FC2ブログ
 
■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

アキちゃん爪切り失敗の巻&息子の呟き
こんばんは、または、こんにちは。
見に来てくださってありがとうございます。

今日は、夕方までアキちゃんがウンチをしなくて(ごく小さいの3個だけ!)、
水もあまり飲まなくて、
朝から夜までハラハラさせられました。
晩ごはんの後にやっといつものウンチを20個ほど出してくれたので、
久しぶりの爪切りにチャレンジしたのですが、
やはりお腹の調子がイマイチだったのか、お腹を伸ばした姿勢が嫌そうで、
後ろ足を思い切り蹴って(私もナカリも爪で引っかかれました)脱走。
2回チャレンジしましたが、2回とも暴れて逃げ出したので、
今日はとりあえず見送って、場合によってはウサギ屋さんに連れて行こうかなと。

でも、ウンチが出て良かったです。
水も夜までには、ちゃんと飲んでくれていました。

しっかり食べて飲んで、しっかり排泄して。
生き物って、まず、とにかくそれが一番なんだなあ。


当たり前のように思えるいろんな事が、
実はとっても大切な「生きる」ための働きなんだ、
と、
アキちゃんの元気なウンチを見て、ホッとさせられた一日でした。


息子の方は、いよいよ、ついに、この春から「社会人」。
長かった学生生活(学部生、大学院生)を終えることになりそうなので、
学生専用マンションを出ないといけなくて、
新居探し、と、引っ越しの段取りでバタバタしています。
「年収を書く」というところで、かなり考え込んでしまったようですが、
非常勤講師の掛け持ち、という、厳しいスタートなので、
めげずに頑張ってほしいなと、心で応援しています。

彼が見つけてきた、ギターのスカルラッティ


ピアノやチェンバロとはまた違う響きで、うっとり聞き惚れてしまいました。
息子、紹介ありがとう。

彼が自分のことを「終身単身者男性」と表現しているのを見て、
ナカリも私も「終身単身者女性:」かなあ、と心配しているので、
話をあちこちにそらしながら、何とかやりくりしています。
(それにしても、息子の呟きには毎回ドキッとさせられる・・・)

今週で1月も終わり。
早いです。
前向きなナカリの気持ちがこのまま続きますように。、

今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


子どもの日常 | 00:14:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
1月のアートセラピー2回目、ほか
こんばんは、または、こんにちは。
見に来てくださってありがとうございます。

ナカリの今月のアートセラピー2回目が終わりました。
前回アップした、イラストコンテスト用の水彩が気に入ったので、
先生と一緒に水彩色鉛筆で大きな画用紙に描いてみました。
2020年1月のアートセラピー4 

茶色い垂れ耳ウサギさんはアキちゃん
水色の垂れ耳ウサギさんは、当事者会のスタッフさん手づくりのぬいぐるみ、スカイちゃん
ピンクの立ち耳ウサギさんは、ぬいぐるみのタダエちゃん
白い立ち耳ウサギさんは、同じくぬいぐるみのイチエちゃん
そしてシロクマさんは、ぬいぐるみのアキエちゃん、3匹仲良しトリオです。
左下の灰色の立ち耳ウサギさんは、リンク先のまやさんの愛うさぎ、むっちゃん、です。
→ むっちゃんの可愛い記事は こちら 「もふもふな毎日 うさぎのむっちゃん」
(右上の2匹、ナマケモノのなもちゃんと、サンショウウオのサンちゃんは、おなじみ)

愛情込めて描きました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そして、今月はナカリの誕生月、ということで、
アートの先生から思いがけないプレゼント!
2020年1月プレゼントマーカー jpg
コクヨの「PASTA」という品で、
>パステルのような発色と柔らかな描き心地の「水性固形ゲル描画材」
だそうです。

さっそく5色全部使って、妖精のポーちゃんを描いてみました。
2020年1月アートセラピー5 
重ね塗りすると、不思議な風合いです。
帽子の部分は強く塗り込んだので、マーカーの角の部分で削ったような感じも出ました。
・・・にしても、ポーちゃん、太ったね~~(笑)

