■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

べてるの本「治りませんように」
涙もろいナカリとの閉じこもりの日々が続いています。
今の私の社会への窓はブログ。
見に来てくださる方がおられることを励みに、ノートから更新します。

1週間くらい前(2018年2月7日)の朝日新聞「折々のことば」に、
北海道、浦河のべてるの家からの言葉が載っていました。

「今日も、明日も、明後日も、順調に問題だらけ  向谷地悦子」
ああ、これ。
この、逆説的な表現が、べてるらしい。

べてる関連の本は何冊か読みましたが、
「治りませんように」について書いたかどうか気になって、ブログ内検索してみたら
2年前の今日に、息子と向谷地さん(夫)のお話を聞いた記事を書いていてびっくり。

「浦河べてるの家」の向谷地さんのお話

2年前のことが、もうはるか昔のことのように思われます。
そして、「治りませんように」が出版されたのが8年前の2010年2月17日。


ナカリは今、何かにつけて、自分の「脳の特性」を悲観して泣いてしまうんだけれど、
「それ」を自分とは切り離せない個性として、
良い悪いの価値観抜きに丸ごと受け止められたらいいのになあ・・・
と思う気持ちが強くて、
「治る、治らない」という二者択一的な発想ではなくて、
今の自分のままで大丈夫と思ってほしくて、
この本を再度手に取りたい! なのに、本は箱詰めした段ボールのどこかに・・・
う~ん、悔しい、悔しいからブログを書いています。

出版社はみすず書房、なんですよ。
私の一つの原点、アウシュビッツ、を描いた「夜と霧」の出版社です。
クリスチャンだった母を思い起こさせる「べてる」の文字にも惹かれます。

病との共生を目指した「べてるの取り組み」に、
希望を見出した人は多いんじゃないかな。

ナカリの後輩のママからもらった小さな額にも
「そのままのあんたでええ」と書いてあります。

母も聴いてくれていたビリー・ジョエル
「素顔のままで」の歌詞を見直して、心にしみています。
リンク先のponchさんが、コメントで
「だって、はったつしょうがいだもの」と書いてくださいました。
そうよ、はったつしょうがいのままのナカリが大好きだからね。
無理しなくてもいいんだよ。
おしゃべりできない自分を否定しないでほしい。
「私、変かな」と気にしなくていい。
「治りませんように」と願う気持ちが分かる気もする・・・だから
素顔のままで、一緒に生きていこうね。



猫バンバン



読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:44:55 | トラックバック(0) | コメント(16)
「工作は苦手、なんで不器用なのかなあ」と涙が出てしまう
見つけて、心にとめて、見に来てくださってありがとうございます。

引き続き、寒いです。
冷えてくる前に、と大急ぎで今日の報告・・・

工事中、初めて、大工さんが作業中にナカリと外出しました。
行き先は、アートの先生のアトリエ。
いつものバス停までの道。
寒いから商店街を通って行こう、と入りましたが、
風は防げたけど、シャッター街なので、寒さは変わらなかったかなあ。
せめてもとカラフルに塗られたシャッターの前で石狩さんをパチリ。
商店街1
トンネルを抜けるように、出口に向かい、振り返った風景は、やっぱりシャッター
商店街2
出口まで来たら、太陽の光があたたかい!
きりりと顔をなぞり描きしてもらったカゲウラさんもパチリ。
商店街3
カゲウラさんにピントを合わせたら、背景はほとんど見えなくなっちゃいました。
ずいぶんレトロなミニ商店街ですが、何軒かのお店が頑張ってます。

バスに乗ってアトリエまで到着したら、
今日も、玄関先でナカリと別れて私はドーナツ屋さんへ。
久しぶりに友達と待ち合わせておしゃべりしてたら、あっという間の2時間でした。

迎えに行くと、
今日はバレンタイン記念?に、カラフルポップな工作をしたようでした。
バレンタイン作品2
グルーガン?で、いろんな素材を糊付けしていったそうで、
ネコちゃんは最初は羽根の中にいたんですよ、と先生。
ナカリに、途中経過を撮った写真を見せてもらいました。
バレンタイン作品1
ほー!
最初はネコちゃん2匹居たんだ。
マフラーを巻いたネコさんが、場所を移してリボンのネコさんに。

アトリエを出てバス停まで歩く途中で、
「グルーガンが上手く出来なくて、糊で机がべちゃべちゃになった」
と、泣きそうになってしまったナカリ。
先生は何にもおっしゃってなかったし、笑顔で送り出してくださったから、
そんなの気にしなくていいよーと話しましたが、
涙がポロポロ出てきて、
「工作は苦手やねん。手が不器用やねん。上手く出来ない」
「猫さんのリボンも先生に手伝ってもらった。
糊が難しかった、なんで私、上手く出来ないんやろう」

すっかり涙もろくなってしまったのは、工事中のストレスもあるかもよ、
と、
いつも降りるバス停よりずいぶん手前で降りて、散歩しながらお話ししました。
出来ないことがあっても、全然大丈夫。
みんな、得意や苦手があるんだから。
仕上がった作品は、素敵だよー。

「先生に、テレビは見るの?と聞かれたから、見ないって言ったけど、
テレビ嫌いって言ったらよかった。
先生はテレビ好き、って。オリンピック見てるって。
私、全然お話しできない」

んんんー。そうかあ。
先生も、話題をつくろうと思ってお話してくれたんだろうね。
でも、「見ない」ってちゃんと言えたんだから、それでマルだよ。
おしゃべりがたくさんできなくても、作品をつくることが出来たらそれでいいねん。

話ながらも涙がこぼれてしまうナカリを励ましながら帰宅して、
アトリエで時間が余った時に描きかけて持ち帰ったイラストに色を塗ることに。
そこからは、がぜん元気を取り戻して、これはなに?謎の生物?などなど、
楽しくお話ししながら笑顔も出て、本人も満足して塗り終わったのがこちら。
バレンタイン作品3
右下のなもちゃん、顔でっかい!と大笑い。
プロフィール画像に使っている、オカメインコのポーちゃんもしっかり居るし、
いろんな要素がてんこ盛りの1枚で、これを話題に盛り上がることが出来ました。

ほっと安心して、さあご飯。
あったかいものを食べて元気出そうね。

今日は、いっぱい涙も出てしまったけれど、最後笑顔になれたので、マルの一日です。
見て、読んでくださってありがとうございました(^-^)


猫バンバン





ナカリの作品 | 18:50:20 | トラックバック(0) | コメント(18)
ぬいぐるみやマスコットとお散歩
来てくださってありがとうございます。
拍手やコメントも嬉しいです、いつも感謝です。
他愛ない記事ですが、良かったら見ていってください。

工事が始まって2回目の休日。
2週続けて親子3人で散歩に行くことが出来ました。

先週は、ナカリが昔「お城大冒険」の記事にした、小さなお城、へ
新しい仲間のなもちゃんを連れて行きました。
去年の秋以来です。
お城なもちゃん
散歩の間も手に持ったり、私のマフラーに挟んだり。
景色をなもちゃんに見せてやりながら、成りきってお話を楽しみました。

近所の池では、噴水の中に一瞬虹が見えて大騒ぎ!
そうそう、たしか太陽に背を向けて見るんだよね。
なもちゃん、虹だよ~~~
噴水と虹1
少し角度を変えると、違う場所にも虹!
噴水と虹2
うわあ~、不思議不思議。
太陽の光が温かく感じられたお散歩でした。

そして今日は、
以前、サンちゃんを連れて行った丘に、石狩殿を連れて行きました。
お散歩石狩さん1
すごい急坂なんですが、写真に撮るとあんまりそんな感じじゃないですね。
これも不思議。撮り方の問題かなあ?

坂を上りきったら、高さが分かります。
石狩殿、初めて見る景色でしょ~、と話しかけてやります。
お散歩石狩さん2
山の向うの方に見えるのは雪雲。
晴れているけれど、風が強くて、寒かったです。
カゲウラさんには今回も修行してもらいました(笑)
修行中カゲウラさん
分かりにくいですが、
髪の毛を縫い足したので、ちょっとフサフサになっています。
寒そうだから、上の服も考えようか、と話しながら・・・

帰り道、
晩御飯の買い物にスーパーに寄ってあれこれ見ていると、
散歩の間は元気だったナカリが「疲れちゃった」ヘルプの訴え
人がたくさん視界に入ると、やっぱりつらいね。
伝えてくれてありがとう。
そのあと買い物はささっと切り上げて、
人の少ない道を、引き続き散歩しながら帰宅しました。

今日は散歩の間じゅう、石狩殿を手に持っていたナカリ。
スーパーに入る時だけ、ちょっと躊躇したけど、
別に変じゃないよ、手に持ってると落ち着くもんね、と声をかけて
そのままずっと持っていました。
マスコットの存在に支えられたお散歩になりました。


今日の記事、
工事現場の隙間に入って、慣れたキーボードで操作してみました
・・・が、ううう~~、とにかく寒いっ。
手の指先も、足の指先も、そろそろ限界っ。
リンク先の馬場さんがコメントしてくださった指先の寒さ、
こんなもんじゃないだろうと思いながら、改めて感謝です。
工事の皆さんも寒い中大変だろうなあと実感しました。
(お散歩記事、ほんとはナカリが自分のブログで書きたいだろうけど、
この寒さなので、
ナカリの方は工事が終わるまで少しお休みしてもらっています。)
とりあえずの更新になり、すみません。

まだもうしばらくは、厳しい寒さが続きそうなので、
みなさんもご自愛くださいね。


猫バンバン



子どもの日常 | 18:29:03 | トラックバック(0) | コメント(10)
息子のメモ書き
前の記事が重たかったのに、
いろいろな方からコメントをいただけて感謝でした。
見に来て、読んでくださった方たちにも感謝です。
今日もありがとうございます。

慣れないノートからの入力は、スマホ入力以上にストレスフルなんですが、
普段使わない机で作業していて、
ふと見ると、
机のデスクマットに挟んであった息子のメモ書きに気づきました。
おそらく、小学校高学年か中学の頃に書かれたものです。


>「明日できる仕事を今日するな
 他人ができる仕事を自分がするな」

 古代ローマ人の言葉・格言
 本を読んでいて

 至極もっともで意味が分かりやすく目標になる。

 「話すことの二倍、人から聞くべきである」

 ギリシャの政治家デモステネスの言葉。

 似た言葉に、シェイクスピアの
 「誰の言葉にも耳をかせ。
 いろんな人に口を開くな。
 みんなの意見は聞いて自分の判断は控えなさい」
 というのがある。


そして、この紙には息子と話していて私が覚えておこうとメモしたであろう文字も。

>maybe, someday  かもしれない、いつか

生きるのに苦労していた頃の息子の文字。
彼と向き合って一緒に苦闘していた時の自分の文字。
・・・思いがけず再対面となりました。
ノートを使ったおかげです。

工事のために自宅に閉じこもっているこの間、
ナカリと日光浴したり、マスコットを作ったり、
合間に編み物をしたり、本を読んだり、の毎日ですが、
今日は、2年前に急逝した漫画家、吉野朔実さんの代表作
「少年は荒野をめざす」を電子図書で一気読みしました。
自殺を試みる主人公たちの姿に思春期の危うさを改めて実感。
ウィキでも見てみたら
「青年期のアイデンティティ・クライシスを描く」という言葉に突き当りました。 

学校、という集団生活に馴染めずに、はみ出してしまう子どもは必ずいる。
息子は、特別支援という枠に守られた娘と違って、
小学校低学年から過酷ないじめの目撃者でもあり、当事者でもありました。
「死にたいわけじゃないけど、生きているのがしんどい」
「こんな世の中に自分の子孫を残そうという気持ちが分からない」

と、過激な言葉を聞くたびにハラハラしながら眠れない夜を過ごしました。
よく生き延びてこられたものだと、今も振り返るだけでドキドキします。

西洋古典文学に救われて、今は研究の道に邁進する息子に、
ナカリが好きな曲を贈ろうと、中島美嘉(カラオケカバー)を貼ります。
いじめを題材にした漫画「ライフ」の映画主題曲だそうです。
(私もナカリも、漫画も映画も見てませんが、歌詞がいいです)


元気を出して、
生きていたら、今日とは違う明日が必ず来るんだから。

今日もありがとうございました。

猫バンバン



 

思い出 | 23:37:12 | トラックバック(0) | コメント(14)
益田ミリさんの新刊「永遠のお出かけ」を読んで
引き続きの豪雪での被害に胸痛みながら、ノートで更新です。
見にきてくださってありがとうございます。

工事のためナカリと自宅にこもりきりの生活ですが、
今日は太陽の光を浴びようと、日中ベランダで親子日光浴をしました。
なつかしいなあ・・・
ナカリの保護入院前後、些細な刺激にも敏感になり、
ドキドキしながら一緒に家に籠ってた・・・
ナカリが寝た様子に、ベランダに出て友人にヘルプ電話をして、
泣きながら話を聞いてもらってた。
退院してからのナカリは、なかなか散歩にも出られず、
親子でベランダから空を眺めた・・・
あれもこれも、もう過去の出来事だなあ。


今日は、ネット通販で届いた本を一気読みしました。
益田ミリさんの書き下ろし新刊「永遠のお出かけ」
永遠のお出かけ

タイトルを見ただけで、益田さんが父親を亡くされたお話だと分かり、
迷わず注文してしまいました。

読み終わって、考えたのは、自分の両親のことです。
この3年で二人を看取り、
身近な友人たちや、
ブログのつながりだけでも、何人ものご親族の方を見送る体験をしたので、
人はみんな必ず死ぬんだ、必ず別れが来るんだ、と、
そう思うだけで胸が苦しくなってしまいます。

益田さんの本については、
去年心動かされた森口さんの新刊「金平糖」以上に、
ネットに情報があふれていると思うので、
内容についてはこれ以上触れませんが、
たくさんの心に残る文章を書かれています・・・。

誰でもいつか親との死別を経験する、
でもそれは順番的に言って喜ばしいことなんだと思います。
親は、自らの死をもって子どもに伝えることを完結するんだな、と。

私自身、両親の死に対して、思う気持ちは複雑です。
今となっては「どうにもしようがないこと」を、受け入れるしかない、
そういう経験を与えてくれたのだと思います。
いつか自分がこの世を去る時に、残される側にできるだけ配慮しておきたい・・・
今はそう思うばかりですが、これもまたいつ何がどうなるか分かりませんね。

ブログは不思議です。

会ったこともない、いろいろな方の死別体験を読んで、
わが身に重なり、
名もなき世の人たちの終わりを身近に感じるようになりました。

昔、新聞広告にひかれて、沢木耕太郎氏の「無名」を読みました。
名もなき人だった父親について書かれた本です。
今回、益田さんの本を読みながら、思い出していました。

ひとはみんないつか死ぬんだよ。
永遠に生きる人は誰一人いないんだよ。
だから、別れは必ずあるんだ。
分かっていても、
ナカリは「自分だけは死なないような気がする」と言っていて、
それもまた、若い時代に自分もそうだった気がして、
こうやって、親二人を送って、今更に考えることなのです。


母は洋画が好きでした。
先に送った父と、私とは、いろいろありましたが、
父から見た私は、きっと大切な娘だったんだろうな、と、
今はいろんなことを水に流す気持ちになれます。
そして母ともたくさんの確執があったけれど、
それも、今は水に流して、良い思い出を残していこうと思います。

益田さんの本は、
ご自身の体験を語りながら、
読む人に自分の今や今後を考えさせる力を持った本だな、
と感心させられます。

今日は、母が何度となく話に出した洋画「エデンの東」を貼ります。
音楽を聴くだけで涙が出てしまいますが、
親子の愛、きょうだいの確執、について、
母から聞かされたあれこれを思い出しながら、
自分が去ったあとのナカリと息子を思いながら・・・




猫バンバン



読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 23:07:27 | トラックバック(0) | コメント(18)
次のページ

FC2Ad