■プロフィール

ナカリママ

Author:ナカリママ
「無事にね!」は下の子どもの口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■リンク

このブログをリンクに追加する

■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■フリーエリア
■検索フォーム

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

母の想い
スマホから連続投稿です。
スマホは、やはり、指がつりそうになります(^^;;
短い記事しか書けそうになくてすみません。
ご訪問に感謝です。


私の年齢には、母はもう、おばあちゃん、になっていました。かつ、姑の介護を、長男の嫁として取り仕切りながら、孫育ての応援に来てくれていたのです。姑が逝ったあと、数ヶ月で小姑が戻ってきて、半同居。その小姑(父の妹なので私からみたら叔母)は、早くから統合失調症を患っていて、連続介護に、よく母の身体が耐えられた、と思います。

その母の大量の日記を、チラ見してしまいました。

「親族の理不尽の態度に、責める気にもなれず、悲しみを覚える。お姑は、真実を知られない方が幸せなり、私ども夫婦二人が悪人で通るのであれば我慢せねばと思う。私の体が悪いのが一番不幸の源なのだから考えるすべとてなし。」



何冊もあるノート…置いて帰ります。まだ、やっぱり読めないな。
自分の体が弱いことを歯がゆく悔しく哀しく、いつも我慢の連続の人生の中で、孫育てだけが喜びだった母。祈りなしには過ごせない日々だったのが、よく分かります。

母は母の人生を生き、今、私は私の人生を生きている。孫たちが、その間を繋いでくれている。
母は私のことを、手のかからない良い子だったと言ってくれたけど、育つ過程では多々心配をかけたと思う。
今は親の恩を子に返している最中…。
病と闘いながら、名もなき人として、人生全うした母の想いに応えられる自分でありたい。
ペイフォワード
良くしてもらったことを、他の誰かに返すこと。
片付け着手して途中で中断なのは、辛いものがあるけど、自宅に戻ったら、切り替えて日常を取り戻さないと!

来週は、またナカリのショートステイが控えています。親子でファイト!

映画 ペイフォワード ダイジェスト版





未分類 | 22:51:28 | トラックバック(0) | コメント(4)
自閉症をもつ従弟が亡くなりました
しばらく更新できずでしたのに、ご訪問ありがとうございます。

実家の片付けは、亀の歩みですが、少しずつモノを処分している途中です。
故人の直筆文字というのは、ちょっとした走り書きでも、手が止まり、作業を切り替えながら、何とかかんとか…という感じです。
自分が書いたものも、ある程度整理が必要、と思い始めました。
ブログは、パソコン上のデータだから、その点、気が楽です。

作業の途中に、叔父からの連絡で、少し年下の従弟が亡くなった、と知りました。
母のすぐ下の妹が、血の繋がらない先妻の子を、我が子以上に構い続けたのは、彼が重度の自閉症だったことも大きいです。
従弟とは、離れて住んでいることもあり、ごく小さい頃に数回会っただけでしたが、叔母からは、同じ自閉症という障がいをもつ子の母どうしとして、時々、手紙をもらったりしていました。
私が、自分の身繕いをあまり気にしない方で、ノーメイクなのを知って、子どもに手がかかるからといってオシャレしないのはダメよ、とたしなめられたこともあります。(この点は、母も同意見で、そこを突っ込まれると、いつも私は気まずい思いをしていました)
叔母も、親亡きあとの息子を心配し続け、施設や病院に預けては、また自宅に連れ帰る、という繰り返しでした。
詳しいことは分かりませんが、内臓系の疾患がだんだん進んだそうで、数年前から具合が悪いと聞いていましたが、こんなに早く逝ってしまうとは…。
逆縁となり、叔母がどんな様子だろうかと気がかりです。帰宅後、手紙を書こうと思います。

知らせを聞いて、ナカリは、私より若い従弟が亡くなったということで、「お母さん大丈夫?お母さん死なないで」と、不安を口にしているので、この件は、ナカリの前ではさらりと流して、以降触れていませんが、私自身は逆にナカリの今後の健康状態が心配になり、不安で胸がつぶれそうです。
考えても仕方ないことだけど、やはり元気でいてくれることが一番。

ちょうど夕方には、先日音楽発表会を聴きに行ったナカリのお友達が具合が悪いと、お母さんからメールをいただき、今、ホルター心電図計をつけて過ごしているとのこと、遠方から無事を祈っています。

両親の介護にあたって、いろいろ世話してくれた叔父も、20年程前に娘さんを突然の病で亡くしています。今回の帰省で、一緒に食事した際、そうそう免許証の写真見せてなかったよね、と、亡くなった従妹の写真を見せてくれました。私たちの結婚式に来てくれたあとは会ってなかったので、写真を見てビックリ…、若い頃の叔母さんにそっくりなんです。
親子だなあとしみじみしました。なんだか改めて従妹に会ったような気がしました。同時に、叔父が両親を本当によくみてくれて、今も私を娘のように構ってくれることに感謝して、亡くなった従妹のぶんまで叔父さん孝行せねば、と思いました。

本当に、我が子の死、ということを考えるだけで身が縮む思いです。親亡き後、も心配だけど、先立たれるのは、もっと辛い…
神経系の疾患(障がい)とはいえ、服薬期間も長いし、不整脈もあるので、いろいろ心配は尽きません。
久しぶりの記事なのに、重くてすみません。


今日は、片付けの合間に、母の遺した浴衣をナカリに着せて、マスコットたちと、実家で撮影会、を楽しみました。ナカリは、楽しかった〜!と、満足してくれています。
こういう一日一日を、しっかり楽しもう、今を大事にしよう。
両親の遺影に、見守られながらの数日間、ナカリは落ち着いていて元気です。ありがたいことです。

広告の紙で作ったゴミ箱や、カレンダーを切って綴じたメモ帳や、新聞が包まれていたビニール袋を丁寧に開けて畳んであるゴミ袋や、いかにも昔の人らしい、両親の質素な暮らしぶりに、胸がキュンとなりながら、自分の生活の見直しも迫られる気がします。帰ったら、衣類を整理して、丁寧に暮らすように心がけよう。
お父さんお母さん、いろいろ教えてくれてありがとう。ナカリのこと、親としてきちんと見守っていくからね。

片付けの途中に発見した、母の直筆文字、ビリーブの歌詞を書いた紙を、ナカリと一緒に読みました。いい曲だなあ、と、改めて。

ぽかぽかさんに教えていただいたので、ユーチューブの貼り付けにチャレンジしますね。



ナカリと一緒に歌って、両親と従弟を偲び、叔母にエールを送りたいと思います(ナカリは、この歌悲しくなるから苦手と言ってましたが、おばあちゃんが、いい歌詞だね、と書いていたなあと話すと、一緒に聴く、までは頑張ってくれました(^^;;)。

ちょっと重い記事なのに、読んでくださってありがとうございました。







未分類 | 22:33:24 | トラックバック(0) | コメント(10)
父のヨイト巻け経験を初めて知る
ご訪問ありがとうございます。

スマホから返信なので、指がつりそうなくらい、たくさんコメントをありがとうございました。ベートーベンの記事への鍵コメントさん、順番が後先になってすみません、後ほど返信しますね。

昨日今日、大量のゴミの分別に、汗だくになりつつも、ナカリとマスコットのデート!に付き合って、^_^、デパート屋上の観覧車にまで乗っちゃいました。ゴンドラの中で、マスコットと一緒に親子で撮影会。楽しかった〜、と満足のナカリです。
(またの機会に写真をアップできたら、と思っています)

帰宅後、2回古本屋に足を運び、一応どうかなと思うのを選んで持ち込み、査定してもらいました。
父が昔、大人になってなりたいと思ったのは、スパイか古本屋、と言っていたのを思い出しつつ…(でも戦争が終わるまでは、大人にはなれない、その前に死ぬんだ、と思っていたそうです)。
先ほど結果を聞きに行くと、半分以上は値がつかず処分対象、それでも1000円ちょっとにはなりました。この感じだと、あと実家に残ってる大半は、紙のゴミだなあ。
父が本好きで、世界地理や美術や文学の、箱入り全集がいくつもあるけど、残念ながら引き継げそうにはありません。せめて、ギリシャローマ関係だけは息子にもらってもらおうかな。

で、今日一番驚いたのは、父がヨイト巻けをやっていた、と初めて知ったことです。ずっと会社勤めだと思っていたのに!
会社の開店当時の思い出文集があったので、何気なく目次を見たら、父の名前が!
読むと、中学三年生途中で敗戦を迎え、学徒動員から解放されたのち、会社に就職が決まるまでの夏休みの間に、建設現場で基礎工事のヨイト巻け(土固め)やコンクリート打ち込み作業をしていたそうです。
夫も学生時代に酒屋さんのバイトで体力鍛えられた、と言ってましたが、まさか、父が肉体労働をした経験があったとは、生前一度も聞いたことがなかったので、あー、話聞いとけば良かった、と今さら残念です。

スマホからだけど、美輪さんの紅白でのヨイトマケの唄、ユーチューブのアドレス、再度貼り付けてみます。



さて、明日はナカリと松山城に登って、県の障害者施設で道後温泉の引き湯に入ってやろうと計画中です。どうなるかな。

実家のいろんなモノを見ては、おじいちゃ〜ん!おばあちゃ〜ん!と、親子で懐かしがっています。
少しずつ、モノとはサヨナラしていくけど、忘れないからね。

愛媛の地から、たくさんの方々に感謝をこめて…



追伸 ぽかぽかさんのアドバイスのおかげで、ユーチューブ貼り付けできました、ありがとうございました!


未分類 | 19:57:42 | トラックバック(0) | コメント(6)
「ほんとのことなのに怒っちゃってごめんなさい」
ご訪問ありがとうございます。

先日のカウンセリングで、先生の「やきもち」という言葉にひっかかったナカリ。
あとになってから、「先生、怒ってないかな」と、しきりに気にしています。
今日も、私のところに来て、いきなり
「ほんとのことなのに怒っちゃってごめんなさい」と言うので、
え??、ほんとのことって何?と尋ねると、
「やきもち」・・・と、ひとこと。

ああ!それ。
ええと、
でも、ほんとのことかもしれないけど、「嫌」っていう気持ちは、別に問題ないんだよ。
太ってる人に「デブ」って言うの、ほんとのことかもしれないけど、言われたら怒るでしょ?

それに、
ナカリの気持ち、自分自身でもよく分からない、ってところもあるんじゃない?

自分の心の中のイメージのキャラ、と、
イラストに描いたキャラ、と、
立体化したキャラ(紙粘土やマスコット)と、
それぞれ、全く同じじゃないはずだから、
例えば、マスコットが誉められたら、
それってほんとのキャラじゃないのに、とか、
心の中のキャラの方がずっとカッコいいのに、とか思うかもね(笑)
その気持ちは「やきもち」とは、少し違うかもしれないよ。
お母さんも、嫉妬とか言っちゃったけど、違ってたかもしれない(ごめんね)。
だから、先生の言葉は「ほんとのことじゃない」かもしれない。
(第三者的立場で見て話すと、なんて冷静!
嵐のような感情に翻弄された時がウソみたい、自分でも、びっくり)


お母さんとしては、
結構手間暇かけて作ったマスコットだから思い入れがあって傷ついたけど、
それは、ナカリの「気持ち」とは別問題。
自分の、その時々の「気持ち」を正直に伝えることができたことの方が大事!
お母さんとはぶつかっちゃって、お互いごめんなさい、だったけど、
今回、先生には、ごめんなさい、ってあやまらなくていんだよー。

・・・

んんー、たとえばだよ、
ナカリ自身だって、自分で手間暇かけて作った、カラー紙粘土…だけど、
仕上がりにイマイチ満足してないかも?
ほんとのジョージやベン君はもっとカッコいいのになあ、とかね。
それでも、紙粘土、ほめられたら嬉しいんじゃない?
紙粘土には腹立たないでしょ?多分・・・

「マスコット事件」は、ナカリの中の複雑な気持ちの表れ、
キャラを何とか立体化したい(触れるようにしたい)、
でも、願うような形での立体化は難しい、
というモヤモヤが、
ちょっとした刺激(母が作ったマスコットの方が誉められた)で爆発した、
ってことじゃないかなあ。
お母さんも、おかげで、いろいろ考えさせられたよ。

ナカリが怒ったって、先生、絶対怒ってないから大丈夫。
先生が「伝えてくれてありがとう」って言ってくれたこと、思いだそう。


最後は笑顔でお話を聞いてくれたナカリ。

それでも、やっぱり口癖のように「ごめんなさい」が出て、
あ!、と気づいて、言い直し。
「ありがとう」
うんうん、その笑顔がお母さんは好きだよ~ホッとするよ。

ナカリにはナカリにしか出来ないことがあるんだから!
比べないで、「評価」を気にしないで、マイペースでいこう。

明日からお仕事休んで、1週間ずっと一緒だね、よろしくね。
おじいちゃん、おばあちゃんの思い出いっぱいの実家に行くよ。
穏やかに過ごせますように。

1週間、パソコンから離れます。
また戻ったらゆっくり訪問して回りますね。
皆様も、どうかご無事で!