翌日は、当事者会で、久しぶりに利用者さん二人とスタッフさん3人でワイワイ。
100均で見つけた、という、黒いプラバンも含めて、トースターで何度もチン!
2020年1月当事者会プラバン 
同じく100均で揃えたというボールチェーンをつけてもらって、
早速カバンと筆箱に装備しました。

そして今日。
私が仕事に出ている間、友人が一緒に近所のお店に連れ出してくれました。
ナカリ本人は、かなり勇気が必要だったようですが、
お店の中で、友人と一緒に絵を描いてみることも出来たそうです。
2020年1月喫茶店 
誕生月、ということで、ホットケーキに刺していただいた可愛い傘。
机の上にあるものを描いたり、自分の手、や、キャラたちを描いたり。
2020年1月喫茶店イラスト 
お茶を飲みに行ったのね、と、伝わってくるイラストたちです。
2020年1月喫茶店イラスト2 

なかなか眠れない日もあるようですが、上がったり下がったりの感情の波と、
何とか付き合いながら、とにかくも無事に一日一日過ごしています。
アキちゃんも元気です。

私自身も、ナカリの感情の波に合わせて、一緒に頓服を飲みながらですが、
無事に過ごせていることに、何より感謝です。
迫りくる確定申告に向けて、これから気合を入れて頑張らねば!


今日も最後までおつきあい、ありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


ナカリの作品 | 23:43:38 | トラックバック(0) | コメント(4)
1月のアートセラピー
こんばんは。
見つけて、心にとめて来てくださってありがとうございます。

今日はナカリの還付申告のため、税務署に行ってきました。
今はまださほどの混雑ではなかったですが、確定申告が始まったら大変な人人人、になります。
昔、エリアンダーさんから、1年じゅう確定申告が悩みの種のよう、とのお言葉をいただきましたが(笑)
今年は作業が(相当)大幅に遅れているので、考えることから逃避中です( ;∀;)

で、そのナカリ本人。
留守番をずいぶん頑張れるようになって、今日もいろんな作品を描いて過ごしていました。
明日またアートセラピーなので、慌てて1月1回目の作品をアップしますね。
(ナカリ自身、自分のブログで、さきほどアップしています。
同じ写真がかぶっていますが、ナカリの方にはアキちゃんの写真もあるので、
良かったら両方見比べてくださいね↓)

「ナカリのブログ 嬉しかったこと」

2020年1月アートセラピー 
オレンジとイエローの明るい色調で、いろんなアキちゃんを色鉛筆で描きました。
先生曰く、「それぞれのアキちゃんの表情と、周りのぬいぐるみ達の配置が面白いですね」

休憩を挟んで、2枚目、何を書こうか、ちょっと迷ったので、
先生からの提案で、黒い画用紙に色鉛筆で「アリさんの足跡」を1本書き、
ハサミで切り分けて、2枚のうち、上半分に太陽(朝日)、下半分にアキちゃんたち、
を描いて、少し間を開けて白い紙に貼りつけ、間の部分にも色を加えて出来上がり。
2020年1月アートセラピー2 
初日の出を見る、ネズミさんと、アキちゃん、サンちゃん、です。
先生「ネズミのしっぽがくるんとしているのや、お尻がまるいのや、ナカリちゃんらしさが出てますね」

そして、以前もご紹介した「日めくりっぷ」のスケッチブックに、
その日のイラストを描き足しました。
アキちゃんの二つの表情です(嬉しいのと悲しいのと)
2020年1月日めくりっぷ JPG

帰り際に、先生が例として描かれた日の出、に描き足してみていいよ~、
と、言っていただき、
上下2枚の貼り方も、左右を少しずらすとまた違う雰囲気になるからね~、
と教えていただき、片面から光が当たっている山並みにしました。
(左側はナカリのオリジナル、右側が上半分先生作成のものに描き足した作品)
2020年1月アートセラピー3 


さあ、明日はどんな作品が出来るかな?


