fc2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

入院20日目
気持ちの浮き沈みはありますが、体調は整ってきました。
食事は、高脂質、高コレステロール対応食で、毎日3回完食しています。

でもまだ退院の目処は立たず。
当初4月中旬を考えていたので、いろんなところに電話で連絡をとって、延長をお願いしています。

帰宅してやって行ける自信がつくまで。
帰宅後の仕事の段取り、職場環境、自宅での過ごし方、ナカリのサポート体制…
考えると、まだまだ不安が募るばかり。

ダブル介護真っ最中(遠距離介護の母親、と、自閉症の娘)の夫に頑張ってもらわないと。
あ、私も含めたらトリプル介護だわ。
個人事業主だから、介護休暇もないし、身体が資本。
無事を祈るしかないです。

息子が側面ヘルプしてくれて助かっています。
ナカリには毎晩公衆電話から連絡しています。
還暦過ぎて数年。
こんな老後になるとは、と振り返りつつ、まだ生かされている分、何が出来るのか考えなくちゃ。


病院は、山の中で、山桜に囲まれて綺麗だそうです。
雨続きですが、春を楽しみに、身体を休めて、回復を待ちます。

世間から切り離されて、浦島太郎状態ですが、自己メンテナンス期間と思って、自分を労わることに専念します。

引き続きコメント欄とじてます。すみません。
皆さん、ご無事でありますように。



未分類 | 19:46:52
セルフネグレクト
精神科ストレスケア病棟に入院して5日目です。

5年前に1ヶ月入院した時より、明らかに状態がわるいです。

毎日、体調メモと一言日記を提出するのですが、
今日考えていて、今の状態の原因は、鬱からくるセルフネグレクトだ、と改めて認識しました。

カウンセリングでのスキーマ療法でも、自分の生い立ちから、他者優先という方向に誘導されたと自覚したのですが、それが自傷という極端な形でなく、投げやり、どうでもいい→健康を害するまでのアルコール依存、過食、として日常的に現れていて、結果、人間ドックや胃カメラで、内科的にも薬物治療が必要なところまで、自分自身を痛めつけていたことを痛感中です。

立ち直れるのか?
そもそも、ここまで悪化したのは何故か?

5年前には、カサンドラ症候群と言われましたが、
今はナカリだけが原因ではないようです。
根っこにあるものを解決しないと、退院してもまた同じ繰り返しになってしまいそう。

きちんと指導、治療を受けて、自己評価を上げ、言葉だけでなく、生きているありがたさを忘れないようにならなければ。

これを一言日記にまとめられるか、難しいですが、今晩書いてみます。

ナカリは頑張っているようです。今回は、息子もかなり介入してくれて助かりました。家族の繋がりが試されている気がします。

スマホから近況報告まで。
コメント欄、閉じてすみません。

こちらでは、雪が降ったり❄️お日様が照ったり☀️、
なんだか不安定な天気です。
気温の高低差も大きいと思うので、皆さまご自愛ください。(私自身も…)



未分類 | 15:12:03
カウンセリングで
この間の気持ちを話し、生活状況をお伝えすると、
いつものカウンセラーさんがむずかしい表情で
「それ、入院レベルではないんですか?」
「ドクターは何とおっしゃってます?」
「相当ヤバいですよ」

自覚してなかったので、
「そうなんですか?」
と、間の抜けた返事をして、余計に心配されました。

とりあえず、3食キチンと食べる、なるべく野菜、肉を中心に、
グルテンフリーのメニューで、と念をおされ、
自分でつくれなければ外注する、
家事も無理なところは外注する、
お金で解決出来ることは無理せずお金を使う、
出来るだけ早く、入院にむけた段取りを考える、
段取りがまとまらないのが鬱だから、夫に助けてもらう、
と、次々と提案され、
「カウンセラーがこう言ってる、と伝えてください」
と、夫あてのメモを渡されました。
なんだか他人事みたいな気持ちで、はい、はい、と返事して、
次回の予約は状況をみて電話で、となり、
お礼を言って帰りました。


カウンセラーさんが、何度も、相当ヤバいですと繰り返しておられたのを、
ぼんやりと振り返りつつ、
あー、入院かー、と、5年前を振り返りました。

確定申告、および、その後の経理や労務を考え、
ウサギのアキちゃんのペットホテルを考え、
ナカリの当事者会や親子ヨガの送迎や、
ガイドさんやアートの先生の対応、も頭を駆け巡り、
しばし呆然。

とりあえず優先順位をつけて、
自分の胃カメラ、エコーの予約も考えて、
帰宅してから、ナカリに伝え、夫にLINEしました。


翌日、親子で精神科へ。
私の入院先は5年前と同じがいい、紹介状を書く、とドクター。
で、ナカリはどうなるの?
夫に、仕事と共に丸投げできるのか??


やら、なんやらしてたら、
今日ナカリと激突。
互いに大声で罵倒しあいながら、ナカリの暴力は、
今回私に向かわず、家の引き戸に足蹴り数回。

壊れました。
以前、風呂場のプラスチックドアを蹴破った程まではいかなかったけど、
プラスチックパネルは一部外れ、枠木は剥がれ…

思わず泣きました。
亡き両親が遺してくれたお金でリフォームした家を傷つけて、泣き叫ぶ我が子を、
また、呆然と眺めて、ただ泣いていました。


書ききれないやり取りが他にもありますが、
とにかく疲れました。
同じ発達障がいでも、知的遅れの無い(むしろ突出した)兄に対して暴言三昧。
私は母が心臓を患っていて一人っ子なので、
きょうだいの確執は分かりません。
でも、あんまりな決めつけに、また親子衝突。


