお悩み中のナカリが、
この本の言葉を一緒に味わってくれたのが嬉しかったです。
(半面、彼女のこころを騒がせてしまった部分もあったようで、
そのことはまた改めてしっかり一緒に考えたいと思います)


そして、もう1冊は、私自身の心の落ち着きのために選んだ、デーケン先生の新刊。
「より良き死のために」 アルフォンス・デーケン・著 ダイヤモンド社

人生の締めくくりに差しかかったら、大切なのは「手放す心」
明日になれば、今日は「過去」
毎日、新たなスタートラインに立って、「いま、ここ」を大事に
悲しみを乗り越えるヒントは「にもかかわらず笑う」こと
モーリアックの墓碑銘「一つの苦しみも無駄にならず、一粒の涙も、ひとしずくの血も忘れられることはない」


そして、本の中で引用されていた
旧約聖書の言葉(伝道の書 3章1節~8節
「天が下のすべての事には季節があり、
すべてのわざには時がある。
生まるるに時があり、死ぬるに時があり、(中略)
泣くに時があり、笑うに時があり、
悲しむに時があり、踊るに時があり、(中略)
黙るに時があり、語るに時があり、
愛するに時があり、憎むに時があり、
戦うに時があり、和らぐに時がある」


父を看取って3年と少し、母を看取って1年4カ月ほど。
少しずつ悲嘆のプロセスを進んできたなあ、と実感しながら、
この先、今度は自分が去る時に向けた準備も必要と、しみじみ・・・
そして、
冒頭の愛媛新聞の記事にもあった「笑い」の大切さ。
「にもかかわらず笑う」は、今までにも何度も聞いた言葉でしたが、
再度、忘れずにいよう、と思いました。
本を読める幸せ、ブログが書ける幸せ、に感謝します。


今日は、自分のための備忘録のような感じで、
引用ばかりの記事になってしまいましたが、
最後まで読んでくださってありがとうございました。


ヘルプマーク25 28150777_1784923275136313_6757943380249935872_n

猫バンバン img_download-logo




 


読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:05:44 | トラックバック(0) | コメント(12)
障害年金現況届、と、「滞独日記(朝永振一郎)」
こんばんは。
見に来てくださってありがとうございます。

仕事が一区切りついたので、ちょっとずつ訪問してはいるのですが、
頭の中がまとまらなくて、記事が書けずにいました。

月曜に仕事から帰宅したら郵便受けに大きめの封筒が。
開けてみると、障害基礎年金の「現況届」
申請時とほぼ同様の「診断書」用書類が入っていて、
これを、7月末日までに市の窓口に提出するように、
そのために、7月中に受診して医師に書類作成を依頼するように、
といった注意書きが書かれていました。

ナカリの病院受診は、現在、3か月に1回ペース。
6月に3か月分の薬を処方してもらったばかりで次回は9月の予約です。
今朝、慌てて病院に電話したところ、
予約窓口は込み合ってなかなか繋がらず。
何度もかけ直し、急でしたが、何とか今週の予約をとることが出来ました。
近所の病院ではないし、いつも予約でいっぱいの様子なので、
連絡がつくまでは冷や汗ものでした。

ついこのあいだ自立支援医療の更新手続きを済ませたと思ったら、
また書類!
友人に聞くと、彼女の娘さんも21歳の時に現況届を受け取ったそうで、
受給開始後まもない時期に1カ月以内に診断書を、というのに当惑して電話したら、
〆切を過ぎる人が多いので7月末と書いてあるが、過ぎても大丈夫と言われ、
提出後、この2年間は届いていないとのこと。
我が家には昨年届かなかったので、今回、初めて見る「現況届」に、
しばし頭が停止状態になっていました。
今、少しずつ、エンジンをかけ直しているところです。


そんな中、
息子の呟きで知った、朝永振一郎氏の「量子力学と私」(岩波文庫)
彼が、この本の中の「滞独日記」を読みたいと言っていたので、
私も読みたくなり、相談の結果、自宅での購入を決めてさきほど注文しました。

読書メーター 量子力学と私(感想、レビュー)

多分、全体は難し過ぎてさっぱり分からないだろうけれど、
「滞独日記」の部分は、今の息子の苦悩と併せて胸に迫りそう・・・
というのも、
本が届く前に、ネットでも読めると教えてもらった下の記事を見たからです。

朝永振一郎教授の「思い出ばなし」

この真ん中あたり、第13回 第394(1963/7/10)号 1938年4月9日
から、「滞独日記」が読めます。

ひらがながたくさん入り込んだ文章に、引き込まれるように読み進むと、
まるで目の前に、悩み考え悶え苦しんでいる著者の姿が見えてくるような気持ちにさえなって、
「今日は人間が恋しくてしかたがない(9月21日)」などという文章に、胸が締めつけられました。

ちょっと、心が乱れているので、まとまりません。
ナカリの年金について考えつつ、息子の将来にも心騒がせながら・・・
先日帰省した時に息子がCDで聴いていた、
カプースチン「8つの演奏会用エチュード」を貼って、
スマホで聴くことにします。



いろいろと備忘録のようになってしまいました。
先生からの手紙を、「読んでなみだが出てきた」という朝永教授の文章に、
なみだが出そうになりました。

人生、山あり谷あり。
引き続き、がんばれがんばれ、です。
先人の姿や言葉に励まされ、音楽に癒されて、一日一日前向きに。


猫バンバン

ヘルプマーク20 index




読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 02:46:09 | トラックバック(0) | コメント(10)
「BEASTARS」と「ズートピア」
こんばんは。
来てくださってありがとうございます。

ナカリの脳内雑音が、「声」の形になってきたようで、
今日は頓服を2回使いました。
なんて言うの?と聞いても、恥ずかしい、と、なかなか答えてくれなかったんですが、
じゃあノートに書いてと頼むと文章化してくれたので、少し様子が分かって安心しました。
やっぱり、自由に想像の翼を広げたい自分、と、現実に引き戻そうとする自分、
・・・の、葛藤が起きているようです。
ほとんど自宅にこもって刺激を避けていますが、
自分自身との向き合いの時間の積み重ねの中で、
自己像をなんとかうまく「統合」できるように、と願っています。


私はというと、奥歯の食いしばりがキツクて、マウスピースが欠けてしまったため、
厚めの素材に作り直したものを、今日、近所の歯科でもらってきました。
加えて、
先週末から左耳に違和感があって、今朝チクチク傷んで辛かったので、
混んでいるのを覚悟のうえで、久しぶりに耳鼻科へ。
診てもらったら案の定「外耳炎」とのことで、塗り薬を処方されました。
首から上の不調には十分気をつけるように、と、繰り返していた母の言葉を思い出します。
用心用心。

で、横になってスマホを見ていると、期間限定無料の電子図書の中に、
今年話題になっていたマンガ「BEASTARS(ビースターズ)」があったので、
思わず読んでしまいました。
部分的にしか読めていませんが、なかなかインパクトのある作品でした。

このマンガの 特設サイト に、くわしい内容が載っています。
このサイト内でも第1話の試し読みができるので、興味を持たれた方は、ぜひどうぞ。
下の画像(登場人物…動物?)も、上記サイトからお借りしました↓

ビースターズ左 sns_back_img
ビースターズ右 sns_back_img
肉食獣と草食獣が共存する社会。
この設定、どこかで観た覚えが・・・ということで、思い出したのが、
ディズニー2016年のアニメ 「ズートピア」


ここにナマケモノが出てきたのを、ナカリも覚えていました。
外の刺激が苦手なナカリも、このDVDは見ることが出来たので、貴重な作品です。

ズートピア公式HP のニュースによると、
ほんとにたまたまですが、今週15日の金曜ロードショーで地上波初放送だそうです。

金曜ロードシネマクラブ

この映画でも、肉食獣と草食獣の「違い」が大きなテーマになっていました。
食の違い、を、異なる文化、と考えると、
「共存、共生」の在り方を考えさせられる作品で、
多彩な登場人物(動物)が出てくるのも、いいなあと感じました。
(「見た目」や「印象」と、「個性」「人(動物)格」にギャップがあることも…)

ほんとは、また、ナカリと一緒にこういう外の作品も味わいたいのですが、
今の状況がもう一つ落ち着いているとは言えないので、
無理しないようにします・・・

大人が見ても十分楽しめると思うので、
金曜日、可能な方はテレビのチャンネルをロードショーにどうぞ(笑)


ナカリが「さみしいよ~」を連発するので、べったり、が続いています。
夫婦で協力して乗り切った週末。
今週は何か月かぶりにアートの先生のアトリエへ出かける予定もあるので、
どきどきですが、出来るだけ穏やかに過ごせますように。

見てくださってありがとうございました。

猫バンバン
今日のヘルプマークは、ノンタンです(=^・^=)
ノンタン ヘルプマーク smile




読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 22:26:01 | トラックバック(0) | コメント(12)
再び「かがみの孤城」 新聞記事より
こんばんは。
今日も来てくださってありがとうございます。

ナカリの幻聴(強迫的な音)に対する手立てとして、
早めに頓服を使う、という提案で、前より多めにお薬を出していただいてきました。
今回、片道2時間の外出がしんどいナカリは留守番、
私だけ最短ルートで行って、先生と相談してきました。
ナカリが描いたイラストや、先生宛のお手紙を見てくださって、
こうして心のうちを表現してくれると、とても助かるしよく分かるね、と、先生。

「頑張ってるのはすごいけど、頑張りすぎじゃないかなあ?と先生は心配だよ、
頑張りすぎないようにね」と先生が言っていたと伝えてください、と。
ナカリに伝えると笑顔だったのでほっとしました。

音が聞こえたら即頓服!これで何とか対抗してみたいと思います。


ところで、今週月曜の朝日新聞夕刊に「不登校新聞 創刊20周年」の記事があり、
そこに、「かがみの孤城」の著者からのメッセージが載っていました。
過去記事で感想を書かせていただいたこの本 ↓

不登校という経験

そこに描かれていた、ハードないじめの場面と、
ナカリが実際に投げつけられた言葉があれこれ重なって、
改めて、苦しい気持ちになったことを思い出しました。
でも、この記事の見出しはこちら。

あなたを傷つけてきた人の事情を背負う必要ない

>「許さなくていい」
>辻村さんはこう答えた。
>「傷つけた人にも事情があるかもしれない。
>でも、その事情をあなたが背負う必要はありません」


これには思わず拍手で、ナカリに読んでやりました。
私は、今まで、ナカリに対して「いじめる側にもそうなる事情があるんだと思うよ」と、
何となく、中立的な立場で話をしてきたなと反省。
そうよね、
相手の問題は相手の問題であって、ナカリがそれを思いやる必要はないんだから。
自閉っ子は人の気持ちが分からない、と思われがちだけど、
必要以上に相手の気持ちを思いやってしまう
=自分に責任を還元してしまう、という傾向もあるから、
不必要なことまで背負わなくていいよ!という言葉は救いです。

リンク先の、「かたすみで」で、すみさんがツイートしていたハフポストの記事

理解されない苦しみ

これにもとても共感したのです。

>私の場合(中略)
>子どもの頃からの生い立ちや環境のせいで他の発達障害の人より
>相手の気持ちを多分きっと人一倍勘ぐって探って考えて考えて考え抜くところがある。
>当たってるか外れてるかは別として24時間、そのことばかり考えてしまうくらい
>考えて考えて必死に自分の脳みそをフルに使う。


発達障がいの人で、こういう風に、脳みそフル回転で「空気を読もう」「相手を理解しよう」とするのは
きっとほんとにとても苦しいだろう・・・

だから、もう、ナカリには、「他の人どうでもいいやん」の路線を貫くように、
こちらからも、ナカリ本位!を徹底するように意識したいと思います。
たとえ
わがまま、とか、勝手、とか、被害妄想、とか言われても、知らん顔しておこう!
(今まで、さんざん言われてきたんだもの!)

ゆる~~く、自分本位を貫けるようになったら、幻聴も少しは減るかもしれない・・・かな。
その方向で応援したい、と、重ねて思いました。
辻村さん、ありがとうございました!


昨日アップしたスティービーの曲で、ナカリと一緒に家の中で踊ってみました♪
病院への往復でもイヤホンで聴いて気分を上げられました。
今日も、ナカリのマスコットたちを躍らせてみました。ナカリも笑顔!
踊れる曲って、いいなあ~~(外では恥ずかしいけど)

それと、歌詞もやっぱり大事かな。
今日は、過去のトラウマに立ち向かおう!という気持ちも含めて、
Sia - Never Give Up
を貼りますね。


和訳はこちらのサイトから

Studio Webli  Sia(シーア)「 Never Give Up」で自分を奮い立たせる!

>And I won't let you get me down
 お前になんて 負けない
>I'll keep gettin' up when I hit the ground
 打ちのめされても 何度でも立ち上がるの
>Oh, never give up, no, never give up no, no, oh
 諦めないわ 絶対に
>I won't let you get me down
 お前になんて 負けない
>I'll keep gettin' up when I hit the ground
 打ちのめされても 何度でも立ち上がるの
>Oh, never give up, no, never give up no, no, oh
 諦めないわ 絶対に


この意気でがんばろう、負けるもんか!
長々見てくださってありがとうございました。

猫バンバン

ひこにゃんに続いて、今日は、くまモンです(^-^)
ヘルプマーク13 images



読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:44:18 | トラックバック(0) | コメント(10)
息子が引用した文 「世界の名著」ヴィーコの巻より
こんにちは。
蒸し暑かった数日から一転、肌寒い一日になりました。
今日も、見に来てくださってありがとうございます。


息子の様子を知りたくて、彼からの、ネットへの発信を時々見ているのですが、
昨夜書かれていた文章に、とても心動かされました。

息子からの発信
中央公論社『世界の名著』ヴィーコの巻
 清水幾太郎の「私のヴィーコ」という文章が入っている
>ヴィーコの生きた時代がカトリック教会による異端審問の時代であったことに触れて
 自分自身の体験と部分的に重ね合わせているあたりを読んでいる

として引用されていたのが、下記の文章


「私は,
今日とは違って,言論の自由の幅が狭かった時代,
それが日を逐って狭くなっていく時代に,
文章を書く以外に生きる道を知らぬ人間として暮らして来た

不注意に書いた一語によって,逮捕され,
生命は兎に角,職業,地位,前途の一切を失いかねない,
そういう時代を,
只書くことによって生きて来た

進んで権力者の欲することを書くのなら別であるが,
それから少しでも逸れたことを書こうとする場合,
どんなに一語一語を大切に扱わねばならないか

ヴィーコの気持ちが私にはある程度まで判る……

どんなラディカルなことでも,どんな破壊的なことでも,
平気で言える,書ける,印刷される今日の日本の尺度で
ヴィーコ――だけではない――の著作に接したら,
理解することも出来ず,また利益もないであろう

今日の私たちの手許にある自由は,
歴史的に見れば,極めて新しいもの,
地理的に見れば,極めて狭い地域にしかないもの,
全く例外的なもの,甚だ脆いものである

それに気づかぬ人々は,
言論の自由が失われ,万事が手遅れになった後に漸く悟るのであろう」
(pp.24-25)


ほんとに今、ありがたい時代に生きているのだなあ。
文学が、音楽が、美術が、こんなに身近に手の届くところにあって、
自分でも自由に創作が出来るなんて・・・
この自由を、大切に守らないといけないなあ。

丁寧に文章を綴っていきたい、と、改めて思った週末でした。
息子が好きなバッハのイギリス組曲。
少し前にグールドの演奏で4番を貼ったけれど、今日は2番(一部分)を、
若い頃のマルタ・アルゲリッチの演奏で。



これからも、ゆっくり、じっくり発信していきたいです。
宜しくお願いします。

猫バンバン

ヘルプマーク 5f520db01b5b5b2a724d218de4dff512271e4fef04b779b07cddbc3cfc6f1a1c_m


読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 16:46:17 | トラックバック(0) | コメント(10)
次のページ

FC2Ad