今まで何回か参加している画材店のイラストコンテスト用に
留守中にナカリ一人で描き上げた水彩画2枚。
2020年1月イラコン 
手のひらサイズの小さなカードがキャンパスです。
明日、これも先生に見ていただこう~~


ナカリが描くアキちゃんの絵を見ているとホッとします。
でも、ナカリも書いているみたいに、アキちゃん自身を見ているのが一番癒されます。
今日も元気で居てくれてありがとう。

最後まで見てくださった皆さんにも、ありがとうございました。


猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


ナカリの作品 | 23:34:46 | トラックバック(0) | コメント(4)
友だちモンダイ、ひとつの区切り
こんばんは。
悶々とした記事が続いている中、訪問してくださることに感謝です。

この間、アートの先生と、すてきな作品を作ったり、
相談支援機関のフリースペースで時間を過ごして、
障がい区分認定の面接を何とか無事にこなしたり、で、
日常について報告したいこともあるのですが、
それらは後回し、にして、
あえて、友だちモンダイの続きを書いて一区切りしたいと思います。

自分の備忘録のつもりで書いているものの、
訪問数や拍手数やコメントは、やっぱり気になるもので、
(この間かなり減少傾向なので)
この内容はイマイチかも、と不安もありながらなのですが、
ぽかぽかさんがご自身に重ねてコメントをくださったり、
リンク先のあゆみさんが取り上げてくださったりしたので、チカラを得て
まずはあゆみさんの記事を紹介させてください。

「お友達と遊んでいらっしゃい」

ナカリと一緒に記事を読ませていただいて、
そうよね~~、もしもお母さんが、昔の知り合いの〇〇ちゃんにメールしてみたら?
と勧めたとしたら、ナカリはちょっと引いてしまう、しんどいな、と。
それよりも、今のブログ友だちの年上の人たちに連絡する方が、ずっと気が楽、とも。
振り返ると、
私は「友達が出来ないナカリ」を嘆いていたというよりも、
「友達が居なくても大丈夫なナカリになってほしい」と思いながら、
とにかく当たって砕けてばかりのナカリが痛々しくて、
「友達いなくていいじゃん」と言い続けた気がします(息子に習って・・・)

エリアンダーさんから「友達って何でしょうね?」という問いかけをいただいて、
まずは今周りにいる、やりとりできる人たちを大事にすることから、
かつ、それが可能になった環境に感謝することから、
というところに落ち着いたところです。


ナカリはナカリで、自分のブログを自分なりに更新し続けているので、
この最近は、私の方とあまり連動しなくなってきました。
これも「自立」の一形態かな?

「私のために」私の人間関係を作ろうとするのは本当にやめて欲しい

あゆみさんのこの言葉に、ドキッとしながら、その通りと納得しながら、
親子といえど、それぞれ別の人格なので、人間関係のつくり方については、
踏み込める部分とそうでない部分があるなあ、と思っているところです。
あゆみさん、勝手に記事紹介してしまってごめんなさい。
私自信の立ち位置は、「親」なんですが、
可能な限り、当事者である子どもの意に沿いたいと思い、
その、本人の気持ちを知る手段として、成人当事者の方たちからの言葉は重いです。
記事を書いてくださってありがとうございました。


和みのアキちゃん・・・は、暴れん坊アキちゃんでもあり、
ハウスを引っ張り出してホットシートのプラスチックコードカバーをかじりとったりもして、
お腹の調子を心配させられることもありますが、
外遊びの際には、私やナカリの背中に乗ってじゃれてくれる可愛さに、
顔が緩みっぱなしです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

私の背中・・・
アキちゃん205 
ナカリの背中・・・
アキちゃん207 

かまくらの中にこもって、「アナウサギ」気分満喫・・・
アキちゃん206 

高いところに登るのが好きらしいので、トンネルの上に登って背伸び・・・
アキちゃん208 

アキちゃん209 


愛らしいアキちゃんの姿の後、
締めは、ナカリが好きな、B'zの「still alive」(途中までですが)



今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


子どもの日常 | 23:56:01 | トラックバック(0) | コメント(4)
「友達のつくり方」が分からない!
こんばんは、または、こんにちは。
見に来てくださってありがとうございます。

先の記事をアップしてからの後日談、になるのですが・・・

ナカリは私のブログを読もうと思えば読めるものの、
読むのがこわい、という感じで、チラチラッと単語を追う程度の見方をしているので、
私が悲観的な内容をアップしたからと言って荒れるわけではありません。

が、「地雷」的な単語や表現は確かに有って、
それが絡んでくると、我を忘れるくらいにメルトダウン
全否定に向かう白黒思考で、いわゆる「橋を焼く」一歩手前まで突っ走ってしまう。
回復までの時間は短くなったものの、
「友達」を巡るあれこれは、やはりデンジャラスゾーンだな、と再認識しています


学校時代に、「いわゆる友達」が自分にはできなかった、ということが、
ナカリ本人のトラウマになっていて、
その理由の一つに、自分の「自閉症」という特性がある、と認識すると、
(自閉症は一生の問題なので)これから先の希望も否定される・・・。
確かにこれは、何とも辛い展開です。
「友達はいなくて構わない」と言う息子の境地に至れたら、少しは楽になるだろうけれど、
思春期の乙女心も含めて、揺れる気持ちがあるのは当然よね


小学校高学年、周りで何となく女子のグループが出来ていった頃、
入りたいけど入れてもらえない、どうやったらその「なかま」に入れるのか方法が分からない、
何とか他の子のやり方(交換ノートや手紙の内容)をお手本に「模倣」してみるも、
それが逆効果で、否定され距離をとられ、本人の弁によると露骨に「いじめられた」・・・
だから、その子たちのことを思い出すだけでも、怒りがこみあげて、「なんでよ!」と叫びたくなる。
この繰り返しループから、なかなか抜け出せない苦しさがあります。

親の立場で振り返っても、
学校以外=療育関係の場で、他市他府県の「友達」が出来た時期はありましたが、
年賀状やメールのやりとりも徐々に途絶え、
当時の「友達」で、今も連絡し合えているのは一人だけ。

そして、学校時代の繋がりとして続いているのは、
支援学級の親同士や、卒業後も親同士連絡をとり合えている家族、と先生方・・・で、
親の私抜きにナカリだけ(子ども同士)繋がり続けているという関係は、
残念ながら、皆無、というのが実情です。

(ただ、今、
年上だけれど自分と似た状況のメル友さんや、教会の牧師先生、
家事指導をしてくれた私の友人、絵の先生、相談機関のスタッフさん、など、
「大人の友達」が増えてきたのは救いだし、感謝しきりです。)


今日のナカリの結論。
他の人たちが、一体どうやって「友達」になっていくのか、不思議だし、謎だ。

このグルグル回り、自問自答、行ったり来たり、の繰り返しから自由になるためには、
「自己肯定感」をしっかり上げていくこと!なんだろうなあ。
遅ればせながらでも、気づいた時がスタート、と思って、
「今の自分を好きになる、がんばりを認める」を繰り返し伝えていくしかない、
そして、
私自身、自分の中にある否定的意識を振り解いて、心の底から希望を見いだし信じること!

2020年は自分のしたいことを見つけよう、と、「自分」に目を向けたスタートでしたが、
やっぱり、ナカリとの関係抜きには「1年の目標」にしきれない・・・と痛感した一日です。
共依存関係を脱するように気をつけながら、
未来に目を向けて、彼女に対して、正直に、肯定的な言葉を送り続けられますように。


まとまらないまま、今の心境を備忘録にした記事になってしまいました。

先週くじいた足首に貼ったシップにかぶれて、足を引きずりながらの移動が続いています。
(特に、階段の下りがキツイ!)
不自由なく歩けることのありがたさも改めて痛感中。
皆さんも、お体に気をつけてお過ごしください。
今日も最後までありがとうございました。

猫バンバン img_download-logo

ヘルプマーク2 image


思い出 | 22:26:27 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