■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ブログを書き続けて良かったのは、子どもの成長の記録になっていること、読んでくれる人と体験を分かち合えること
ご訪問ありがとうございます。

無事に一人帰省から戻ってきました!

一泊二日の日中の大半を叔父と過ごし、
母の思い出の場所(外食したお店、入院していた病院、母も一時住んでいた叔父の家、お墓)巡りをし、
その途中もずっといろんな昔話をしました。
驚いたのは、私の祖母(母の母)が、明治生まれにしてはハイカラで、恋愛結婚だったということ!
初耳の話でした。
(なんで母はそんな大事なことを私に教えてくれなかったんだろう~
母が元気なうちに、もっと祖母の話を聞いておきたかったな。
まあ、今回、叔父からいろいろ聞けたからよかったんだけど)

祖母も祖父も10人きょうだいだったと聞いて、それも時代だなあ~と感慨深く・・・。
母から聞いた話や、私自身の記憶の中の祖母は、
長男の嫁として苦労した、とか、辛いことがあったら愚痴を言わずにひたすら縫物をしていた、とか、
辛抱し続けた姿、孫には優しかった姿、お四国参りの遍路姿、・・・という印象が強かったので、
一人の女性として、祖父(私が生まれる前に他界していましたが)のあとを追いかけて結婚した、
という話には、新鮮な驚きがありました。
「ばあば」の、そのエネルギーが、どこかでナカリに繋がっているかなあ~、なんて思ってしまいました。

母は子どもの頃に心臓を患って以来ずっと体が弱かったので、祖母からしたら一番気になる子だったようで、
母が死ぬまで自分は死ねない、と言い続けていたそうです。
でも結局、私と同じくらいの年齢で、母も祖母を見送る形になりました。
それは何よりの親孝行だった、と思います。
(順番を違えなかったのですから・・・しかも80まで長生きできたなんて、祖母もびっくりでしょう)


そして、夜には、中学時代の親友と30年以上空いての再会。
スペイン料理のお店を予約してくれていたので、ドキドキしながらお店のドアを開けました。
スペイン料理店 CIMG0864

中にはすでに到着していた彼女が居て・・・わー、中学の頃の面影どおり!
毎日のように私のブログを読んでくれているそうで、
ブログを始めた当初から比べてもそうだし、
母を看取る前後のこの間のナカリの成長ぶりを、とてもほめてくれました。
なんだか、ずっと側に寄り添ってもらえていたような、嬉しい気持ちと安心感がありました。


振り返ると、ナカリが入院したのが、ブログを始める前の年の春。
その当時は、パソコンに向かうどころか、
私の一挙手一投足に過敏に反応するナカリに、こちらも一緒にどうにかなりそうで、
買い物にも行けず、息をひそめるように親子で家に閉じこもって、
心配した友人が作り置きのおかずやトイレットペーパーを買って届けてくれたこともありました。

退院して、少しずつ落ち着いて、カウンセリングでもいい感じになってきた、というので、
それまでにすでに開設していたナカリのHPにリンクさせてブログをやってみよう、
と、思い切って始めたのが1月。

そのあと、父を看取り、義父を送り、母を看取り、3年連続の喪中となりましたが、
その間のナカリの成長ぶりを自分でも振り返ることができ、
貴重な記録になったな、と改めて感じました。


同時に、彼女が言ってくれたのが、
記事を読むことで自分自身のことも考えることができる、ということで、
それが私の心にもとても響きました。

彼女とはリアルでも既知の仲ですが、
パソコンを通して知り合うことができたいろいろな方々とも、ネット上だけではあっても、
何かを共に考えたり感じたり意見を交わしたりすることで、体験を分かち合えているような気がする、
・・・その「感じ」が、こんなにも、生きる張り合いや生活の支えになるとは、
ブログを始めた当初には予想もしていなかったことでした。

ずっと昔に「にほんブログ村の村民として」という記事を書きましたが、
今また改めて、感謝の気持ちが湧いてきます。
そして、
日本は広い、いろんな人がいて、いろんな世界があって、
生きてるってすごいことなんだ、生きなくちゃ、と思えるようになったのも、
繋がる人からの発信を受け止められたから。


カゲウラ人形3人 CIMG0891
ナカリは、留守中、3人のカゲウラさんぬいぐるみ(帰省前日に大型を追加作成しました)、
他と一緒に頑張って過ごしてくれてましたが、
帰宅して話を聞くと、やっぱり
「空想の人とだけじゃ寂しいと思われるかな」と、外からの評価が気になるようです。
「結婚してる人、恋人がいる人、って、自慢してるのかな」
ううーーん、他の人、関係ないよ、自分は自分、人は人だよ、
誰も、可哀想とか寂しいとか思わないよ、思ったとしてもそれはその人の勝手だからほっといていいよ。
「嫌な人居ても、ほっとく?」 そう、ほっとく。

小さなやりとり。
でも、話をすることで安心出来たら、それで、まる。
がんばろう、ナカリ。自信もとう。自分のこと、これでいい、って思おう。

これからも、小さな一日一日を積み重ねていこう。
毎日を、一緒に無事に過ごそう! ここに、約束!!








未分類 | 18:46:52 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
以前はリアルの人間関係とネットの人間関係はハッキリと自分の中で区別していました。
リアルに比べてネットは不特定多数だし、匿名だしで、ちょっと怖い感じがありました。(実際に危険はたくさんあるわけですが)
でも最近はリアルの人間関係とネットの人間関係は「ボーダーレス(境界線がない)」だなと感じるようになりました。
特に私のようなアスペルガー系の人たちはたぶん話し言葉よりも書き言葉のコミュニケーションの方がスムーズなので、ネットでの関わりは非常に重要になってきます。
ネットはリアルでは関わる可能性がゼロであるだろう人たちとも関われるので、とても面白い世界だと感じるようになってきました。
2017-05-15 月 20:21:11 | URL | 鶏ささみ [編集]
ナカリママさんへ
こんばんは。
お帰りなさい!

私は平成12年くらいから
HPを開いていました。
目的は父と息子の旅記録‥
HPをしない夫の代わりに私が記録係。

そこに来てくださる人たちとの繋がりは
全て掲示板でした。

掲示板は、そこに書き込みに来た人も
画像を貼り付けることが出来たので
全国の素敵な景色が集まったものでした。

ネットで知り合い
私に会いに来てくださった方もいましたが
最初は怖かったのです^_^;

今でもその頃の素敵なご夫妻と
繋がっています。

皆さん明るくて
何の悩みも無さそうなのですが
それぞれひとつは悩みを抱えていらして
秘密のメールでやり取りをしたり
私も話を聞いてもらったりね。

でも、不思議と同じような考え方の人が
集まるような気がしました。
違う人は離れていく‥
それで良いのだと思って今まできました。

私、一度だけ
胃潰瘍になったことがありました。
顔が見えないけれど
突き刺さる言葉ってあるんだなと
その時、初めて知りました( ̄◇ ̄;)

私も言葉には気をつけなければと
勉強にもなりました。

当時のHPは消してしまいましたが
良いこと嫌なこと‥
比べても、良いことの方が断然多かった気がします。
励まされたり勇気付けられたり
自分は必要と感じることが出来たりね。

ブログは、できればこれからも
続けていけたら良いなと思っています。
2017-05-15 月 23:00:07 | URL | iomama [編集]
鶏ささみさんへ
分かります!
私も、ネットはこわい、という印象があって、
カウンセラーさんからも、
ナカリのHPはコメントをう受け付けない設定にした方がいい、と言われていたので、
自分のブログでどんな展開になるか、楽観していたわけではありませんでした。

でも、始めてから今までのところ、大きなトラブルもなく、
逆に、心洗われるようなたくさんの写真や絵や文章と出会えて、
世界が広がり、また、人肌のあたたかさを感じるくらいぬくもりのある文章に接して、
どんなに励まされたり力づけられたか分かりません。
(鶏ささみさんもそのお一人です)

リアルで関わることが無い分、素の自分を出す事も出来るという側面があって、
面白いなあと思っています。
(もちろん、プライバシーには、配慮が必要ですが)
鶏ささみさんご自身もアスペルガー系の方だとは認識していませんでした。
当事者目線でのコメントもいただいていたのだなあと思うと、感慨深いです。
これからも、よろしくお願いします(^-^)
2017-05-15 月 23:08:12 | URL | ナカリママ [編集]
iomamaさんへ
わ~、ものすごい先輩ですね!
積み重ねられた年月の重みを、
サラッと一言で書かれておられますが、
H12年くらいから・・・って、もう17年も前じゃないですかv-405
すごいなあ~。
父と息子の旅記録、っていうのもいいですねv-353

>皆さん明るくて
 何の悩みも無さそうなのですが
 それぞれひとつは悩みを抱えていらして

ほんと、そうですよね。
悩みの無い人生なんて、そのこと自体が悩みじゃないか、と思うくらい・・・。
人それぞれ、見えにくい、分かりにくい悩み事って、いっぱいあるんだろうなと思います。

「掲示板」という言葉には、懐かしい響きがあります。
息子がまだ小学校低学年の頃、ゲームのやり方が分からなくて、
掲示板で質問したら、どこの誰かも分からない人が、上手くお返事してくださり、
答えをストレートに教えるのではなく自分で見つけられるように導いてくださったので、
匿名での善意や良識ってある、匿名だからこその美徳もある、
ということを、親子で学んだ記憶があります。


でも
>突き刺さる言葉ってある

残念ながら、これもまた事実でしょうね。
胃潰瘍になられるほどだったのですから、きっと深く傷つかれたことと思います・・・。
言葉は人を癒す力もあるけれど、傷つけることもある、
人は人によって傷つけられるけれど、癒されることもある、
物事には、良い面もあれば、嫌な面、苦しい面もある。

いろいろな見方を知って、自分自身をしっかり持って、
広くて豊かな関係をつくっていけたらなあ。

iomamaさんからも、たくさんのことを学んでいます。励まされています。
ブログ、これからも、楽しく有意義に、続けていけたらいいですね。
自分自身も、心から、そう願っています。
よろしくお願いします(^-^)


追伸)トラックバックって、よく調べたら、
   自分の記事を相手の記事に勝手にリンクさせちゃう仕組み、
   という意味で、
   する側がされる側にお願いするのが筋みたいで、
   お礼を言うのはiomamaさんではなくて、私の方なんでした(汗汗)!
   遅ればせながら、ありがとうございました。
2017-05-15 月 23:34:13 | URL | ナカリママ [編集]
今はツイッター・FB・インスタといったSNSがメインなんだろうけど
俺が始めた頃はブログが個人発信のメインだった
不安多い中 普通に正直に素直に感じるままやってきた
たとえネットという無機質の物でも温もりは伝わるという嬉しさを噛みしめてね

ひとってのは基本あったかいんだよ
だから続けてこられた 感謝しかありません^^
2017-05-16 火 07:54:09 | URL | K's [編集]
K’sさんへ
K'sさんも大先輩です!

> 不安多い中 普通に正直に素直に感じるままやってきた

そうだったんですね。不安がない人はいないかなと思います。
でも、それを上回る反応が返ってくることで、素のままでいいんだ、と思えるし安心できる。
K'sさんからは、いつも、無理しない、飾らない、素直に正直に、という姿勢を学んできました。
鬱の最中にも生きなければ、と考えさせられたのも、コメントをいただいたり、過去記事を読ませていただいたりしてからです。

> ひとってのは基本あったかいんだよ
はい、これに尽きますね。
私も感謝です。
これからも信じていきます。
ありがとうございました(^-^)
2017-05-16 火 09:39:00 | URL | ナカリ母 [編集]
ナカリママさんへ
おはようございます。

トラックバック‥
私も良くわかっていなくて(⌒-⌒; )
でも、気になる記事やナカリママさんの
貼りたいものがありましたら
私のところでは自由にしてくださいね。
2017-05-16 火 09:43:52 | URL | iomama [編集]
上手く言えないとき、とにかく話したり書いてみたりすると、自分の気持ちが理解できたり、伝わったりですよね。そしてナカリさん...空想だけじゃ寂しいという考えは無しです。確かに人は人それぞれですが、空想できることが素晴らしいことで、ましてや、その世界で自分を活かせるなんて、並大抵で出来ることではないと思いますよ〜♪と、私は考えます。カゲウラさんサイコーですわ!私もマイキャラ作ろうかな...
2017-05-16 火 14:47:54 | URL | ゆるパパ [編集]
iomamaさんへ
ご丁寧にありがとうございます。
私がイメージしているトラックバックは、
ひとつの記事(例えば映画の感想)から、他の人のブログにすぐに飛べて、
いろんな観方を知ることができ、自分の感想も深まったり広がったりするので素敵!
・・・という感じなので、
また、いつか機会があったら、させていただくかと思います(^-^)
どうぞ、と言っていただいて嬉しいです、よろしくお願いします~

2017-05-16 火 17:12:52 | URL | ナカリママ [編集]
ゆるパパさんへ
書いて整理できることってありますよね!分かります。
ゆるパパさんのお言葉、ナカリにも伝えました(^-^)
カゲウラさんサイコー、に、びっくりしつつ笑顔でしたv-353
ありがとうございます。
彼は、移り気な彼女としては結構長い間続いている、心の恋人です~
空想の中では一妻多夫!なので、他にも恋人がいっぱいいるんですけどね(笑)。
楽しく想像することができれば、それが何よりです。

ゆるパパさんところで紹介されていた「メン・イン・ブラック」シリーズも、
ぶっ飛んだ空想の世界ですよね、3には私も胸熱でしたよ(じーん)。
SFには中学の頃からハマってるので(ペリーローダンシリーズとか・・・今どうなってるんだろう?)、リアリストのつもりの私自身も空想を楽しんでたんだなーと、ナカリとの心の距離が縮まった気がしました。ありがとうございました!

2017-05-16 火 17:21:07 | URL | ナカリママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad