■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スーパーブルーブラッドムーン
こんばんは。
今夜も寒い夜です。
見に来てくださってありがとうございます。

今日、仕事帰りにラジオを聞いていたら、
今夜は月蝕、しかも、「スーパームーン」(月が地球に接近して大きく見える)
かつ、「ブルームーン」(その月に2回目の満月)、かつ、
皆既月蝕で月が赤く見える「ブラッドムーン」、という、3つの現象が重なるとのこと。

月の話題が出るたびに、亡くなった母を思い出します。
「今夜のお月様は綺麗だから見てごらん」と、電話がかかってきていたなあ。

駐輪場から出たところで、空には明るい満月が!
少し雲がかかっていたけれど、確かに明るい、大きな月でした。
月蝕1

帰宅して、ナカリに月蝕とおばあちゃんの話をして、
そろそろかなあ、と一緒にベランダに出たのが9時過ぎ
月蝕2
幸い、うっすら雲がかかっている程度で、まだ明るい。
でも、微妙に左下が欠けてきているのが肉眼では確認できました。
(スマホでは今ひとつ分かりにくいですが…)

寒いので一旦部屋に引き上げてから10分後、
見に行くと、さらに欠けていて、三日月くらいの感じ?
スマホ写真でも欠けているのが分かりますが、肉眼ではもっと細く見えました。
月蝕3

さらに10分後、見に行くと、
雲が出てきて、ほとんど見えないくらいのかすかな光に。
月蝕4
不思議不思議。

でも寒い~~。少しの間、夜空を眺めて、バイバイ。
ネットでは、生中継もやっていました。

母が私たちに電話してきてくれたのを思い出して、慌てて息子にも電話しましたが、
彼がベランダに出て見た時には、もう、お月様がどこにあるのか見えないよー状態、だったみたいで、
もう少し早く電話したらよかったなあ、と。

ニューズウィーク日本版の記事

久しぶりに、じっくりとお月様を見ました。
今夜のNHKFM、ベストオブクラシックでは、マーラーの5番が流れていて、
アダージェットのところで、やっぱり胸いっぱいになりました。
ああ、1月が終わってしまう。
「2月は嫌いよ」と言っていた母が、2月の最後に亡くなったのも感慨深い…
もうすぐ1年になるんだなあ。
母を思いながら、今夜はノイマン指揮のアダージェットを聴きます。


明日からは工事の関係でパソコンが使えません。
更新や訪問が滞ると思います、すみません。
また雪みたいなので、お気をつけてお過ごしください。
荒い画像のお月様で恥ずかしいですが、見てくださってありがとうございました。


猫バンバン





未分類 | 23:07:16 | トラックバック(0) | コメント(18)
先天的な知的障がい、と、アイデンティティ
今朝は大阪は雨が上がり、日が差しています。
関東方面や日本海側は大雪で大変なようですが、
皆さんの辺りは大丈夫でしょうか。
自然には勝てませんが、被害が最小でありますように。

今日も見に来てくださってありがとうございます(*^▽^*)

少し、笑顔が出ました(笑)
心配してくださった方たち、コメントくださった方たちに感謝です。

ナカリはまだ、お悩み継続中・・・ですが、
以前と比べて落ち着いているのが分かるので、
ゆっくり悩んで成長すればいいよ、と、
こちらも腰を据えて対応しようと思えます。


先の記事で書いたように、
悩みの根っこには深いものがある気がして、
タイトルの内容でグーグル検索してみました。

いくつかの学術論文、はてなブログ、その他、該当しそうなところをザッと見。

ちょっと残念だったのは、
「知的障害者には青年期はない」(ヤフー知恵袋)といった記述で、
知的障がいがある人は、自分自身のことや社会との関係で悩むことはない、
と、断定しているような論調に出会ってしまったことです。
(相模原事件の時に、ナカリは「こわい」を連発して、
事件後すぐに、全国手をつなぐ親の会から出された声明に、
安心を取り戻したのでしたが、
その時にも、
自分の意思表示を上手く出来ない人に対する誤解や偏見が悲しい、と、
しみじみ思ったのでした。 →過去記事

今回の検索でも、
知的障がいを伴わない人が自分の障がいをどうとらえているか、については、
近年研究が進んでいるけれども、
知的障がいがある人がどのように障がいを認識していくか、については、
ほとんど研究が進んでいないように思われました。
(何かご存知の方、ぜひ教えてください!)

見つけた論文(杉田隠子:2007)の中で、
こんな、支援学校の先生の言葉が引用されていました。
「(生徒は)多少(自分に知的障害があると)わかっているかもしれないけれど、
それを語ることなんてできないよ。だって彼らは知的障害なんだから」


・・・

これに対して、スウェーデンなどでは、
知的障がいのある人が自分の障がいを認識することの大切さについて、
1980年代から、いくつか本が出版されているとか(和訳はまだみたい・・・?)

思い立って、映画「アイ・アム・サム」の映像を見たくなり、
これも検索して、しばし、その世界に浸りました。
世の中にはいろんな人が居る、
意地悪な人も、キツイ人も、怖そうだけど実は優しい人も、
強そうだけど実は傷つきやすい人も・・・そして
明るくて人懐こい人も、人間と接するのが怖いという人も、
いろんな人が居るよ、ってこと、
もう一度、ナカリと一緒に思い出せたらなあ。
(「アイアムサム」でブログ内検索したら、7本も記事が出てきました!
一つひとつの記事に思い出すことたくさんです。ブログ書いていて良かった)
アイアムサム カバー


ナカリが、自分自身とどう向き合っていくか、
社会とどう折り合いをつけていくか、
彼女の人生は彼女にしか切り開けないから、
主人公である彼女の意思や思いを尊重しながら、
出来る援助は何か、
時間が許される限り、そばに寄り添いながら、一緒に模索していきたいと思います。

これからも、いろいろな方から、ヒントや励ましをいただきながら、
一人で抱え込まないでやっていけたらいいなあ。
よろしくお願いします。


笑顔になりたくて、曲も検索してみました。
Bobby McFerrin  の 「 Don't Worry Be Happy」
まさに、今必要なのはこれ♪ かな。
あんまり心配し過ぎないで、口角上げてハッピーに行こう!



ナカリは今日も留守番です~ぬいぐるみたち、よろしくね!

猫バンバン





未分類 | 11:00:24 | トラックバック(0) | コメント(8)
メリークリスマス!
イブの昨夜は雨になってしまいましたが、
穏やかに過ごされましたでしょうか。
見に来てくださってありがとうございます。

それから、
ナカリのXmasコラージュの記事に
たくさんコメントをありがとうございました。
また、それとは別に一昨日の拍手の中に、
2015年8月の記事「ベイルートへようこそ」が複数あり、
突然昔のこの記事になぜ?と、びっくりしました。
読み返してみて、森口さんの小さい頃のお母様の苦労に重なり、
改めて自分もいろいろ過去を思い出しています。
過去記事を見て拍手してくださった方々、ありがとうございました。

振り返ると確かに、なかなか苦難の子育てでしたが、
今はホッコリする話題も…

サンタさんの存在を高校生まで信じていたナカリ。
居ない、と教えたとき、「えええ!!ほんと??」と、何度も確認し、
たいへんなショックを受けていました。
幼さやファンタジー世界への傾倒もあるけれど、
自閉っ子の特性=外からの情報をまるごと取り込んでしまう、
→聞いたことはハッキリ言葉で否定されない限り信じ続ける、
と、再認識して、私の方もびっくりした出来事でした。

ちょうど、リンク先の春花月夜さんのところで、サンタさんの3D映像を見て、
「そうそう、こうだと信じてた!」と、
昔を振り返りながら親子で笑顔になることもできました。
サンタさんからのプレゼントとして、色鉛筆を選びに、
今は亡き父(ナカリの祖父)とお店に行った思い出話もしながら懐かしみました。

イヴは過ぎてしまったから、
サンタさん、空っぽになったそりに乗って帰って行ったのかな(笑)
ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、素敵な画像がいっぱいなのでご紹介 ↓
花のように サンタさん 街へやって来て!

それから、同じくリンク先のponchさんのところで、
お友達紹介のイラストの中に、
ナカリのオリジナルキャラ、ポーちゃん(右端のオカメインコ)を登場させていただきました。
ポンチさんお友達12月、ブログ掲載用
ponchさん、ありがとうございました!

リアルで人と関わるのが苦手でも、
好きな「絵」や「文章」というツールを使って、
ネットを通じて人間関係を学ぶこともできる・・・
これは、今だからこそ、の環境で、本当に助かります。
改めて、皆さんに感謝です。


土曜日、ナカリと一緒にお日様の中を散歩したとき、
連れて行ったマスコットたちも日光浴しました。
クリスマス散歩
ほんとに、何かお話しているみたい。
ぬいぐるみたちに、命が吹き込まれています。

ナカリは、
一人で体を揺らしながら自分の世界に没頭している時間があるんですが、
現実の慌ただしさに流されるだけでなく、
私も夢見る心を忘れないでいたいなあ。


クリスマスは、母が信じ、父が病床洗礼を受けたイエスキリストの誕生祭です。
母の喪中はがきの図柄(部分)
喪中はがき

ギフトの心、思いやる心、を、日常でも意識し続けていられますように。
さいごに、感謝を込めて

メリークリスマス ロゴ



猫バンバン・クリスマスバージョン




未分類 | 10:32:21 | トラックバック(0) | コメント(16)
お騒がせしました
寒波と低気圧で、愛媛でもブルブルの毎日でしたが、
何とか無事に帰宅出来ました。
留守中にもご訪問いただいていて、ありがとうございました。


ひとつ前の記事では、
スマホからの実験が上手くいかなくて、巨大画面がいきなり・・・で、
一部、スマホユーザーの方にはウケていただけましたが(笑)
パソコン画面は更に謎な状態になってしまっていて、ご心配おかけしました。

ん~~、まだまだネットの奥深さに翻弄されています。
(というか、パソコン入力の基礎が分かってないので、
横文字が並ぶともうアウト状態で、お恥ずかしい限りです)



帰省中に、ナカリは本当に良く頑張りました。
サンちゃんとカゲウラさんの大冒険第3弾も、
ナカリのブログにそのうちアップされると思います…(^-^)

でも、
人混みの中を移動することは、私が考える以上にナカリには苦行のようで、
そのことも、今回改めて認識させられました。

休憩が必要、無理は禁物、これに尽きますね。


ところで今回、両親の昔のアルバムをじっくり見てきましたが、
帰る直前に、叔父と一緒に見た写真を2枚だけアップさせてください。
どちらも、母方の親族の集合写真です。
母が、写真の裏に名前を書いてくれていたので誰が誰か分かりました。
2枚とも、昭和20年春、と記されていました。
リンク先のmikotoさんが、時々昔の写真をアップされておられるのが、
いいなーと思っていたので、私も少し真似してみます(^-^)


ルーツ1
前列真ん中あたりで、はだしでモンペをはいて座っているのが母です。
後列真ん中に、母の両親、母から見た父方の祖父母、が写っています。
私のルーツになります。
明治生まれの祖母(後列左から3人目)は、叔父によるとかなりハイカラだったそうで、
当時としては珍しい「恋愛結婚」で、長男の嫁になりました。
若い時の祖母の写真はあまり見たことがなかったので、
これを見て、ほ~~確かにちょっとハイカラじゃん、と思ってしまいました。

ルーツ2
こちらでは一番左端のセーラー服姿が母、隣が祖母、真中が曾祖母です。
祖母の弟が、航空隊の特攻に行くことになったので、
最後の写真として集まれる親族で撮ったそうですが、
その本人は無事に生き延びて、
祖母のきょうだいの中で、ただ一人、今も存命だそうです。
人生分かりませんね。


自分につながるルーツ、ということでは、
お墓参りで、父方の先祖の墓も一緒に見てきました。
江戸時代のお墓から、明治大正の年代が記されたお墓まで、
「ご先祖様」が眠る石碑は、字が消えかけたものが多く、
会ったこともない人たちですが、自分に繋がる過去の人たちということで、
なんだか不思議な気がしました。


これから少しずつ、日常に戻っていきますね。
見てくださってありがとうございました。

皆さんも、どうか寒さに気をつけてお過ごしください。


猫バンバン



未分類 | 20:48:44 | トラックバック(0) | コメント(18)
スマホから実験


スマホからユーチューブの貼り付けができますよ、と、リンク先の方から教えていただいたので、
この際練習してみますチャレンジしました。
とりあえずというか、サザン松田の子守唄、です。
商店街でのパフォーマンスに親近感だったので。
うまくいくかな失敗しました=なぜだか画面が超巨大になったため、PCから貼り直しました。


実家での昨日今日は、ナカリを連れて外出でした。
お墓まいりも行きました。
明日は雨模様なので、片付けに専念します。

訪問も飛び飛びですみません。
寒さに気をつけてくださいね!




続きを読む >>
未分類 | 20:55:48
次のページ

FC2Ad