どうしてこうなっちゃうのかな💧

何もかも投げ出して、フーテンの寅さんみたいに家出したい、でも、出来ない。


多分これから多々向き合わねばならない課題だらけなので、
しばらくお休みします。

お返事出来そうにないので、コメント閉じます。
すみません。

皆さんのご多幸をお祈りしています。
最後までお付き合いありがとうございました。


未分類 | 00:07:23
生きてる、ことの重み
大変長く放置してしまって、
その間にもご訪問、拍手をくださった皆様に、
あらためて感謝の新年です。
大変遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

お正月休みには息子が帰省して、ピアソラの「オブリビオン」を練習中だ、と、
生で聴かせてくれたのがうれしかったです。
新年早々、「忘却」という曲名もどうかと思いつつ、
美しい旋律に心癒されたので、貼っておきます。



なかなか更新できない間、ナカリは着々と日々を綴っていたので、
そちらの方を応援してくださっていた方々も居てくださり、
感謝の毎日でした。
途中何回かのパニックもありつつ、何とか平穏を維持している状況下、
私の鬱はなかなか頑固で、
身体自体も久しぶりに受けた人間ドックで、生まれて初めて不整脈を指摘されたり、
脂肪肝、萎縮性胃炎、と、3項目で要経過観察になっていました。
加えて、椎間板ヘルニアが一息ついたと思ったら、膝の偽痛風でステロイド注射を受け、
もう何やら、ボロボロです。
ナカリもこの間、眼科、耳鼻科、歯科、皮膚科、と病院まわりで、
年末に初診で見つけた病院が2つとも女医さんで、良かったというか、不幸中の幸いでした。

とにかく、今のところ、ナカリの人間関係の方は、新しい出会いもあったりで、まずまず。
問題は、私自身が、セルフネグレクトを止めて、「節酒につとめ」「食生活」に気を配れるか、です。

今回の能登半島地震で、改めて、亡くなられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、
今も困難な状況を生き抜いておられる被災者の皆さんや、
あちこちから支援の手を差し伸べている公務員、民間ボランティアの皆さんに、
頭が下がる思いです。

簡単に、消えたい終わりたい、などと思ってはいけないと、反省しながらの毎日です。

ナカリの確定申告はスマホで済ませましたが、まだ、私自身のと職場の確定申告がこれからです。
なかなか更新できない状況は変わらないので、歯がゆいのですが、
ぼちぼち、フラッと更新していけたらと思います。

数日前に朝日新聞に載っていた谷川俊太郎さんの詩の一説・・・

「老い先短い私は
このままあっちへ行くつもりですが
自分はさておき
いのちをもらったこの世が心配」

自分の生きるエネルギーの心配もしながら、
同じくこの地球の心配もしながらの残り人生・・・
両親を看取る少し前から始めたブログですが、
書いておいてよかったと思います。

今日も最後までお付き合いありがとうございました。
地球にとって、明日が今日よりも少しでも良い日になりますように。


では、おやすみなさい。



子どもの日常 | 00:51:10 | コメント(12)
一番辛いのは本人
2ヶ月近く、ナカリが穏やかに過ごせてきたので、
油断がありました。
週末は夫が不在なので、母娘がぶつかるリスクは高いのですが、
このところ、ナカリの方から、怒ってないよ、と前置きがついて話すパターンが多く、
私の方がフラフライライラしがちでした。

昨夜、何気なく、
ワンピースは尾田さんのパラレルワールドかな、
と言ってしまい、
ナカリにとって特別な意味のあるパラレルワールド、
や、その中のキャラたちが取られた、と感じたらしく、
何度も何度もLINEでパラレルについての確認質問がきて、
こちらが参ってしまいました。
適度に物理的距離をとったのですが、何度か繰り返すうちに、つい、こちらが先にキレてしまい、
久しぶりに自傷行為が出ました。

それに触発されて、ナカリも、
私なんか居ない方がいいんだ!と、キッチンバサミをお腹に抱えて、刺す様子を見せたので、
私はてっきり包丁だと思って青くなり、
止めに入ったけれど、興奮MAXで、振り解いて、
次は電気ストーブを蹴り倒し、大暴れ。
最中に帰宅した夫は、ナカリの方をたしなめたので、
違う違う悪いのは私!と、止めに入り、
しっちゃかめっちゃになってしまいました。

ナカリとの会話がすれ違うと、日本語のやり取りにならないようです。
ナカリからしたら、他の人の言葉は意味が分からない外国語のように聞こえる、と。

自傷を我慢出来なかった自分を責めると同時に、夫婦関係にも亀裂が走り、何もかも嫌になって、
本気で消えたくなりました。
後先考えなければ、ほんとに消えたくなった…

この最近ナカリが落ち着いた様子に、やっぱり30歳が近くなると落ち着くのかな、と安心していたのに。

嵐のあとにナカリが謝り続けるのが辛くて、なぜ夫は謝らないのかが、また自分のイライラになり、訳分からなくなり、頭がどうにかなりそうです。

親の自傷行為は明らかな児童虐待だと再認識。

消えたい
消えたい
消えたい💧

すみません。吐き出し記事です。
書きっぱなしで、時間薬を待ちます。
コメント閉じます。

こんなブログに来てくださってありがとうございます。
不快な思いをさせてしまったらごめんなさい。

ただ今、蜘蛛の糸にすがっている気持ちです。
つい間違って消えてしまわないよう頑張らないと、
鬱の人は誤って消える結果になると実感中なので、
くれぐれも気をつけようと思います。

命は1つ。
手放したら取り返しがつかないから。


年末調整も投げ出せない、がんばれ、私。



子どもの日常 | 01:38:12
次のページ