なお、話に出てたカラー紙粘土はこちら ↓ 初公開~
カラー紙粘土

ポリー君(ポーちゃんの相方の白いオバケ?)が、ちょっと太り気味(笑)
まめゴマたちも、残り粘土を使い切るのに作った、ちょっと太めのが混ざってます。
以前つくった、カゲウラさん、石狩さんたちに比べると扱いに難儀した粘土でしたが、
まあ楽しく作れたから〇!
頭の中のイメージキャラを立体化したい!という熱い思いにこそ、意味あり、です。

では、行ってきます~(^-^)/



子どもの日常 | 21:35:46 | トラックバック(0) | コメント(16)
親亡き後のために「障がいのある子のお金トレーニング」
ご訪問ありがとうございます。

帰省の前に読んでおこうと思って、アマゾンの中古で購入して一気読みした本。
「障がいのある子のお金トレーニング」(鹿野佐代子・前野彩/翔泳社)

鹿野さんの本

アマゾンのページでは最初の数ページが無料で読めます。

著者の鹿野さんは、以前、親の集まりで、当事者向け性教育の講師としてお呼びした方です。
ワークショップ形式の学習会では、子どもたちに「しかちゃん」と呼んでね、と言いながら、
リラックスした雰囲気で、性とは何ぞや?思春期に気をつけるべきことは?というようなお話を、
楽しく、分かりやすく伝えてくださいました。
大人になっていくにあたって、性についての学習は不可欠です。
ナカリは参加できなかったけど、代わりに私が行って、いろいろ勉強になりました。

で、この本のテーマは「お金」です。
親の集まりでも、次回、再度、鹿野さんを講師にお迎えして、
当事者向けのお金の勉強会を企画しよう、と相談中。
それで、「読まなくっちゃ!」と思ったのと、
実家の片づけを目の前にして、親が子に残すべきものは何か、考え中なのと、で、
この本を手に取った次第です。

耳の痛い話ではありますが・・・
親亡き後、への漠然とした不安から、
障がいがある子の親は、とにかく保険に入り過ぎている傾向があるそうな。
(私も自分の保険に入れない代わりに、相続対策のため無告知型死亡保険に入ったばかり)

でも・・・
お金を残すだけでいいのか?本人がどれだけ管理できるのか?
そっちの方が不安です。
そのための、トレーニングが必要、という「指南書」でした。

お金の使い方には3つある⇒使う(必要なもの、と、欲しいもの)、貯める(増やす)、贈る
そして、
いつ、なにに、いくら、必要か、を明確にするべき、とのこと。
福祉の現場での実例がいくつも挙がっていて、
障がいのある人にとっての≪お金≫の意味を考えさせられました。

通信制高校の家庭科の授業で、簡易家計簿をつけてみる実習があり、
ナカリと一緒にざくっとした毎月の収支を計算してみたことがありますが、
こういう、金銭管理、の問題は、小さな経験の積み重ねが大事だから、
買い物練習をもっとナカリと一緒にやらなくちゃ、と反省中です。
でもまあ、ここでも、焦らずに・・・が肝要かな。
今は、日常の買い物について行く、だけでも、まずはひとがんばり、という感じだから。
セルフレジで、バーコードを通す練習はしているけれど、
支払、は、つい親がやってしまってます(チャージ式のカードでも)。
母を看取った病院のコンビニで、一人でパンと飲み物を買いに行って以来、
「一人で買い物」へのチャレンジはお預けのまま。
だけど、必要に迫られたら出来た、んだから、またいつかきっと、できるよ。


とにかく、親自身の老後の生活設計もしながら、
親が亡くなった後の、子の暮らしの場と支援についての情報を集めておく・・・。
本の巻末には、具体的ないろんな制度もまとめて紹介されているので、
これらを上手く使いながら、何とか一人暮らしをしていけたらいいなあ~、と、
ちょっと、夢も膨らみました。

昔、車のCMで、「モノより思い出」というフレーズがあり、
子どもに残してやれるものは何かなあ、と考えた時に、
思い出、という、目に見えないもの、と同時に、
生き抜くスキル、という身につけるべき力、が大事だなー、と、
親として、まだまだ現役、頑張らねば、と、背中を押された気持ちです。
表紙に「小学生から成人まで、いつ始めても大丈夫!」と書かれてあり、ホッとしました。
ゆっくり、じっくり準備していこう。
親も、「不安」に振り回されないこと!押忍!!







読んだ本・文章、見た映画・ドラマ、聴いた音楽 | 21:40:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad